バージョンアップと障害対応パッチ情報です。各対応内容をご確認頂き、適用をお願い致します。

「HGファイル マネージャー」2019/03/18

Ver1.7.3 インストールメディア
HGファイル マネージャーをお使いのお客様に、更新ソフトウェア(HGファイル マネージャー インストールメディア)の提供を行います。
対象となる製品バージョン
HGファイル マネージャー Ver1.2.0 以降
※保守ご契約のお客様
本バージョンアップ版に含まれる変更内容


<Ver1.7.3 機能追加/障害対応>

 1. ビルド機能の改良
 2. ファイル一覧の表示速度高化
 3. マニュアル改訂
   ユーザマニュアル …Web画面でのファイル閲覧に関わる操作方法ついて記載
   管理者マニュアル (本書) …ファイルマネージャのインストール,セットアップに関わる設定方法を記載

過去の機能追加/障害対応

<Ver1.5.2 機能追加/障害対応>

 1. リアルタイム監視機能の改良
 2. 独自認証時のユーザーパスワード変更機能を追加
 3. ファイルプロパティ画面でのPDF表示機能を追加
 4. ファイルプロパティ画面で、前後のファイルへ移動する機能を追加
 5. Windows Server 2016に対応
 6. リアルタイム監視で、バージョン管理対象ファイルをコミット前に削除するとビルドエラーになる不具合を修正

<Ver1.4.4 機能追加/障害対応>

 1. 表示項目設定機能の拡張

<Ver1.4.0 機能追加/障害対応>

 1. バージョン管理機能追加
 2. Windows統合認証によるシングルサインオン対応
 3. PC版Web画面のデザイン改良
 4. アクセスログ出力機能の強化
 5. 操作性の向上
 

【注意・制限事項】

本バージョンアップは、HGファイル マネージャー を対象としております。
上記以外の製品は対象外です。

製品入手と適用方法
入手方法
メディアで送付 下記内容を弊社お問合わせ窓口までメールにてご連絡下さい。

  • 製品シリアル番号:2900,2901,2902
  • 貴社名
  • 部署名
  • ご担当者名
  • ご住所
  • お電話番号

メールを送信する → メールを送信する

   
適用方法
※以下、アップデート手順です。
STEP
check-p-sインストールメディアファイルの確認
バージョンアップ用CD「Ver1.7.3」をご用意ください。
STEP
check-p-sご使用バージョンの設定情報のバックアップ

現在、ご使用中のHGファイル マネージャーの設定情報やファイルの登録情報をバックアップします。

  (通常、プログラムのアンインストール後も設定情報は保持されます。)
  バージョンアップ作業が完了できず設定が引き継がれなかった場合には、
  以下でバックアップした設定情報、ファイルの登録情報より旧バージョンに切り戻しができます)

  1)PowerShellスクリプトを実行するため、PowerShellを管理者として起動してください。
   例)Windows Server 2008 R2 の場合
   すべてのプログラム > アクセサリ > Windows PowerShell > Windows PowerShell

  2)ファイルマネージャーのPowerShellスクリプトのインストールフォルダーに移動してください。
         64bit 版 Windows の場合
         C:\Program Files (x86)\HyperGEAR\HGFileManager\ps1

  3)次のコマンドを実行してください。。
         .\hgfm_backup.ps1 –outdir <バックアップ出力先>

  4)確認のメッセージが表示されますので、キーボードの[Y]キーを押してから[Enter]キーを押してください。
          “データダンプが完了しました”と表示されましたら、PowerShellのウインドウを閉じてください。

STEP
check-p-s稼働中のサービスの停止
  1. 下記手順にて稼働中のサービスの停止を行ってください。
     Windows のコントロールパネルから
     管理ツール > サービス と選択してください。
  2.  サービスの一覧から以下の3つの項目を選択、右クリックし、「停止」を選択してください。
    ・Apache Solr
    ・HG/PowerShell Service
    ・MySQL56
STEP
check-p-sご使用バージョンのアンインストール

  ご使用頂いておりますバージョンのプログラムをアンインストールします。
  1)[スタート]メニュー → [コントロールパネル] → [プログラムの追加
   と削除]を選択し、”HGFileManager”をアンインストール(削除)してください。

  ※アンインストール実施中に以下の綱目について削除するか確認されますので
   全てキーボードの[N]キーを押してから[Enter]キーを押してください。

  ・MySQL
  ・ApacheSolr
  ・SubVersion

STEP
check-p-s再インストール

  バージョンアップ用CDをドライブにセットし、再インストールします。
  ※インストールマニュアルは、CDにPDFで同梱されています。
  【注意】4.のアンインストールを行なわず再インストールを実施した
      場合、インストール中にエラーが発生し正しくインストールが
      行なわれません。その場合はインストールをキャンセルし、
      4.からやり直してください。

STEP
check-p-sバージョンアップ完了後のPC再起動
PCを再起動して下さい。
STEP
check-p-s設定情報の確認

ファイルマネージャ設定ツールの画面でバージョンアップ前の設定が表示されるか確認して下さい。
バージョンアップ前の設定が表示されない場合は、お手数ですが弊社サポートまでご連絡下さい。

STEP

check-p-s設定情報の再確認
バージョンアップと変換条件の内容が正しく設定されている事をご確認頂いた後、
アプリケーションの動作確認を行って下さい。
動作確認で正常動作を確認できましたら、
手順3.で取得したバックアップデータを削除して下さい。

●本修正パッチに関する技術的なお問合せの窓

株式会社ハイパーギア カスタマサポート担当
TEL : 048-654-2143 (平日 10:00~12:00、13:00~17:00 )
E-mail : support@hypergear.com

※ユーザ登録の内容(住所、担当者等)が変更になった場合、ユーザ登録の変更依頼をお願い致します。

> 修正内容一覧はこちらへ詳しくはこちらへ