バージョンアップと障害対応パッチ情報です。各対応内容をご確認頂き、適用をお願い致します。

「ファイルプロテクト for IIS」2019/12/25

Ver4.0.2 インストールメディア
ファイルプロテクト for IISをお使いのお客様に、更新ソフトウェア(ファイルプロテクト for IIS インストールメディア)の提供を行います。
対象となる製品バージョン
ファイルプロテクト for IIS Ver1.0.0 以降
※保守ご契約のお客様
本バージョンアップ版に含まれる変更内容

<Ver4.0.2 仕様変更/機能追加>

 1. Windows Server 2019 に対応
 2. OpenJDK(JRE 1.8、またはJRE 1.8互換)サポート
 3. PsafeVIEWオプション使用時もFastCGI によるPDF 変換処理に対応し、
  高速に表示されるようにしました。
 4. PsafeVIEWオプション使用時、ブラウザのタブにタイトルとして
  PDF のファイル名を表示するようにしました。

 5. グループの相互参照(入れ子)対応。上位のグループを配布制限ユーザーに
  登録することで、
配下のグループに所属するユーザーにもセキュリティ設定を
  反映できるようになりました。

 6. URL 変換設定画面を廃止し、FastCGI 用サイトの情報から設定を自動更新
  するようにしました。
 7. Ver3.0.1 以前からのバージョンアップの場合、設定ファイルが引き継がれない
  問題を修正しました。
 8. 変更されたIIS Web サイトと設定ファイルを関連付けする機能を追加しました。

※対応しているPsafeVIEWオプションは
「ファイルプロテクト for IIS PsafeVIEWオプション Ver1.0.3」以降です

過去の機能追加/障害対応

<Ver4.0.0 仕様変更/機能追加>

 1. Windows Server 2008 SP2 32bit/64bit、Windows Server 2008 R2 SP1、
  Windows Server 2012を除外しました。

 2. ISAPIフィルター版のみバージョンアップしました。
  (HttpModule版はVer3.0.1までとなります)

 3. プロテクト対象のセットアップから、サイトを選択し[サイト設定]
  を指定することで、サイトごとのセキュリティ設定が可能になりました。

 4. PsafeVIEWオプションに対応(有償オプション製品)

<Ver3.0.1 機能追加/障害対応>

 1. Windows Server 2016 に対応
 2. ブラウザからファイルプロテクト以外のCookieが送信されてくると
   ファイルプロテクト用のセッションIDが正しくセットされない障害を修正。
 3. Cookieの長さが2048バイトより大きくてもログ出力で強制終了しないように修正。
 4. Web最適化オプションが無効であってもキャッシュを作成してしまう障害を修正。

<Ver3.0.0 機能追加/障害対応>

 1. ヘッダ、フッタ対応
 2. 透かしの基準位置指定、全面表示、フォントタイプ指定、日付マクロ対応
 3. スタンプの日付マクロ対応
 4. AES 128bit/256bit 暗号化対応

【注意・制限事項】

本バージョンアップは、ファイルプロテクト for IIS を対象としております。
ファイルプロテクト for SharePoint、画面プロテクト for IIS等上記以外の製品は対象外です。

製品入手と適用方法
入手方法
メディアで送付 下記内容を弊社お問合わせ窓口までメールにてご連絡下さい。

  • 製品シリアル番号:2710
  • 貴社名
  • 部署名
  • ご担当者名
  • ご住所
  • お電話番号

メールを送信する → メールを送信する

   
適用方法
※以下、アップデート手順です。
STEP
check-p-sインストールメディアファイルの確認
バージョンアップ用CD「Ver4.0.2」をご用意ください。
STEP
check-p-s稼働中のサービスの停止
  1.   下記手順にてIISのサービスの停止を行ってください。
       Windows のコントロールパネルから
       管理ツール > サービス と選択してください。
       ”World Wide Web Publishing Service”を選択し、
       [停止]ボタンを押してください。
  2.    「アプリケーション」メニューより「終了」を選択し、アプリケーションを
      終了します。
STEP
check-p-sご使用バージョンの設定情報のバックアップ

  現在、ご使用中のファイルプロテクト for IISの変換設定情報を
  任意のフォルダにコピーしてください。
  (通常、プログラムのアンインストール後も変換設定情報は保持されますので、
  同一フォルダに再インストールした際は、同一の設定が引き継がれます。
  再インストール時にインストール先フォルダを変更された場合や、
  バージョンアップ作業が完了できず設定が引き継がれなかった場合には、
  以下でバックアップした変換設定情報より設定を元に戻す事ができます)

  1)以下のフォルダをフォルダごとコピーします。
    C:\ProgramData\HyperGEAR

STEP
check-p-sご使用バージョンのアンインストール
  ご使用頂いておりますバージョンのプログラムをアンインストールします。
  1)[スタート]メニュー → [コントロールパネル] → [プログラムの追加
   と削除]を選択し、”FileProtecct for IIS (ISAPI Filter)”をアンインストール(削除)してください。
STEP
check-p-s再インストール

  バージョンアップ用CDをドライブにセットし、再インストールします。
  ※インストールマニュアルは、CDにPDFで同梱されています。
  【注意】4.のアンインストールを行なわず再インストールを実施した
      場合、インストール中にエラーが発生し正しくインストールが
      行なわれません。その場合はインストールをキャンセルし、
      4.からやり直してください。

STEP
check-p-sバージョンアップ完了後のPC再起動
PCを再起動して下さい。
STEP
check-p-s設定情報の確認
  ファイルプロテクト設定ツールの画面でバージョンアップ前の設定が表示されるか確認してください。
  バージョンアップ前の設定が表示されない場合は、以下8.の手順を実施
  してください。
STEP
check-p-s旧バージョンの変換設定情報のセットアップ
インストール完了後、STEP3で任意のフォルダにバックアップしておいた変換設定条件のファイルとフォルダをインストールフォルダにコピーして上書きして下さい。

STEP
9

check-p-s設定情報の再確認
ファイルプロテクト設定ツールの画面でバージョンアップ前の設定が表示されるか確認して下さい。
バージョンアップ前の設定が表示されない場合は、お手数ですが弊社サポートまでご連絡下さい。

STEP
10

check-p-sバージョンアップ後の動作確認
バージョンアップと変換条件の内容が正しく設定されている事をご確認頂いた後、アプリケーションの動作確認を行って下さい。
動作確認で正常動作を確認できましたら、手順3.で取得したバックアップデータを削除して下さい。

●本修正パッチに関する技術的なお問合せの窓

株式会社ハイパーギア カスタマサポート担当
TEL : 048-654-2143 (平日 10:00~12:00、13:00~17:00 )
E-mail : support@hypergear.com

※ユーザ登録の内容(住所、担当者等)が変更になった場合、ユーザ登録の変更依頼をお願い致します。

> 修正内容一覧はこちらへ詳しくはこちらへ