電子取引スタートパック

  • 概要
  • 特徴
  • 機能
  • ユース
    ケース
  • 対応OS・価格表

概要

電子取引スタートパックは、「必須記録項目の入力や検索」「改ざん防止措置」といった
電子帳簿保存法 電子取引の法的要件にシンプルかつスピーディーに対応するパッケージソフトウェアです。

機能構成図

電⼦取引スタートパックは、PCで必須記録項⽬を⼊⼒するツール「Entry Tool」と、
⼊⼒内容をもとに⾃動的にファイルを保存するサーバソフト「Filing Service」から構成されるパッケージです。

機能構成図
  • 1)PDFファイルの内容を確認し、文書種別、取引日付、取引先名、金額、その他項目を入力
  • 2)1の入力値をPDFのカスタムプロパティに付与
  • 3)1の入力値でフォルダ振分け、ファイル名付与
  • 1)PDF編集禁止設定、タイムスタンプ付与にも対応
  • 2)不用意な変更削除防止はファイルサーバのアクセス権設定でも対応可能
  • 3)将来、スキャナ保存にも対応したオールインワン電帳法対応「WWDS証憑アーカイブ」へ移行可能
機能構成図
  • 1)PDFファイルの内容を確認し、文書種別、取引日付、取引先名、金額、その他項目を入力
  • 2)1の入力値をPDFのカスタムプロパティに付与
  • 3)1の入力値でフォルダ振分け、ファイル名付与
機能構成図
  • 1)PDF編集禁止設定、タイムスタンプ付与にも対応
  • 2)不用意な変更削除防止はファイルサーバのアクセス権設定でも対応可能
  • 3)将来、スキャナ保存にも対応したオールインワン電帳法対応「WWDS証憑アーカイブ」へ移行可能

製品の特徴

POINT 01

最小限の内容で
法的要件に対応

POINT 02

シンプルな構成で
手軽にスタート

POINT 03

年間の文書数と
機能で選べる3つの
エディション

選定ポイント

1.電帳法書類判別のポイント

対応を検討する書類の種類を確認してください

スキャナ保存
画像
電子取引
画像 義務化
電子書類
画像

2.ハイパーギアの電帳法ソリューション

書類の種類によって2種類の製品から選べます。
それぞれの選択ポイントは下記を参照してください。

電子取引スタートパック WWDS証憑アーカイブ
対応法要件 電子取引 電子取引、スキャナ保存、電子書類
JIIMA認定 ×
保存書類数(年間) 2,000ファイル、4,000ファイル、8,000ファイル 1,000万ファイル
対象ファイル PDF PDF、Officeファイル、画像ファイルなど
タイムスタンプ エディションにより可能
システム連携 ×
構築期間 概ね6ヶ月
費用 30万〜 400万〜
電帳法コンサル ×
サポート 電話、メール 要件定義、設計、導入、保守まで対応

こんなお客様にオススメ

Icon

電⼦取引の義務化にだけ⼿早く対応したい

Icon

ファイルサーバ保管のルールを作って運⽤してみたが浸透しなかった

Icon

現場での対応事項をなるべくシンプルにしたい/ 難しいシステムはいらない

Icon

義務化対応といってもどこまでやれば良いのか分からない

Icon

まずは電⼦取引の義務化に対応し、今後はスキャナ保存など範囲を広げたい

国税庁電⼦帳簿保存法概要 Icon

機能

Entry Tool

⼊⼒担当者ごとのフォルダに格納されたPDFに対して、ファイルの内容を確認しながら⽂書種別や取引先社名など、属性情報を⼊⼒します。

画像

■⼊⼒補助機能

それぞれの項⽬に最適な⼊⼒補助機能を備え、作業時の表記のバラつきを抑⽌します。

画像

■⼊⼒情報の⾃動転記機能

⼊⼒した属性項⽬をもとにPDFのファイル名を⾃動変更。担当者が異なっても共通のルールに則ったファイル名で運⽤できます。また、PDFファイルのカスタムプロパティにも登録されるため、将来的に中・⼤規模向け国税関係書類アーカイブシステム「WWDS証憑アーカイブ」を導⼊する場合、現在のフォルダ構成のままデータを移⾏することができます。

