個別モジュール(PscanSECURE)

有効期限付きPDFが越年で閲覧できなくなる障害 修正モジュール [2011/01/12]

【障害内容】
 弊社製品で生成した有効期限付きPDFファイルが、越年で表示した場合、
 有効期限内にも関わらず文書にカバーがかかり閲覧できない場合があります。

【発生条件】
  有効期限付きPDFの閲覧にあたり次の4つの条件が重なった場合に発生致します。
  1) Acrobat8.2/AdobeReader8.2以降で閲覧する
  2) 1) のPDFビューワのJavaScriptのグローバルオブジェクトセキュリティポリシーが
    有効になっている
  3) 年をまたがって有効期限付きPDFを利用(閲覧)している
  4) 年をまたがった有効期限付きPDFでファイル名が異なる複数ファイルを閲覧
    している
  
  但し、上記の条件でも、以下の場合には正しく動作致します。
  ① Webサーバーからの閲覧で、常に同一サーバーにある有効期限付きPDFを閲覧
    している
  ② 閲覧対象のファイルが常に同一パスの同一ファイル名である
  ③ 指定URLからのダウンロード禁止機能などの配布制限機能のみが設定されたPDF

【発生原因】
  Acrobat8.2/AdobeReader8.2以降のセキィリティポリシーが変更され、有効期限付きPDFの
  越年処理に必要な、前年度の閲覧履歴の削除機能が使用できなくなったためです。

【注意・制限事項】
 対象製品
 ・有効期限付きPDFを生成する機能を持つPscanシリーズ製品 
  PscanServPlus / PscanCAD / PscanSECURE / PscanPro / セキュアPDFサーバー

 ・PDF配布制限ツール、有効期限設定ツール


【パッチダウンロード・セットアップ方法】
 こちらからダウンロードしてください。
 >>> [修正パッチ] 


【パッチ適用方法】
 1.パッチインストールファイルの確認
  【ダウンロード・セットアップ方法】の[修正パッチ]からダウンロードを行い、
   解凍してください。
   TIFF2PDF.jar [ 2011/01/09 ]

 2.稼働中の変換サービスおよびアプリケーションの停止
  HGPscanシリーズの変換サービスまたは、画面起動によるアプリケーションが起動
  されている場合、サービスの停止または、アプリケーションの終了を行って下さい。
  1) 変換サービスが起動中の場合
    スタートメニュー→プログラム→ HGPscanXX *1) →サービスマネージャを選択し、
    起動されたサービスマネージャ画面の「停止」ボタンを押し、サービスを停止します。
    ※*1)製品ごとに表示名称が異なりますが、”HGPscanXXXX”で始まる名称となります。

  2) HGPscanシリーズの画面が起動されている場合
    起動されているHGPscanServシリーズが、監視実行中の場合、「監視停止」ボタンを押し、
    監視処理を停止します。その後、メイン画面で「アプリケーション」→「終了」を選択し、
    アプリケーションを終了します。

  3) その他アプリケーションが起動されている場合
     アプリケーションメニュー → 終了 で終了します。

 3.インストールフォルダにパッチを適用
  1.でご用意頂きましたパッチファイルを任意のフォルダに解凍頂き、解凍された、
  パッチファイルをPscanServシリーズのインストールフォルダの直下に、「上書きコピー」
  して下さい。

  インストールフォルダ(デフォルト) C:\Program files\Pscan**** )

  適用パッチファイル名 : TIFF2PDF.jar [2011/01/09]

 4.プログラム再起動と動作確認
  以上の手順で障害対応パッチの適用は完了となりますので、Pscan製品を
  起動し(サービス開始、又はプログラム起動)有効期限設定にて変換後の
  PDF閲覧に問題無いかご確認下さい。


***********************************************************************
【有効期限付PDF 閲覧不可解除ツール】
***********************************************************************
 有効期限付PDFが閲覧できない状態を解除するツールをご用意致しました。
 お手数をおかけ致しますが、次の手順でツールのダウンロードと実行を
 閲覧できないPC上で実施をお願いいたします。 

 <ツールのダウンロード>
  こちらからダウンロードしてください。
  >>> [閲覧不可解除ツール] 
 

 <ツールの使用方法>
  1.閲覧不可解除ツールの確認
    ダウンロードをしたファイルを任意のフォルダで解凍してください。
    HGResetGJS.exe [ 2011/01/12 ]

  2.Acrobat/AdobeReaderの終了
    Acrobat/AdobeReaderでPDFを閲覧されている場合、またWebブラウザで
    PDFを閲覧されている場合、それぞれのアプリケーションを終了して下さい。

