お知らせ

2021.11.29

12月6日 Webセミナー
袖山税理士が説明!
『電帳法改正』をきっかけに企業が取り組むべきDX、業務変革のポイントセミナー

 

いよいよ、2022年1月より電帳法改正が施行され、電子取引に関わる書類の電子保存が義務化されます。
皆様におかれましても、対応に向けて本格的にご検討が進んでいるのではないでしょうか。

今回の法改正や昨今の流れから、今後もペーパレス化はますます推進されると考えられています。
せっかくの取り組みを「法対応のために仕方なく行う」のではなく、この機会に企業の中での情報管理を改めて見直し、業務変革の目線で考えていくことが重要です。電帳法が対象とする取引書類は、日常的な業務の中から発生するものが多く、その全体を見直すことで業務の改善につながる可能性が高いのではないでしょうか?

本セミナーでは、電帳法対応の第一人者である、SKJ総合税理士事務所 所長・税理士 袖山喜久造先生をお迎えし、電帳法対応から始めるDX、業務変革を進めるためのポイントについて講演いたします。

セミナー 詳細
主催株式会社ハイパーギア
日時・場所■日時 2021年12月6日(月) 15:00~17:00 (10分前より接続開始)
    
■場所 オンライン ウェビナー
     Webセミナー形式 ネット接続環境が必要です。
     Zoomウェビナーでの開催を予定しています。
定員定員200名まで

※定員になり次第、受付を締め切らせて頂きます
参加費無料
お申込み▼▼ 下記リンクをクリックし、フォームよりお申し込みください。▼▼

★本セミナーの受付は終了しました。

★次回開催案内をご希望の方は、メルマガにご登録お願いいたします。
 【メルマガのお申込みはこちら】
アジェンダ■アジェンダ(約120分)

 15:00~ アジェンダ・諸注意事項のご説明
 15:05~ 「電帳法対応」を単なる法対応で終わらせない、業務変革のポイント
      会社としてプラスに電子化を進めるには?

      講師  SKJ総合税理士事務所 所長・税理士 袖山 喜久造 氏

 15:45~ 休憩 10分

 15:55~ 「電帳法改正に間に合わせる」から「業務効率化」へのシフト
       紙書類の電子化の課題と対応ポイント
       PDF受領書類でのDX推進、課題と対応ポイント

      講師  取締役 太田 雅之
          公益社団法人日本文書情報マネジメント協会(JIIMA)理事

 16:10~ 電子帳簿保存法対応オールインワン・パッケージ
       WWDS証憑アーカイブ紹介

      講師  営業部 e-文書コンサルタント 水上 哲志

 16:30~ ファイルサーバで始める電子取引対応
       電子取引スタートパック紹介

      講師  営業部 奥田 千晶

 16:50~ Q&A

 17:00  終了

 ※アジェンダ内容は変更となることがございます。ご了承ください。
 ※セミナー終了後に表示される画面より、アンケートにご協力お願いいたします。
  Q&A以外でのご質問もございましたら、アンケートにご記載ください。
 ※今回はZOOMでのセミナーを予定しています。
  初めてZOOMをご利用のかたは、アプリケーションの設定が必要となります。
  下記参加説明ページをご参照の上、事前にご準備をお願いいたします。

  ▽ウェビナー参加手順のご説明
   https://www.hypergear.com/webinar_zoom/

   ━【ご注意】━━━━━━━━━━━━━━━
   お使いの通信回線状態やセキュリティ上などの制限がある場合、
   ご参加できない、または途中で閲覧できなくなる場合がございます。
   事前にチェックされたい場合はこちらをご利用ください。

   ▽ZOOMテスト
    https://zoom.us/test
    
講師

SKJ総合税理士事務所 所長・税理士 袖山 喜久造 氏



株式会社ハイパーギア 取締役 太田 雅之


株式会社ハイパーギア 営業部 e-文書コンサルタント 水上 哲志
 

株式会社ハイパーギア 営業部 奥田 千晶
★★★ 多数のご来場をお待ちしております ★★★

最新のお知らせ

カテゴリー

年度別一覧

TOP