お知らせ

2020.10.12

10月27日 Webセミナー
知財保護のためのタイムスタンプ活用と文書管理~導入ポイントと事例紹介

知的財産マネジメントにおいて、技術情報の公開・権利化、秘匿化を組み合わせる、「オープン&クローズ戦略」を採用し、知的財産の秘匿化に取り組む企業が増えてきています。

その秘匿化を行う際に求められている要望の一部に応える手段として、タイムスタンプを活用することができます。

タイムスタンプを利用すると、その時点で電子文書が存在し、その時刻以降電子文書が改ざんされていないことを証明することが出来ます。

また、インターネット接続環境があれば良く、公証役場に行く手間が無く非対面で処理できるため、このコロナ禍において注目されております。

本セミナーでは、知財保護におけるタイムスタンプ活用についての説明と、300ユーザを超える導入実績を誇る自動タイムスタンプ付与を実現するソリューション「HGPscanServPlus」、タイムスタンプ付与に加え、文書検索やタイムスタンプの有効性自動延長機能に対応した知財文書管理システム「WWDS知財アーカイブ」の事例とデモを交えてご紹介をいたします。

定員は100名となっております。
参加ご希望の方は、お早めに下記よりお申し込みください。

セミナー 詳細
★★★ 多数のご来場をお待ちしております ★★★
主催株式会社ハイパーギア
日時・場所2020年10月27日(火) 13:30~(約40分程度)

Webセミナー形式 ネット接続環境が必要です。
Zoomウェビナーでの開催を予定しています。
定員先着限定 100名まで
(定員になり次第、受付を締め切らせて頂きます)
参加費無料
お申込み▼▼ 下記リンクをクリックし、フォームよりお申し込みください。▼▼
     【お申込みはこちら】
※お申込み完了後、後日Webセミナー参加用のURLをご連絡いたします。
アジェンダ ■アジェンダ 


 13:30~知財保護におけるタイムスタンプ活用について 

 13:50~知財保護ソリューションの紹介と導入ポイント、事例紹介

 14:40~Q&A


 ※セミナー終了後に表示される、アンケートに
  ご協力いただいた方には資料ダウンロードURLを
  ご連絡いたします。

 ※アジェンダ内容は変更となることがございます。
講師 山口    

最新のお知らせ

カテゴリー

年度別一覧

TOP