  3. 1.で取得した閲覧不可解除ツール(HGResetGJS.exe)をダブルクリックし
    起動します。

  4. 閲覧不可解除ツール画面で、[実行]ボタンを押下し解除を行ないます。

  ※上記の手順で閲覧不可の状態が解除されますので、閲覧できなった
    PDFファイルが閲覧できる事を確認して下さい。


【その他】
  上記の対応後、閲覧出来ない事象が解消しない場合など、
  ご不明な点がございましたら、弊社サポートまでご連絡下さい。

2011年01月12日 19:05

【PscanSECURE】PscanServ.exe[09/11/20]

【変更内容】
・複数ディレクトリ出力設定時、出力先に
 OCR処理テキストファイルが出力される
 問題を改修しました。

【注意・制限事項】
適用対象バージョン:PscanSecure5.1

【ダウンロード・セットアップ方法】
 こちらからダウンロードして下さい。 
 >>> [PscanServ.exe パッチ] 
  
【パッチ適用方法】
ダウンロードしたファイルをServerインストールフォルダ
(デフォルト:C:\Program Files\HyperSECURE\)に
上書きします。

2009年12月21日 10:19

【PscanSECURE】PscanServ.exe 4.4.3a [09/06/04]

【変更内容】
 暗号化処理のみ行った場合に、CSV出力が正しくされない
 問題があり修正致しました。

【注意・制限事項】
適用対象バージョン:PscanSECUER 4.4.X
【ダウンロード・セットアップ方法】
 こちらからダウンロードして下さい。 
 >>> [PscanSECURE パッチ] 
 
【パッチ適用方法】
1.PscanSECUREを終了させてください。
2.ダウンロードしたファイルを解凍し、インストールフォルダ
 (デフォルト C:\Program Files\PscanSECURE)に既存の
 ファイルを上書きする形で更新してください。

2009年06月08日 09:45

MigrateSettings.exe[2009/05/14]

【変更内容】
 DRMセキュリティの画面キャプチャ制御部分の設定が
 画面上での設定と実際の処理内容が異なっており
 修正を行っております。

適用対象バージョン:PscanSECURE5.1.0 以上

【ダウンロード・セットアップ方法】
 こちらからダウンロードして下さい。 

 >>> [MigrateSettings.exe パッチ] 
 
 ※ 4.X 以前の環境には、適用出来ません。ご注意下さい。

【パッチ適用方法】
1.PscanSECUREを終了させてください。
2.ダウンロードしたファイルを解凍し、PscanSECURE のインストールフォルダ
 (デフォルト C:\Program Files\PscanSECURE)にコピーし、
 既存のファイルを上書きする形で更新してください。

2009年06月08日 09:34

HGVPMon.exe[2009/05/15]

【変更内容】
 特定のファイル名のXDW文書を変換した場合に
 印刷ジョブ名が文字化けする為に変換エラー
 となっておりましたが、文字化けを置換する
 ことで正常に処理されますよう修正を行って
 おります。

【注意・制限事項】
適用対象バージョン:PscanSECURE/PscanServPlus/Pro 4.X

【ダウンロード・セットアップ方法】
 こちらからダウンロードして下さい。 
 >>> [HGVPMonパッチ] 
  
【パッチ適用方法】
1.PscanServの監視を停止してください。
2.PscanServを終了させてください。
3.コントロールパネル/管理ツール/サービス/
  HG/VPrinter Monitor Service を停止してください。
4.ダウンロードしたパッチをPscanServ のインストールフォルダ内の
 下記フォルダにコピーし、
 (デフォルト C:\Program Files\PscanServ\HGVPrinter\monitor)
 既存のファイルを上書きする形で更新してください。
5.3.のサービスを再起動してください。
6.PscanServを起動し、動作ご確認ください。

2009年06月08日 09:28

MigrateSettings.exe[2009/03/09]

【変更内容】
・特定の環境で有効期限が1日で設定されてしまう現象が
 あり修正を行っております。

適用対象バージョン:PscanSECURE5.1.0 以上

【ダウンロード・セットアップ方法】
 こちらからダウンロードして下さい。 

 >>> [MigrateSettings.exe パッチ] 
 
 ※ 4.X 以前の環境には、適用出来ません。ご注意下さい。

【パッチ適用方法】
1.PscanSECUREを終了させてください。
2.ダウンロードしたファイルを解凍し、PscanSECURE のインストールフォルダ
 (デフォルト C:\Program Files\PscanSECURE)にコピーし、
 既存のファイルを上書きする形で更新してください。

2009年05月11日 14:57

【PscanSECURE】障害対応モジュール[09/02/18]

