電子文書のハイパーギア

電子文書のハイパーギア

どこから始める?情報漏えい(二次漏えい)対策「松竹梅」

資料を取り寄せる  

画面プロテクトfor SharePointが選ばれる6つの特徴

用途に応じた対策方法を予算感に応じて選択可能
利用ユーザは特別な設定・操作なしで利用が可能
既存のシステムとの運用設計も容易

資料を取り寄せる  
▲topに戻る

画面プロテクトfor SharePointの導入事例
梅 HGPscanServPlusならダウンロード禁止PDFの自動生成が可能!

梅

画面プロテクトfor SharePointが選ばれる6つの特徴

持ち出し禁止PDFソリューション
HGPscanServPlusは以下のセキュリティPDFを生成可能!
・印刷禁止(透かし印刷機能もあり)
・編集禁止 ・テキスト抽出、コピー禁止
・閲覧パスワード付与 ・ダウンロード禁止PDF
sampl
サーバで生成したセキュリティPDFファイルは、特定のWEBサーバやファイルサーバでしか閲覧できない状態になります。



サーバで自動的にセキュリティPDF変換が可能
WordやExcelなど、セキュリティをかけたいファイルはサーバの監視フォルダ(共有フォルダ)へコピーするだけで、セキュリティPDFを作成することが可能です。 sampl
サーバおよびクライアントPCにはAcrobatのライセンスは不要です。
既存のファイルサーバへインストールすることができ、作成したいセキュリティPDFごとに監視フォルダ設定が可能です。
文書管理システムやWEBサーバと連携し利用したい場合は、コマンドラインが使えるシステム連携オプションもあります。


資料を取り寄せる  
▲topに戻る

画面プロテクトfor SharePointの導入事例
 ダウンロード禁止PDF+HGSEALED for Webで画面キャプチャー防止まで実現!

竹

画面プロテクトfor SharePointが選ばれる6つの特徴

PrintScreen、画面キャプチャーの防止
HGSEALED for Webは以下のセキュリティを実現します!
・印刷禁止(メニューや右クリックメニュー、Ctrl+Pも禁止)
・文字列のコピー&ペースト禁止 ・画像のコピー禁止
・保存禁止 ・右クリック禁止
・キャッシュの削除
・PrintScreenや画面キャプチャーの禁止
※保護対象はWEBページ


sampl
クライアントライセンスフリー
例えば、WEBシステム利用者が数千人、数万人という大規模なシステムの場合、WEBシステムによってはクライアントライセンス数に応じたコストがかかってしまいます。 sampl
HGSEALED for Webは、クライアントユーザ数が何人でもフリーであるため、特に大きな規模のWEBシステムでも高額なコストがかかる心配はありません。
ActiveXコントロールをインストールするだけで、設定作業もありません。 サイレントインストールやブラウザからのダウンロードインストールにも対応しています。


資料を取り寄せる  

画面プロテクトfor SharePointの導入事例
松 HGSEALED for DocならDRM暗号化で堅牢な情報流出対策を実現!

松

画面プロテクトfor SharePointが選ばれる6つの特徴

DRM暗号化ファイルの効果
HGSEALED for Docは以下のDRM暗号化ファイルを生成!
・印刷禁止(透かし印刷機能もあり)
・編集禁止/コピー禁止
・保存禁止
・PritScreen、画面キャプチャー禁止
・クライアント操作ログの収集
sampl
HGSEALED for DocクライアントをインストールしたPCでしか利用はできないため、社内ユーザ以外は閲覧できないドキュメントの情報漏えい対策ができます。
用途に応じたDRMセキュリティ権限
WordやExcelなど、完全に閲覧のみのセキュリティをかけることもできるが、編集保存が可能なDRM暗号化ファイルの作成もできます。
sampl

日々更新する必要性のあるドキュメントで機密情報を含む場合は、情報漏えい対策が必要となり、完成図書以外にも効果を発揮することができます。
各機能をドキュメントに応じて利用制限をかけることで、業務に応じた情報漏えい対策を実現できます。



金融業  製造業  製薬業  商社  広告代理店  通信業

官公庁  コールセンター  不動産  電力会社  医療


資料を取り寄せる  
▲topに戻る



まずはお気軽にお問合せください 資料請求
Copyright(C) HyperGEAR.Inc All Rights Reserved.
メールでのお問い合せ 資料請求