HYPERGEAR.Inc

 

NewsRelease
2005 年5 月 17 日
報道関係者各位


株式会社ハイパーギア
RSAセキュリティ株式会社

 

ハイパーギアとRSAセキュリティ 「e-文書法」に対応した
PDF電子署名・タイムスタンプライブラリを共同開発

PDF変換ソフトや電子データの時刻認証を行うタイムスタンプサーバを開発、販売する株式会社ハイパーギア(本社:埼玉県さいたま市、代表取締役社長 本田 克己、以下ハイパーギア)は、RSAセキュリティ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 山野 修)と、同社の暗号・電子署名実装用セキュリティ・ライブラリである「RSA BSAFE」を使用しPDF1.6形式に準拠したPDF電子署名・タイムスタンプライブラリ、「HG/PDFLib電子署名・タイムスタンプライブラリ」を共同開発しました。
「HG/PDFLib電子署名・タイムスタンプライブラリ」は、ハイパーギアが5月18日(水)より販売し、「ビジネスショーTOKYO2005」(東京ビックサイト、5月18日〜20日)に出展します。

 2005年4月から施行された「e-文書法」では、真正性を確保するため電子データの一部に、電子署名とタイムスタンプの付与が求められています。「HG/PDFLib電子署名・タイムスタンプライブラリ」により、電子署名とタイムスタンプが組み込めるため、電子ファイリングなどのシステムベンダー、複合機などのコピー機ベンダーが「e-文書法」対応ソリューションを短期間で容易に開発できるようになります。

 ハイパーギアでは、既に国際標準(RFC3161)に対応し、時刻認証業務認定事業者であるアマノ株式会社様と株式会社PFU様のタイムスタンプサービスを利用したタイムスタンプサーバ、「HG/PscanServProタイムスタンプサーバTypeP,TypeAN」を出荷しています。「HG/PDFLib電子署名・タイムスタンプライブラリ」は、両社のタイムスタンプ・サービスに対応しています。


<RSAセキュリティ 山野社長のコメント>

 「世界で最も信頼されているRSA BSAFEライブラリによる暗号化・電子署名などe-文書法対応に必要となるセキュリティ技術とハイパーギアのPDF関連技術が融合された「HG/PDFLib電子署名・タイムスタンプライブラリ」は、e-文書法に対応したソリューション開発を行なう開発者にとって、開発期間の短縮や信頼性・安全性の向上など大きなメリットをもたらす製品です。」


「HG/PDFLib電子署名・タイムスタンプライブラリ」の特徴は、以下のとおりです。


<HG/PDFLib電子署名・タイムスタンプライブラリの特徴>

  1. 国際標準形式 RFC3161に準拠したタイムスタンプに対応
    「タイムビジネス信頼・安心認定制度」に認定されている、国際標準形式RFC3161に準拠したアマノ株式会社様、株式会社PFU様のタイムスタンプサービスを両方に対応しています。

  2. ICカード型電子証明書、P12ファイル型電子証明書に対応
    利便性、必要なセキュリティ強度により、電子証明書の形式を選べます。

  3. PDF1.6形式 埋めこみファイル形式に対応
    PDFの最新形式であるPDF1.6の電子署名、タイムスタンプ埋めこみフォーマットを生成するので、別ファイルが不要で1ファイルだけで、電子文書の本体と署名情報を格納できます。ファイルの管理が非常に楽になります。

  4. 標準のAcrobat7.0(アドビ社製)で検証可能
    PDF標準のPDF1.6形式ですので、Acrobat7.0/Adobe Reader7.0だけで、電子署名の検証、タイムスタンプの検証がおこなえます。個別のツールやアプリケーションが不要になります。

  5. 自社アプリケーションに組込みが可能
    組込みシステムなどで定評のある、当社のPDFライブラリの拡張として用意されていますので、自社アプリケーションなどに用意に組込みが可能で、安価で高速のソリューションが作成できます。

  6. Windows以外のプラットフォームにも対応可能
    当社開発によるライブラリでソースコードでの提供も可能なので、セキュリティ・ライブラリ「RSA BSAFE」が用意されている環境では、Windows以外の、組込みシステムなどでも利用できるので、複合機内部に組み込んだシステムなどの開発が可能になります。


  • 動作環境

    CPU: Pentium V 1.4GHz 以上推奨 メモリ: 256MB 以上推奨
    O/S: WindowsXP Pro/XP Home/2000 以降
    RSAセキュリティの「RSA BSAFE」ライブラリが必要
    その他、Windows以外のOS、環境にも対応可能

  • 価格

    HG/PDFLib電子署名・タイムスタンプライブラリ オープンプライス
    (対応タイムスタンプ 株式会社PFU、アマノ株式会社 RFC3161タイムスタンプサービス)

  • 発売開始時期: 2005年5月 18日(水)

  • 販売目標: 初年度 10ライセンス 次年度以降 20ライセンス

  • 展示会等: ・2005年 5月18日から 5月20日 (一般公開日5月20日)
    「ビジネスショーTOKYO2005」 東京ビックサイト
    主催 社団法人 日本経営協会・東京商工会議所

 

<背景>

 「民間事業者等が行う書面の保存等における情報通信の技術の利用に関する法律」

 (e-文書法、2005年4月施行)において電子データの真正性確保と非改ざん証明のため電子署名法(2001年4月施行)で定められた特定認証業務の電子認証サービスと財団法人日本データ通信協会により認定された時刻認証業務によるタイムスタンプが必要となるものがあります。

 さらに最近重要になってきている企業のコンプライアンス(倫理法令順守)のためには、組織外の人による文書の偽造、改ざんだけでなく、組織内の人間自身による、文書の改ざんをも防止することが必要で、そのためには信頼できる第3者機関の発行したタイムスタンプなどを用いて文書を作成した日付を証明し、改ざんを防止する方法がもっとも有効となります。
このため電子文書に電子署名だけでなく、電子データの存在証明(「いつ」「どのようなデータ」が存在したかの証明)および完全性証明(その時から変更や改ざんがなかったかの証明)を可能にするタイムスタンプの付与、真正性の確保といった一貫した「e-文書法」対応ソリューションの構築が必要となります。


<お問合せ>

  • 株式会社 ハイパーギア 担当:小川
    住所:〒330-0851 埼玉県さいたま市大宮区櫛引町1-72-2
    TEL :048-654-2141 FAX:048-654-2142
    Mail:info@hypergear.com URL: http://www.hypergear.com
  • RSAセキュリティ株式会社 デベロッパ営業本部
    住所:〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-3-1 東京銀行協会ビルヂング
    TEL :03-5222-5210 FAX:03-5222-5270
    Mail:info-j@rsasecurity.com URL: http://www.rsasecurity.co.jp


HG/PscanServ, HG/PscanServProは株式会社ハイパーギアの商標です。
RSAはRSA Security Inc.の登録商標です。BSAFEは、RSA Security Incの米国およびその他の国における登録商標です。
(その他本資料に記載の商標は各社の商標です)


リリース文書PDF