電子文書のハイパーギア
PDF変換、OCR、QRコード、画面キャプチャ禁止

電子文書のハイパーギア  これからの電子文書
プライバシー | サイトマップ
お問い合せ
カテゴリー
PDFでできること
QRコードでできること
デジタル複合機でできること
情報を守るために
用語・法律・技術トレンド
株式会社ハイパーギア
株式会社ハイパーギアのメインページです。当社の製品情報やセミナー・展示会のお知らせなど、あなたのオフィスに快適な環境を提供する情報が満載です。

複合機(コピー機)による電子化

複合機(コピー機)による電子化
複合機、あるいはデジタル機とよばれる最近のコピー機は
書類のコピーを、スキャナでデジタルデータとして取り込み、
プリンタと同じ機能で、印刷してコピー機能を実現しています。
コピー機能だけではなく、スキャン機能、プリンタ機能なども
もっていますので、複合機(英語ではMulti Functional Printer, MFP)
とよばれています。
紙文書の電子化も、従来は専用のドキュメントスキャナーと
よばれる高価な機器を利用することが多かったのですが、最近は
オフィスのどこにでもある、この複合機で、大量の電子化を
行う事例が増えています。
特に最近の複合機は、スキャン速度も毎分50枚以上、
カラースキャンも可能な機器が増えてきて、TIFF/JPEGあるいは
単純なPDFでしたら、複合機自身で生成できるため、広く
使われています。
弊社のHG/PscanServPlusシリーズは、これらの複合機と
組み合わせて、企業の電子化に利用していただく使い方が
もっとも多く、リコー、富士ゼロックス、キヤノンをはじめ、
国内のほとんどの複合機と実績があります。
弊社のお客さまのなかには、数百万枚規模の電子化を
複合機(コピー機)でされている事例もあります。
しかし、複合機本体だけでは、OCRをかけた検索可能なPDFや、暗号化PDFなど
高度な電子化ができないか、できても高価になるので、
基本的な電子化を複合機でおこない、あとの処理は
PscanServと組み合わせるケースが多くなっています。

複合機(コピー機)による電子化
しかし、複合機による電子化のひとつの課題は、電子化された
文書を以下に検索しやすくするかです。
たとえば、電子ファイルの多くは文書管理システムではなく、
ファイルサーバにファイル名だけで管理されていることが
多いですが、キーボード操作が不得意な、複合機では、
検索に有効な意味のあるファイル名にすること自体、
非常にたいへんな作業になります。
HG/PscanServシリーズではこれらに対しても解決方法が
あります。電子文書のリネーム問題の項などを参照ください。

この機能は弊社の以下の製品で可能です。
  HG/PscanServPlus/Pro

よろしければ、こちらの項目もご参考までにご覧ください。
  マルチベンダー対応の電子化
  透明テキスト付きPDF
  配布制限PDF
  PDF暗号化
  高圧縮PDF(HC-PDF)
  マルチカラーPDF(MC-PDF)
  JPEG2000
  サーバによるPDF変換の利点
  電子文書のリネーム問題
  電子文書自動仕分け
  ペーパーレスFAX
  FAX自動仕分け
  エリアOCR(ゾーンOCR)

より詳しいプレゼンやデモにご興味ございますか?
  お問合せはこちらまで

前の記事へ   ホームに戻る   次の記事へ