【はじめに】
セキュリティ付きPDFをSharePointで公開するには、以下の「手順一覧」にまとめた設定をすべて行う必要があります。付与可能なセキュリティの詳細や、DRMサービスの設定方法などはHGPscanServ Plus PsafeVIEWオプション管理者マニュアルをご確認ください。

【手順一覧】
1 SharePointサイトの設定
  1-1) カスタムスクリプトを許可
  1-2) ブロックするファイルの種類を変更(※SharePoint Online以外のバージョンをご利用の場合)
  1-3) PDFビューアの設置とドキュメントライブラリの権限変更

2 PsafeVIEWオプションの設定
  2-1) PDFビューアファイル(viewer.html)の拡張子を.aspxに変更
  2-2) DRMサービスでappkey.jsを発行
  2-3) HGPscanServPlusで、暗号化PDFをaspx形式で出力

★よくあるトラブル・設定例
公開したaspxファイルのリンクをクリックすると、viewer.htmlの保存ダイアログが表示される
SharePointで、管理者以外のユーザーがpdfviewフォルダにアクセスできないようにするには

【手順詳細】
1 SharePointサイトの設定
   1-1) カスタムスクリプトを許可
    SharePointでaspxファイルを表示できるよう、カスタムスクリプトを許可する設定にします。
    参考サイト:https://docs.microsoft.com/ja-jp/sharepoint/allow-or-prevent-custom-script
   1-2) ブロックするファイルの種類を変更
    ※SharePoint Onlineをご利用の方は対応不要です。
    PDFビューアを動作させるため、ドキュメントライブラリにpdfviewフォルダを
    アップロードする必要がありますが、「ブロックするファイルの種類」に
    以下の拡張子が設定されていた場合は
    アップロードできませんので一覧から削除してください。
    ■ブロック対象一覧から削除する拡張子:
     aspx, bcmap, config, css, eot, html, js, png, properties, svg, ttf, woff, woff2
    参考サイト: https://bit.ly/2Tt1t3Q
   1-3) PDFビューアの設置とドキュメントライブラリの権限変更
    PDFを正常に表示するにはpdfviewフォルダの読み取り権限が必要ですが、
    pdfviewフォルダ内のデータに変更を加えるとPDFビューアが正常に動作しなくなり
     閲覧できなくなります。
     pdfviewフォルダをアップロードしたドキュメントライブラリの権限を
    運用に合わせて設定してください。

    ①pdfviewフォルダを、公開するPDFと同じサイト内のドキュメントライブラリにアップロードします。
    ※フォルダごとアップロードする場合はChromeとEdgeをご利用ください。
    ※IEの場合、バージョンによっては以下の手順でもアップロード可能です。
    アップロード先のドキュメントライブラリ>「+新しいドキュメント」>
    「ドキュメントの追加」画面>Windowsエクスプローラーを使ってファイルをアップロード

    ②pdfviewフォルダをアップロードしたドキュメントライブラリの権限設定を開き、
     公開対象のユーザーに対するアクセス許可レベルを運用に合わせて設定します。
    参考サイト:
    https://docs.microsoft.com/ja-jp/sharepoint/sites/user-permissions-and-permission-levels

2 PsafeVIEWオプションの設定
   2-1) PDFビューアファイル(viewer.html)の拡張子を.aspxに変更
    HGPscanServPlusで変換後のファイル拡張子(aspx)とviewerの拡張子をそろえる必要があります。
    以下の手順でviewer.aspxを作成してください。
    ①viewer.htmlをpdfviewフォルダにコピーします。
    ②コピーしたviewer.htmlの拡張子をaspxに変更します。

   2-2) DRMサービスでappkey.jsを発行
    ①DRMサービスにアクセスし、appkey.jsを発行します。
     ※ホスト名が一致していれば動作するので、
     viewer.aspxのフルパスを指定する必要はありません。
     ※SharePointではリダイレクトできませんので
      リダイレクト設定ファイル(web.config)の作成は不要です。
     ②SharePoint上のpdfview>webフォルダ(viewer.aspxと同じフォルダ)に
     appkey.jsをアップロードします。

   2-3) HGPscanServPlusで、暗号化PDFをaspx形式で出力
    暗号化PDFを作成するジョブを開き、以下の設定をします。
    ①[セキュリティ]メニューより [セキュリティの方法]を開きます。
    ②[暗号化方式]のプルダウンから [PsafeVIEWデジタル IDによる暗号化]を選択します。
    ③[PDFを HTMLに埋め込む]にチェックを入れ、以下の通りに設定します。
     ・ PDFビューアの設定場所をフルパスで記載します。この時、必ずviewer.aspxと指定してください。
     [例] http://<ホスト名 >/documents/pdfview/web/viewer.aspx
     ・ ファイル拡張子[aspx]を指定します。

    ※PDFビューアのURLにviewer.aspxと設定しない場合、
     ブラウザで閲覧時に「viewer.html」の保存ダイアログが表示され、内容が表示されません。