個別モジュール(for e-STUDIO)

PscanServ.exe[09/09/25 Rev1.3.0a]

【変更内容】
・"HGPscanMFP for e-STUDIO"の変換コントローラにて、
 「変換元ファイル設定」「変換対象外ファイル設定」で"移動する"に
 設定していても、移動先に移動されない不具合を修正いたしました。
 ※"そのまま残す"にしても削除されるのは"HGPscanMFP for e-STUDIO"
 の仕様となります。

 ※本機能が有効なのは、フォルダ監視ジョブ用のジョブ設定のみです。
   スキャンジョブ用のジョブ設定では非対応となります。
   (スキャンジョブ用のジョブ設定では"そのまま残す"にしてください)

【注意・制限事項】
適用対象バージョン:HGPscanMFP for e-STUDIO ver1.3
(コードワード版)

【ダウンロード・セットアップ方法】
 こちらからダウンロードして下さい。 

>>> PscanServ.exe[09/09/25] 

【パッチ適用方法】
1.ダウンロードしたファイルを解凍してください。
  以下の1つのファイルが抽出されます。
  ・PscanServ.exe
2.変換コントローラの監視を停止してください。
3.1で抽出した1つのファイルを、変換コントローラのインストール
  フォルダにコピーし、既存のファイルを上書きする形で
  更新してください。
  例)C:\Program Files\PscanServ
   ※Cドライブにインストールした場合です。
  Webサービス使用中は上書きに失敗することがありますので、その際は
  しばらく待ってから再度お試しください。
4.2で停止した変換コントローラの監視を開始してください。

2009年10月05日 10:25

Powerd by Movable Type3.121