会社案内

沿革

2018.04

マルチブラウザ対応のPDF漏えい防止ソリューション 「PsafeVIEW」を販売開始

2017.06

知財関連電子文書にタイムスタンプ自動付与、一元管理し、INPITタイムスタンプ保管サービスに対応した「WWDS知財アーカイブ」販売開始

2016.10

「WWDS証憑アーカイブ スタンダード Ver.1.5」JIIMA電帳法スキャナ保存ソフト法的要件認証取得

2015.9

オールインワン・電子文書変換サーバ「HGPscanServPlus」の配布制限PDFで株主総会の想定問答の漏えい対策を実現

「HGPscanServPlus」をNECソリューションイノベータ株式会社の株主総会運営支援システム
「KaBridge(カブリッジ)」の最新版で、想定問答の漏えいを防止する機能として提供開始。

2015.6

情報漏えい防止・営業秘密保護機能を強化した「HGDDS」の新バージョン発売

Webシステムで閲覧されるPDFや画像ファイルをリアルタイムにPDFへ変換し、PDFファイルの配布制限など、
情報漏えい防止を可能にするSDK、「HGDDS リアルタイムPDF変換SDK」の新バージョン販売開始。

2014.11

「知的財産活用支援奨励賞 営業秘密管理部門」を受賞。

「HGPscanServPlus」の電子署名/タイムスタンプによるPDFファイルの真正性証明、配布制限機能による機密情報の外部漏えい防止が企業の知的財産の保護に貢献していると高く評価されました。

2014.10

オールインワン・電子文書変換サーバ「HGPscanServPlus」新バージョン発売

OCR機能を大幅強化、伝票や帳票の電子化業務の効率化が可能に。日本経済新聞にも掲載されました。

2014.09

サーバシステム導入不要のWeb情報漏えい対策ソフトのIE11対応版を販売開始

「HGSEALED for Web」のInternet Explorer Ver.11対応版 Ver.3.1。

2014.09

住友電工情報システム「楽々Framework3」ハイパーギアの「HG/DDS」と連携

日刊工業新聞、セキュリティ産業新聞、電線新聞に掲載されました。

2013.10

安全なプライベートクラウドでファイルサーバを共有するBYOD対応「ファイルマネージャ」を発売

スマート端末から閲覧していいね!や、コメントの付加できる新しい文書活用。

2013.10

フォルダ管理で実現するe-文書法対応システム「WWDS証憑アーカイブ スタンダード」を発売

e-文書法で必要とされる全ての機能を搭載したオールインワンパッケージ製品。

2013.07

Office365用「HGPscanServPlus Office365連携」を販売

ファイル自動アップロード、情報漏えい防止ツール。日刊工業新聞に掲載されました。

2013.04

SharePoint2013用「ファイルプロテクト for SharePoint2013」「画面プロテクト for SharePoint2013」を発売

リアルタイムにセキュアPDFに変換、Webシステムの情報漏えい防止ツール。

2013.03

【社会貢献】障がい者支援施設にiPad30台を寄付するプログラムをスタート!

ITのメリットをすべての人へ。毎日新聞、日刊工業新聞に掲載されました。

2013.02

ハイパーギアとアピックス、BCP対策になる重要文書の出張電子化サービスを開始

アウトソーシングでお手伝い。日本経済新聞、日刊工業新聞に掲載されました。

2012.07

証拠性・真正性を確保できる電子文書変換サーバーを発売しました「e-文書法要件で多くの実績」

日本経済新聞に掲載されました。

2012.02

「e-文書法対応、一括検証ツール v2」を発売開始

電子文書の署名、タイムスタンプ、画像の検証を一括で実施や失効リストを検証。

2012.01

TIFF/PDFをリアルタイムでセキュアPDF変換、PDFジェネレータ「HG/DDS v2」を発売開始

クラウド時代の情報共有・公開を安全に実現。

2011.12

パソコンを持ち歩かずにどこでもプレゼン「HGViewLTモバイルプレゼンテーター」発売開始

iPhone/iPadでアニメーション付きパワーポイントのプレゼンができるソフト。

2011.11

Movable Type連携情報漏えい対策ソフト 「HGSEALED for Web MT」 を発売開始

WEBページ内で共有される情報のテキストや画像、Flashなどの外部流出を防止。

2011.10

クラウドサービス対応情報漏えい対策ソフト「HGSEALED for Cloud」発売開始

クラウドサービスのWEBページ内のテキストや画像などの操作機能制御。

2011.09

HGView+HGP iPad用パワーポイント変換ツール発売開始

iPadで真のプレゼンができるようになりました。

2011.08

「ハイパーギアの楽しいBCP対策」が日本経済新聞、日刊工業新聞に掲載されました。

軽井沢に緊急避難オフィスを作りました。

2011.07

Dropbox用暗号化ソフト「HGSEALED AutoPassword」 無償版公開開始

クラウドでも文書ファイルを安心して利用、オフィスファイルを自動的に暗号化するアドインソフト。

2011.05

クラウドで管理するiPad文書システム「HGView1.4 ECM」 発売開始

企業用途に使える高セキュリティで文書、図面、動画をiPadで携帯、閲覧。

2010.11

創立20周年記念 映画【ハーブ&ドロシー】後援

シェアポイントサーバーの画面印刷禁止、画面キャプチャ禁止などができる情報漏洩防止ツール。

2010.10

iPadによるCAD図面閲覧システム「HGView」発売開始

企業用途に使える高セキュリティで大型図面、文書をiPadで携帯、閲覧できるシステム。

2010.09

QRコードを自動付与する帳票ソフト「HGオートコードプリンタ」発売開始

システム開発やカスタマイズ不要で、情報システムのQRコード付帳票出ができるプリンタドライバ方式。

2010.06

バイオ iPhone用コロニーカウンタ「HG/生菌数カウンタ」発売開始

生命科学実験、食品衛生管理検査などに必須の生菌数の計数をスマートフォンだけで自動化。

2010.04

HGSEALED for シェアポイント発売開始

シェアポイントサーバーの画面印刷禁止、画面キャプチャ禁止などができる情報漏洩防止ツール。

2010.03

電子文書変換サーバ HGPscanServPlus5.3 新バージョン!発売開始

スキャナや複合機で紙文書や図面を電子化するときの画像傾きを自動的に補正する機能を搭載。64bitも対応!

