HGQRオートプリンタ

  • 概要
  • 特徴
  • 機能
  • ユース
    ケース
  • 対応OS・価格表

概要

Word/Excelなどの帳票を印刷する際に、特定のプリンタドライバを選択するだけで、簡単にQRコードを付けて印刷をすることができます。

機能構成図

機能構成図

QRコード付きカバーシートを作成したい場合は「HGQRオートジェネレータ(PDF)」をご確認ください。

製品の特徴

POINT 01

普段使⽤しているWord/Excelから
印刷をするだけで
QRコード付きの帳票を作成

POINT 02

帳票印刷時に
テンプレートを⾃動判別
印刷実⾏ボタンを押すだけでOK

POINT 03

帳票作成時に
QRコードを埋め込み、
電⼦化時の情報取得に活⽤可能

利用シーン

フォーマットが統⼀されている⾃社発⾏書類に有効です

申請書、稟議書、作業報告書、査定書類など「お客様へ送付し、⼿書き記⼊&捺印後に返送いただく書類」などにお使いいただけます

HGPscanServPlusと連携することで、振り分け/リネーム作業を⾃動化できます

機能

テンプレートの作成⽅法

下記①から③のエリアを指定します。

①ページ判定⽤⽂字列取得エリア
テンプレートを判定するためのエリアを指定します。
②QR⽣成⽤⽂字列取得エリア
QRコード化したい⽂字列をエリアで指定します。最⼤20エリアまで指定可能です。
QRコード内の各項⽬を任意の⽂字で区切ることができます。
③QR貼り付けエリア
QRコードを貼り付けるエリアを指定します。QRコードは最⼤10個まで作成できます。

作成可能なテンプレートの数は、シングルユーザ版は30まで、ネットワーク版は100までです。

図

出⼒⽅法

PDF出⼒もしくはプリンタ実機への印刷が選択できます。PDFのファイル名は任意で設定可能です。
※カード認証など、認証機能のあるプリンタには出⼒できません。

ユースケース

事例

導入事例
1⽇200枚発⽣していた受信FAXの振り分け作業⾃動化
悩  み
  • 受信FAXのファイル整理を⾃動化し、事務員の作業負担を軽減したい。
  • ファイルをすぐに保存できるようにしたい。
  • ファイルの属性情報を⽂書管理システムに登録したい。
解決⽅法
ExcelからQRコード付きの書類を印刷し、配送センターにFAXで送付する。
センターからQRコード付きの書類を本社へFAXで返送すると、
返送書類についているQRコードをHGPscanServPlusにて認識・処理する。
効  果
  • 普段の業務で使⽤しているExcelからQRコード付きの帳票を⽣成・印刷できるようになった。
  • スキャン作業を⾃動化でき、他の業務に時間を割けるようになった。

対応OS

サーバー環境

  • Microsoft Windows Server 2019 日本語版(64bit)
  • Microsoft Windows Server 2016 日本語版(64bit)
  • Microsoft Windows Server 2012 R2 日本語版(64bit)
  • Microsoft Windows 10 日本語版(32bit/64bit)
  • Microsoft Windows 8.1 日本語版(32bit/64bit)
  • Microsoft Windows 7 日本語版(32bit/64bit)

価格表

製品名 対象ファイル ライセンス 年間保守 初年度保守
HGQRオートプリンタOfficeシングルユーザ版
(1ユーザまで)
Word/Excel ¥68,000 ¥10,200 無償
HGQRオートプリンタProシングルユーザ版
(1ユーザまで)
制限無し ¥148,000 ¥22,200 無償
HGQRオートプリンタOfficeネットワーク版
(50ユーザまで)
Word/Excel ¥198,000 ¥29,700 無償
HGQRオートプリンタProネットワーク版
(50ユーザまで)
制限無し ¥450,000 ¥67,500 無償
  • PDFやXPSなど画像データとして印刷が⾏われる形式のファイルには対応しておりません。
  • 事前検証が必須です。
  • 価格はすべて税別表記です。
ページトップ