画像

Filing Service

⼊⼒された項⽬をもとに、PDFファイルを決められたフォルダに⾃動で振り分けます。

画像

■PDFセキュリティ機能:編集禁⽌

⽂書に対する編集禁⽌設定を⾏うことで、ファイル内容に対する改ざんを防⽌。
Filing Serviceで、すべてのファイルにもれなく設定可能です。

画像

エディション別機能比較

エディション 電子取引スタートパック
2000文書ライセンス
電子取引スタートパック
4000文書ライセンス
電子取引スタートパック
8000文書ライセンス
基本機能

■Filing Service

  • フォルダ振り分け
  • PDFセキュリティ設定

■Entry Tool(2ライセンス)

  • ファイルプレビュー
  • 項目入力
  • ファイル名、カスタムプロパティ付与
処理可能文書数(年間) 2000 4000 8000
振り分けルール複数作成 日付順優先、
取引先優先の
2パターンから選択
タイムスタンプ付与(PAdES)
フォルダ構成、
ファイル名の自由設定
カスタムプロパティ項目の追加

ユースケース

■既存のファイルサーバを使って、2ヶ月で電子取引の保存環境をスタート!

課題
現場部門で受領する電子取引のデータを、受領者の負担を最小限に抑えた上で保存する
対象書類
見積書、注文書、契約書など
ポイント
  • 実際に対象書類を受領する現場部門ではなく、経理担当者に集約した
  • 現場部門への依頼事項は、「対象書類を受領したら決まったフォルダに保存する」というシンプルな内容とすることで作業のバラつきを軽減した
  • 導入当初は2名で対応するが、運用が定着してきたら入力担当者を増やすことも検討する

対応OS

Filing Service

  • Microsoft Windows Server 2022 ⽇本語版
  • Microsoft Windows Server 2019 ⽇本語版
  • Microsoft Windows Server 2016 ⽇本語版
  • Microsoft Windows 11 ⽇本語版(Entry Toolと同⼀OS上で利⽤する場合のみ)
  • Microsoft Windows 10 ⽇本語版(Entry Toolと同⼀OS上で利⽤する場合のみ)

Entry Tool

  • Microsoft Windows 11 ⽇本語版
  • Microsoft Windows 10 ⽇本語版

価格表

製品名 内容 ライセンス 年間保守 初年度保守
電⼦取引スタートパック
2000⽂書
  • Filing Service
    • PDF⾃動変換処理
    • フォルダ⾃動振り分け
    • PDFセキュリティ設定
  • Entry Tool(2ライセンス同梱)
    • 必須記録項⽬⼊⼒
    • ファイル名付与
¥300,000 ¥45,000 有償
電⼦取引スタートパック
4000⽂書
¥700,000 ¥105,000 有償
電⼦取引スタートパック
8000⽂書
¥1,400,000 ¥210,000 有償
追加Entry Tool
1ライセンス
PC1台ごとに追加 ¥30,000 ¥4,500 有償
  • ファイル処理数は1年間でリセットされます。
  • 下記の場合は、上位エディションへアップグレードいただく必要がございます。
  • 処理⽂書数を増やしたい(2000→4000⽂書、4000⽂書→8000⽂書など)
  • 2000⽂書版を購⼊したが、タイムスタンプ付与やフォルダ構成の設定変更など上位エディションにある機能を利⽤したい
  • 上位へのアップグレードについては、現エディションとの差額でご提供いたします。
  • 8000⽂書を超える場合は営業へご相談ください。
  • 価格はすべて税別表記です。
ページトップ