05Ver3.7

Ver3.7.2アップデータ

【変更内容】
・2005/12/05 Ver3.7.1
1.Microsoft 社製のJavaVMを使用したモジュールを全て
  Sun MicroSystems社製JavaVMを使用するモジュールに
  移行する事により、Microsoft JavaVMサポート期間の問題
  や、VM依存のセキュリティホール等の問題を解消しております。
2.OCRエンジンとしてメディアドライブ社製のOCR Ver5.0を搭載
  しており、これまでのエンジンと比較すると日英混在等の認識率
  が向上しています。
3.画像データのPDF変換において変換、画像加工等の2次変換が
  含まれない場合は、より高速に変換する事を可能にしております。
4.変換条件設定のプログラム(設定部)と変換処理実行プログラム
  (コントローラ部)を分離する事により変換処理の高速化を実現
  しています。
5.Windowsログオフ状態でHTML変換ができない問題を解消して
  います。
6.特定のPDFデータで有効期限/URL固定が設定できない問題を
  解消しています。
7.アプリケーションを起動して仮想プリンタを指定した印刷による変換
  を、複数同時に実行した際に変換されないファイルがある問題を
  解消しています。
8.削除権限はあるが、フルコントロールアクセスできない監視フォルダ
  (例えばLinux系NASの共有フォルダなどになります)をご使用の
  場合に、監視フォルダに対して変換後に変換元ファイルを削除でき
  ない問題を解消しています。
・2005/12/26 Ver3.7.2
1.(株)OSK社製 Visual Finder との連携動作において、
 相互のアプリケーション間で変換作業が正常に行えない
 問題を解消しています。

【注意・制限事項】
・本アップデータは、Ver3.6.1 以降のインストール環境へのアップデータ(差分)
 ファイルになりますので、Ver3.6.1以前のバージョンへ適用しても正常に動作
 が行えません。

【ダウンロード・セットアップ方法】
 こちらからダウンロードして下さい。 
 >>> [PscanServ Plus Ver 3.7.2 アップデータ] 
 >>> [PscanServ Pro Ver 3.7.2 アップデータ]
  
<セットアップ方法>
1)インストール対象のPCを再起動して下さい。
2)ダウンロードした次のアップデータファイルを実行して下さい。
   PscanServ Plus  :SRVPLUS372.EXE
   PscanServ Pro   :SRVPRO372.EXE
3)入力エリアに、任意の一時的なインストール作業フォルダ名を入力して
  「OK」ボタンを押し、指示に従ってインストールして下さい。

※Java実行環境(JRE) 1.4.2以上のインストールが必要です。
  http://java.sun.com/j2se/1.4.2/ja/download.html

2005年12月27日 15:30

Ver3.7.2

2005/12/26 Ver3.7.2
【変更内容】
1.(株)OSK社製 Visual Finder との連携動作において、
 相互のアプリケーション間で変換作業が正常に行えない
 問題を解消しています。

このバージョンの最終のバージョンは
Ver3.7.2アップデータです。

2005年12月27日 15:15

Ver3.7.1

2005/12/05 Ver3.7.1
【変更内容】
1.Microsoft 社製のJavaVMを使用したモジュールを全て
  Sun MicroSystems社製JavaVMを使用するモジュールに
  移行する事により、Microsoft JavaVMサポート期間の問題
  や、VM依存のセキュリティホール等の問題を解消しております。
2.OCRエンジンとしてメディアドライブ社製のOCR Ver5.0を搭載
  しており、これまでのエンジンと比較すると日英混在等の認識率
  が向上しています。
3.画像データのPDF変換において変換、画像加工等の2次変換が
  含まれない場合は、より高速に変換する事を可能にしております。
4.変換条件設定のプログラム(設定部)と変換処理実行プログラム
  (コントローラ部)を分離する事により変換処理の高速化を実現
  しています。
5.Windowsログオフ状態でHTML変換ができない問題を解消して
  います。
6.特定のPDFデータで有効期限/URL固定が設定できない問題を
  解消しています。
7.アプリケーションを起動して仮想プリンタを指定した印刷による変換
  を、複数同時に実行した際に変換されないファイルがある問題を
  解消しています。
8.削除権限はあるが、フルコントロールアクセスできない監視フォルダ
  (例えばLinux系NASの共有フォルダなどになります)をご使用の
  場合に、監視フォルダに対して変換後に変換元ファイルを削除でき
  ない問題を解消しています。

このバージョンの最終のバージョンは
Ver3.7.2アップデータです。

2005年12月22日 18:26

コメント (0)

Powerd by Movable Type3.121