電子文書のハイパーギア
PDF変換、OCR、QRコード、画面キャプチャ禁止

電子文書のハイパーギア  これからの電子文書
プライバシー | サイトマップ
お問い合せ
カテゴリー
PDFでできること
QRコードでできること
デジタル複合機でできること
情報を守るために
用語・法律・技術トレンド
株式会社ハイパーギア
株式会社ハイパーギアのメインページです。当社の製品情報やセミナー・展示会のお知らせなど、あなたのオフィスに快適な環境を提供する情報が満載です。

長期署名延長

長期署名延長

長期署名延長


電子署名もタイムスタンプも重要な技術ですが、
注意しなくてはならない点があります。
それが、有効期限です。
通常、電子署名は1、2年、タイムスタンプは10年が通常で
これを過ぎると無効になります。
有効期限が切れると、インターネット上でその証明をする
証明書がなくなり、有効であった期間の部分も証明できなくなります。
そこで、電子署名や、タイムスタンプの期限後も、
その証明に必要な証明書や失効リストなどを収集して、安全な形
で保存する必要があります。これが署名延長と呼ばれ、
RFC3126で規定されています。
日本でもECOMなどがこれによる相互運用テストを行っています。
弊社のHG/PscanServProはこのRFC3126に従った長期署名延長が
可能で、ECOMのテストに適合しています。
これにより、10年を超える電子文書の真正性確保を行うことができます。

この機能は弊社の以下の製品で可能です。
  HG/PscanServPlus/Pro

よろしければ、こちらの項目もご参考までにご覧ください。
  電子文書の真正性
  電子署名
  タイムスタンプ

より詳しいプレゼンやデモにご興味ございますか?
  お問合せはこちらまで

前の記事へ   ホームに戻る   次の記事へ