PsafeVIEWオプション

  • 概要
  • 特徴
  • 機能
  • ユース
    ケース
  • 対応OS・価格表

概要

PsafeVIEWオプションは、PDF暗号化製品と組み合わせてご利⽤いただくオプション製品です。
Webサイトや社内Webシステムで公開しているPDFデータへ、⼆次利⽤防⽌のセキュリティ付加が⾏えます。
決まったセキュリティポリシーで公開したい、ユーザ毎にセキュリティ内容を変更したい、Webシステムへ組み込みしたい等、
利⽤シーンによって製品構成の選択が可能です。

機能構成図

証明書暗号化を⾏い、マルチOS・ブラウザに対応した様々なセキュリティを実現することが出来ます。

機能構成図

製品の特徴

POINT 01

ダウンロード禁⽌などの独⾃のセキュリティを
付加し、PDFの⼆次利⽤を防⽌

POINT 02

クライアントへ専⽤アプリなどの
インストール不要

POINT 03

外出先などからモバイルデバイスで
アクセスしてもセキュアに⽂書を閲覧できる

POINT 04

Webシステムと連携し、
閲覧者の役職などに応じた
セキュリティ内容を設定可能

選定ポイント

暗号化製品は以下の3パターンから最適な構成をご提案いたします。

1. 事前にファイルを暗号化し、
決まったセキュリティ設定でPDFを公開したい。
SharePoint Onlineと連携したい。

PscanServPlus システム連携 + PsafeVIEWオプション

Diagram

2. IISベースのWebシステムと連携し、
ActiveDirectryユーザ/グループごとに
セキュリティを変更したい。

ファイルプロテクト for IIS + PsafeVIEWオプション

3. ⾃社パッケージ、Webシステムへ組み込みしたい。

HGDDS + PsafeVIEWオプション

Diagram

こんなお客様にオススメ

Icon

⾃社HPで公開しているPDFを、⾃由にダウンロード・印刷されたくない。

Icon

社内のポータルサイトで掲載している資料を持ち出し不可にしたい。

Icon

会員向けサイトで公開している資料を⼆次配布されたくない。

Icon

郵送している刊⾏物をWeb掲載へ変更したい。

Icon

SharePoint Onlineで公開している社内資料にセキュリティをかけたい。

機能

セキュリティ機能

ダウンロード禁止

Webブラウザからの閲覧が必須となります

図

印刷/ 編集禁⽌

図

テキストコピー禁⽌

図

有効期限

図

透かし付与

図

ビューア機能

キーワード検索や拡⼤・縮⼩表⽰(ピンチイン・ピンチアウト対応)、サムネイル、しおり表⽰が可能です。

図

ユースケース

大東文化学園 様
詳しく見る

対応OS

PDF暗号化製品に準ずる。

対応ブラウザ

HTML5/JavaScript(ECMA 規格準拠)のWeb ブラウザ
(動作検証済みWebブラウザ:Google Chrome/Microsoft Edge/Mozilla Firefox/Safari )

価格表

製品名 ライセンス 年間保守 初年度保守
HGPscanServPlus システム連携
PsafeVIEW オプション
¥1,085,000 ¥162,750 無償
ファイルプロテクトfor IIS
(300ユーザまで/無制限)
PsafeVIEW オプション
¥1,300,000 / ¥3,100,000 ¥260,000 / ¥620,000 有償
HGDDS 基本モジュール
PsafeVIEWオプション
¥2,190,000 ¥328,500 無償
HGDDS⽤透かしオプション ¥600,000 ¥90,000 無償
  • ファイルプロテクトfor IISは、ユーザー数(300ユーザまで/無制限)によってライセンス価格が異なります。
  • HGDDSで透かしテキストを付与する際は、HGDDS⽤透かしオプションのご購⼊が必要です。
  • 価格はすべて税別表記です。
ページトップ