HyperGEAR TOPへ HyperGEAR HyperGEAR
コンテンツ コンテンツ 製品・サービス 展示会・セミナー ニュースリリース サポート お問い合わせ 会社概要 サイトマップ


ブロードバンド化により大容量データのやりとりが簡単・低コストに行える環境が整い、IT技術を活用した印刷工程の効率化が進みつつあります。 
IT・通信技術を活用し、お客様の文字校正原稿のやりとりを効率化することが可能です。 それにより、印刷納期が短縮できて、営業マンの新規開拓の 時間が増えて、宅急便やバイク便のコストを減らすことができます。

      

 

PDF校正原稿電送システム HG/Pscan330 Pro

FAX感覚で校正原稿を赤字のままPDFとして電送できるシステム。

紙の集配や人の移動、FAXで行っていた印刷会社と印刷工場、クライアントとの間の手間と時間のかかる文字校正作業を、ネットワークとPDFの活用で効率化可能です。  赤字を入れた校正原稿の電子化を、十分の一程度にファイルサイズに圧縮したPDFで実現。 

A4サイズ400dpiの赤字入り原稿でも数十KB程度のサイズで実現し、ブロードバンド環境でなくても容易に10頁以上の原稿を電送できます。 これにより、通信条件の悪い地方工場とのオンライン校正にも威力を発揮。 電送時に暗号化も可能なので、セキュリティも安心。

スキャニング機能のほかに、メール・FTPによる電送、2色高圧縮のPDFへの変換、暗号化などの機能あり。

 

従来の問題点
FAXの場合 @赤字もモノクロになり見えづらい
A確認のため、電話でのやり取り必要。
特急便・バイク便の場合 @コストが高い
Aやり取りに1〜2日はかかる(宅急便)
営業マンの場合 @時間がかかる
A高い人件費がかかる



実際の印刷時間は数時間でも、最低1,2回の文字校を含む校正原稿のやり取りは必要です。これに宅急便を使っていたら、それだけで、最低1,2日納期がのびてしまいます。もし校正のやりとりの時間が節約できたら、それは高価で大型の印刷設備をいれて納期を短縮したのと同じメリットがお客さまに提供できます。


重要なお客だから、営業が原稿をとりにいくのはあたりまえ? でもお客さまも営業がくるまで待たなくてはならないし、夜中や休日には無理だし、好きなときに校正原稿を返したいのではないですか?営業マンも原稿の運搬が仕事になっていませんか?年収500万の営業マンなら、直接コストだけで、2時間で5000円です。もし、原稿ひきとりがなければ、もっと新規開拓できるのではないですか?


とかく、間に合わないと、バイク便や特急便を使ってしまいがち。でも近距離でも1回2,3000円。距離があれば1万近くかかることもあります。地方の工場と都内のデザインオフィスや営業所の間の運送コストばかになりませんね?



リモートプルーフではありません!

お客さまからの赤字入りの校正原稿の戻しを

ボタンひとつで高圧縮のPDFに変換してメイルとして電送で解決するご提案です。



紙で校正ができます!

この方法はAcrobatを使ったりする、電子校正ではありません。
お客さまも、いままでとまったく同じ、紙にペンで赤字で入れる、校正方法でできます。


ボタンを押すだけ!

お客さまは赤字を入れた原稿をコピー感覚でスキャンするだけ。
自動的に高圧縮のPDFに変換して電子メイルにして自動的に電送します。Acrobatを操作することも、メイルソフトを起動することも必要ありません。Jobとして設定しておけば、その選択だけで、スキャナの設定も、メイルの送付先の設定も不要です。パソコンに不慣れなお客さまでも、簡単に電送できます。  FTP送信にも対応しております。


HGだけの高圧縮2色PDFで、普通のメイルでOK

HGだけの高圧縮2色PDFで、400dpiの赤字原稿でも、JPEGの1/10,数十KBで送れます。このため、お客さまや営業所に高速のネットワーク環境は不要でメイルができれば、高精度の赤字入り原稿が簡単に送れます。受ける工場やデザインスタジオ側のAcrobatReaderではっきり赤で見れます。


 

 

株式会社伊江プロセス様が、ワムネット・ハイパーギア「HG/Pscan330」を活用し、
営業拠点・クライアント間にてPDF校正  営業拠点2箇所・クライアントに設置

 「校正紙がそのまま残るのが良い。 営業が持ち帰るとクライアントには校正紙が残らないが、Pscanであればクライアント側にも製作側にも同じ校正があることになり、行き違いが起きません」 (伊江プロセス様)


 Professional DTP 2002/8月号 記事掲載

 


株式会社金羊社様がユニバーサルミュージック株式会社様に提案したPDF校正の紹介
PDF校正にハイパーギア「HG/Pscan」を採用 


 Professional DTP 2002/12月号 記事掲載

 


HG/PscanSendの動画をリアルプレイヤーでご覧頂けます。
動画デモでは、赤字入り校正原稿1枚をカラー300dpiにてスキャンし、
2色カラー高圧縮PDFへ変換・メール自動送信を行います。

Real PlayerTM  

  Real Player は、 こちら からダウンロードできます。

Pscanラインナップ
*システムにはスキャナ本体とドライバーを含みます。

Pscan330 Pro

A3カラー/モノクロースキャナ

校正原稿スキャン送信
校正原稿メール受信

撮影時に生成された2色高圧縮PDFサンプル


システム価格 \オープンプライス


* Windowsは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。
* その他記載されている商品名、会社名などの固有名詞は各社の商標または登録商標です。


Pscan330 Pro製品ページへ



記載の社名、商品名は各社の登録商標または商標です。

PAGE UP
Hyper GEAR TOPProducts TOPお問い合わせサイトマップ
Copyright©  HyperGEAR.Inc All Rights Reserved.