2009.08

HGPscanMFP for SharpOSA 販売開始

シャープドキュメントシステム株式会社と共同で開発。シャープ製デジタル複合機の機能拡張プラットフォームSharpOSA3.0で動作し、複合機のパネル操作だけでファイルサーバ上のワード、エクセル、PDFなどを印刷したり、スキャンした紙文書をOCR付き検索可能なPDFに変換できる

2009.07

HGPscanPro for カンタン文書登録 販売開始

株式会社リコーのMFP「imagioシリーズ」上で稼働する「imagio カンタン文書登録 V2 タイプA」と連携して、大量の紙文書を簡単に全文検索可能なテキスト付PDFに変換して保存ができる

2009.06

HGPscanPro for bizhub 販売開始

コニカミノルタビジネスソリューションズ株式会社と紙文書の電子化・活用支援ソリューションの開発・販売で協業。デジタル複合機 bizhub(ビズハブ)シリーズと連動、簡単に全文検索可能なPDFの作成やQRコード・部分OCRで自動仕分けができるソリューションを共同で提供。ユーザーの業務効率化、コスト・環境負荷削減に貢献

2009.02

「第4回渋沢栄一ベンチャードリーム賞」優秀賞受賞しました。

大企業のスピンアウト型のベンチャー企業として、またデジタル複合機上で動作するソフトウェアを多数開発したことにご評価頂きました。

2009.01

「TrueValueシリーズ第二弾」HGPscanSECUREmini 販売開始

低コストで、強固な情報漏洩対策ができるオフィスファイル暗号化システムDRM技術によるUSBメモリ認証機能付きファイル暗号化ソフト。

2008.06

ISO 9001:2000認証を審査登録(ソフトウェアの設計・開発・製造)

品質マネジメントシステムの認証の拡大審査にて子会社株式会社ハイパーセキュア認証取得、本社維持審査にて登録更新。

2008.06

HGPscanAuto 販売開始

XMLにより文書管理システムに連携が容易な手書き文書、チェックマーク、QRコード認識システム。

2008.01

複合機の使い方を変える、HGPscan for Apeos 新発売

全く新しいアーキテクチャ。MFP2.0シリーズを発表。

2007.09

情報漏洩防止システムがPDF、ワードなどにも対応

2007.06

東京オフィス 移転

2006.10

AutoCADからもPDF変換、HGPscanCAD発表

CAD図面もレイヤー付PDFへ。CADソフト導入コストをおさえられます。

2006.05

グループ会社ハイパーセキュアを設立

2006.03

タイムスタンプ、電子署名、QRコード生成/認識を標準装備

2005.06

ISO9001:2000の認証を審査登録(対象部門 本社、ソフトウェア設計・開発・製造業務)

大手ベンダーの組込システムに利用されるなど、品質の向上が期待される中、品質マネジメントシステムの認証を取得。

2004.04

コピー機だけで動作する「カンタン図面登録」を発売

HG/SEACER複合機カスタマイズ技術を利用し、パソコン不要のアプリを大塚商会から発売。

2003.05

独自の高速自動像域分離技術を搭載した『HG/HC-PDF2』を開発(特許出願)

ソフトウエアのみで、JPEGの10分の1程度までコンパクトなカラーPDF作成を可能にする。

2002.09

新PDFライブラリ『HG/PDF OCR Lib』のリリースを開始

リコーがデジタルカラー複合機「imagio Color 5105it」に採用し、出荷開始。

2002.07

本社オフィスを埼玉県さいたま市に移転

2000.07

カラーカタログ電子化技術の開発

カラー高圧縮のPDF変換技術。フルカラーのカタログ、パンフレットのインターネット配布が可能になる。IPA(情報処理振興協会)の平成12年度「情報ベンチャー事業化支援事業」に選ばれる。

2000.04

HG/PscanOCRを開発

日本語で画層管理する初めての技術。OCRでテキスト化し、検索可能なレイヤー構造のPDFファイルの作成技術の開発。

1999.10

電子倉庫システムの開発

セキュリティリサイクル研究所との共同開発。必要なときに必要な文章だけを電子化するサービスが誕生する。

1999.09

紙文書電子化サービスを開始

東海エンジニアリングとの共同事業。システム販売にプラスされた新サービス。PDFファイルの使用で、印刷イメージの再現が可能になる。

1998.11

PDF高速生成スキャナ開発

手書文書、印刷物、設計図を読み取り、PDFファイルを直接作るスキャナシステムの開発に成功する。

1995.02

WEBベースの電子ファイリングシステムWWDS(world wide document system)を開発

インターネットの草創期に、初めて電子ファイリングシステムを開発。ブラウザはモザイクでした。まだ、Netscape、IEがない時代。

1995.01

本社オフィスを埼玉県蓮田に移転

1991.11

会社設立(大阪市淀川区)

TOP