07Ver3.5

Ver3.5.4アップデータ

【変更内容】
・2004/10/13 Ver 3.5.1
1.仮想プリンタ変換時のアプリケーションデータ変換処理速度を向上させ、ファイル
  サイズを削減しています。
2.変換ジョブの開始日時を指定する機能を追加しています。
3.ログ出力の際、最新の指定行数のみを保存する機能を追加しています。
4.有効期限設定のURL固定指定で、FTPプロトコル(ftp://)を指定可能にしています。
5.仮想プリンタ経由でアプリケーションデータを変換する場合、グレースケール変換、
  モノクロ変換等のカラーモード指定機能を追加しています。
6.仮想プリンタ経由のアプリケーションデータ変換で拡張子 *.C の変換が出来ない
  問題を解消しています。
7.サムネイル文書管理において、サムネイル画像やアイコンファイルが Mac/OS上で
  表示されない問題を解消しています。(Pro版のみ)
8.Visio2002動作環境で Visioデータが正しく変換できない問題を解消しています。

・2005/01/05 Ver 3.5.2
1.ヘッダー・フッターのタイムスタンプ指定で、日本語書式を含む形式と半角英数の
  書式を同時に指定した場合に、日本語書式が文字化けする問題を解消しています。
2.サムネイル文書管理のMac対応版で、MacOS9のブラウザ(I/E5.0)で文書一覧の
  表示ができない問題を解消しています。

・2005/02/02 Ver 3.5.3
1.WindowsXPおよびWindows2000のWindows Update[2005/01以降]を実施すると、
  HASPプロテクトキー(USB)が、認識できなくなる場合があり、その対応を
  行っております。

・2005/02/24 Ver 3.5.4
1.オプションのフッタ・ウォータマーク設定でCSVファイル取り込みを可能にして
  います。
2.CSV出力項目として、変換元ファイルのフルパス名を出力可能にしています。
3.有効期限設定において変換日からの通算日数を有効期限として設定する事を可能に
  しています。
4.ヘッダ、フッタ設定テキストの複数行指定を可能にしています。
5.ファイル分割の方法として「指定ページ分割」の機能を追加しています。
6.PowerPointデータ変換条件としての「用紙サイズ合わせ」の変換を可能にしてい
  ます。
7.アプリケーション変換においてモノクロ出力を指定した場合に、2値化する閾値の
  関係で黒くなってしまう部分がある問題を解消しています。

【注意・制限事項】
・本アップデータは、Ver3.5.1 以降のインストール環境へのアップデータ(差分)
 ファイルになりますので、Ver3.5.1以前のバージョンへ適用しても正常に動作
 が行えません。
【ダウンロード・セットアップ方法】
 こちらからダウンロードして下さい。  >>> [PscanServ Plus Ver 3.5.4 アップデータ] 
                        >>> [PscanServ Pro Ver 3.5.4 アップデータ]  
<セットアップ方法>
1)インストール対象のPCを再起動して下さい。
2)ダウンロードした次のアップデータファイルを実行して下さい。
   PscanServ Plus  :SRVPLUS354.EXE
   PscanServ Pro   :SRVPRO354.EXE
3)入力エリアに、任意の一時的なインストール作業フォルダ名を入力して
       「OK」ボタンを押し、指示に従ってインストールして下さい。

2005年02月24日 23:00

Ver3.5.4

1.オプションのフッタ・ウォータマーク設定でCSVファイル取り込みを可能にして
  います。
2.CSV出力項目として、変換元ファイルのフルパス名を出力可能にしています。
3.有効期限設定において変換日からの通算日数を有効期限として設定する事を可能に
  しています。
4.ヘッダ、フッタ設定テキストの複数行指定を可能にしています。
5.ファイル分割の方法として「指定ページ分割」の機能を追加しています。
6.PowerPointデータ変換条件としての「用紙サイズ合わせ」の変換を可能にしてい
  ます。
7.アプリケーション変換においてモノクロ出力を指定した場合に、2値化する閾値の
  関係で黒くなってしまう部分がある問題を解消しています。

このバージョンの最終のバージョンは
Ver3.5.4アップデータです。

2005年02月24日 00:00

Ver3.5.3

1.WindowsXPおよびWindows2000のWindows Update[2005/01以降]を実施すると、
  HASPプロテクトキー(USB)が、認識できなくなる場合があり、その対応を
  行っております。

このバージョンの最終のバージョンは
Ver3.5.4アップデータです。

2005年02月02日 00:00

Ver3.5.2

1.ヘッダー・フッターのタイムスタンプ指定で、日本語書式を含む形式と半角英数の
  書式を同時に指定した場合に、日本語書式が文字化けする問題を解消しています。
2.サムネイル文書管理のMac対応版で、MacOS9のブラウザ(I/E5.0)で文書一覧の
  表示ができない問題を解消しています。

このバージョンの最終のバージョンは
Ver3.5.4アップデータです。

2005年01月05日 00:00

Ver3.5.1

1.仮想プリンタ変換時のアプリケーションデータ変換処理速度を向上させ、ファイル
  サイズを削減しています。
2.変換ジョブの開始日時を指定する機能を追加しています。
3.ログ出力の際、最新の指定行数のみを保存する機能を追加しています。
4.有効期限設定のURL固定指定で、FTPプロトコル(ftp://)を指定可能にしています。
5.仮想プリンタ経由でアプリケーションデータを変換する場合、グレースケール変換、
  モノクロ変換等のカラーモード指定機能を追加しています。
6.仮想プリンタ経由のアプリケーションデータ変換で拡張子 *.C の変換が出来ない
  問題を解消しています。
7.サムネイル文書管理において、サムネイル画像やアイコンファイルが Mac/OS上で
  表示されない問題を解消しています。(Pro版のみ)
8.Visio2002動作環境で Visioデータが正しく変換できない問題を解消しています。

このバージョンの最終のバージョンは
Ver3.5.4アップデータです。

2004年12月24日 00:00

コメント (0)

Powerd by Movable Type3.121