【変更内容】
 Vista/Windows2008環境にて起動した場合、
 アカウントのUAC(UserAccount Control)の制約を受け
 正常に起動ができない場合があり、下記の対応と併せ
 適用頂くことで正常に起動致しますよう修正致しました。

 弊社サーバソフトウェアは、基本的に管理者権限ユーザにて
 インストールしご利用を頂く事を前提としておりますが、
 対象O/Sが、Windows Vista / Windows 2008Server環境におき
 ましては、Vista以降のOSに搭載されておりますUAC(User
 Account Control)の制約を受ける部分がございまして、
 Vista/Windows2008ではビルドインアドミニストレーターの
 ユーザにてインストール、ご利用頂く事を推奨しております。
 つきましては、その制限事項も含めご説明させて頂きます。
 1.ビルドインアドミニストレーター アカウントでのご利用の場合
  この場合、ご利用時にUACの制約のために、別途何らかの設定を
  頂く必要はございません。
 2.ビルドインアドミニストレーター以外の管理者権限アカウント
  でのご利用の場合
  管理者権限を持ったアカウントでございますのでインストールと
  ご利用は可能でございますが、いくつか設定を頂く必要が
  ございまして、次の2つの対応方法より何れかを実施頂きたいと
  思います。
 【対応方法1】
  1)ローカルセキュリティポリシーの設定  
   ①「コントロールパネル」→「管理ツール」→「ローカル
     アカウントポリシー」を選択し実行します。
   ②「ローカルポリシー」の「セキュリティオプション」を開き
     次のユーザアカウント制御を行います。
     ・ユーザアカウント制御:管理者承認モードでの管理者に
                対する荘各自のプロンプトの動作
      →「確認を要求しないで昇格する」に設定しOKを押します
  2)ご利用時の制限事項
   1)のポリシー設定でソフトウェアの基本動作としては実施可能に
   なりますが、設定画面表示の高速化および対象ファイルの自動印刷
   機能モジュールの起動をWindowsログオン時のスタートアップにて
   実施しており、この起動アプリは、UAC機能が有効な状況では、
   Windowsによってブロックされてしまいます。
   従いまして、上記の機能をご利用頂く場合には、手動でスタート
   メニューのスタートアップより起動頂く必要がございます。
   ※自動印刷機能をご使用にならない場合には、他の機能に影響は
    ございませんので必ずしも起動頂く必要はございません。
 【対応方法2】
  1)ユーザアカウント制御の無効化
   ①「コントロールパネル」→「ユーザアカウント」を選択し実行
     します。
   ②「ユーザアカウント制御の有効化または無効化」を選択します。
   ③"□ ユーザアカウント制御(UAC)を使ってコンピュータの保護に
    役立てる"チェックボックスをOFFに設定してOKを押します。
  ※ご注意:この設定を行う事でログオンユーザにおけるユーザアカ
       ウント制御機能(UAC)が解除されるため、承認、警告など
       制約を受ける事はなくなりますが、Vista/Windows2008の
       本来のユーザアカウント保護機能が無効になります。

【注意・制限事項】
適用対象バージョン:PscanSECUER 5.1.0以上

【ダウンロード・セットアップ方法】
 こちらからダウンロードして下さい。 
 >>> [PscanSECURE パッチ] 
 
【パッチ適用方法】
1.PscanSECUREを終了させてください。
2.ダウンロードしたファイルを解凍してください。
  1)PscanServAS.exe
  2)hgSvcMan.exe
  3)HGPrintController.exe
  4)GetLanID.exe
  5)HGPscanSupport.exe
3.解凍したファイルで、1)~4)をPscanSECURE の
  インストールフォルダ
 (デフォルト C:\Program Files\PscanSECURE)にコピーし、
 既存のファイルを上書きする形で更新してください。
  5)は、\supportTool フォルダ下に、依存のファイルを
  上書きする形で更新してください。

2009年02月27日 20:44

【PscanSECURE】障害対応モジュール 2007/11/22

【変更内容】
暗号化処理において、処理高速化の為、作業フォルダを介さず、
直接出力先に暗号化ファイルの出力を行っていた為、 出力ファイル
を監視し取得するアプリ等を使用の場合にエラーが発生していた問題を
解消いたしました。

【ダウンロード・セットアップ方法】
 こちらからダウンロードして下さい。 
 >>> [PscanSECURE パッチ] 
 
【パッチ適用方法】
1.PscanSECUREを終了させてください。
2.ダウンロードしたファイルを解凍してください。
3.解凍したファイルをPscanSECURE のインストールフォルダ
 (デフォルト C:\Program Files\PscanSECURE)にコピーし、
 既存のファイルを上書きする形で更新してください。

2007年12月07日 19:12

Powerd by Movable Type3.121