電子文書のハイパーギア
DRM暗号化とDRMとは

電子文書のハイパーギア
プライバシー | サイトマップ
お問い合せ
 
TOP製品一覧>DRM暗号化とDRMとは

暗号化とDRMとは
暗号化 DRM(利用制限)+ 暗号化
DRM付きアプリケーション PC毎に制限 アプリケーションHook
説明
  • パスワードでファイル暗号/復号化
  • 第三者からの情報秘匿のみ

→ 説明図1へ

  • アプリケーション自体に暗号化や利用制限の機能をもつ

→ 説明図2へ

  • PCごとに画面キャプチャー、印刷やファイルコピーなどを制限

→ 説明図3へ

  • セキュリティをかけたいファイルのみ暗号化
  • 印刷や画面キャプチャーなど、ファイル単位で設定し利用制限

→ 説明図4へ

製品例
  • ファイル暗号化ソフト
  • パスワード付きZIP
  • Adobe Acrobat
  • 富士ゼロックス
    DocuWorks
  • H社製品Hなど
  • H社製品Sなど
  • HG/PscanSECURE
  • HG/DocumentSAFER-J
利点
  • ソフトが多く、価格も安い
  • 機能が少ないため操作が簡単
  • アプリケーションやOSなどの対応環境が多い
  • セキュリティ機能の追加ライセンスは不要
  • PC内のファイルや情報全てに同じポリシーで操作制限しやすい
  • 複数のファイル形式やアプリケーションに対応し、同じポリシーで運用できる
  • 暗号化ファイルでも、オリジナルのアプリケーションで使用でき、操作が簡単
  • ファイル単位で画面キャプチャー制御できる
欠点
  • 相手から2次漏えいの可能性あり
  • 画面キャプチャ-や操作の制限はできない
  • PDFなどに変換必要
  • 機能や操作がアプリケーション毎に異なり、同じポリシーで運用できない
  • アプリケーション毎にシステム構築が必要で導入コストがかかる
  • 画面キャプチャー制限はできない
  • そのPCの操作全てに適用されるため、印刷やファイルコピーなどが必要でもできない
  • PC環境が限定される
    (バージョン、update、別製品との相性など)
  • 対応OSやアプリバージョンが限定される


▲topに戻る

メールでのお問い合せ