2Ver5.X

<< Ver5 アップデート情報 >>

バージョンアップと障害対応パッチ情報です。
各対応内容をご確認頂き、適用をお願い致します。
------------------------------------------
【バージョンアップデータ情報.】
  マイナーバージョンアップのアップデータは、次のものになります。
  [2013/11/01] PscanServPlus Ver5.4.8a アップデータ
  [2013/09/13] PscanServPlus Ver5.4.8 アップデータ
  [2013/01/31] PscanServPlus Ver5.4.6 アップデータ
  [2012/08/28] PscanServPlus Ver5.4.2b アップデータ
  [2012/04/12] PscanServPlus Ver5.3.8ag アップデートパッチ
  [2011/09/01] PscanServPlus Ver5.3.8 アップデータ
  [2010/11/29] PscanServPlus Ver5.3.5 アップデータ
  [2010/08/12] PscanServPlus Ver5.3.3 アップデータ
  [2008/07/23] PscanServPlus Ver5.3.1 アップデータ
  [2009/10/11] PscanServPlus Ver5.2.1 アップデータ
  [2009/08/07] PscanServPlus Ver5.1.11 アップデータ
 
 
【障害対応パッチ情報】
  ≪アプリケーション変換 関連≫
  [2013/08/29] xdw変換時、円の線が一部描画されずに欠落して線が細くなる
  [2013/08/12] 幾何公差内の文字の先頭に、スペースがあると、文字印字位置がずれる
  [2013/07/31] 寸法値(マルチテキスト)の末尾にスペースがある場合、文字印字位置がずれる
  [2013/07/18] XDW文書をPDFに変換する際、下線が正しく表示されない。幅が細い枠線が2重になる。
  [2013/04/18] AutoCAD Mechanicalにてバルーン・注記作図が行われた図形が、塗りつぶされない
  [2013/04/05] Acrobat6.0 Pape rCapture で保存された一部のクリアライトPDFで、印刷時のみ表示するウォーターマークが表示されない
  [2012/08/08] Excel文書中の取り消し線が、変換後PDFに出力されない
  [2012/08/21] dwgデータ変換時、線幅を指定する設定のデフォルト値を「最小線幅」から「CADに従う」に変更いたしました
  [2012/08/06] 一部のマルチ引出線を含むデータを変換した際にフリーズする場合がある
  [2012/08/06] プロキシオブジェクトが出力されない(座標飛び)場合がある
  [2012/07/30] Server2003及び2008環境にてWord文書を変換する際、「ゴシック」の文字が画像化される
  [2012/06/21] 背面のオブジェクトの線が前面に表示されてしまう場合がある
  [2012/06/04] 影つきテキストボックスが本来描画順よりも背面に描画されてしまう
  [2011/11/28] PPT文書内に貼り付けられたオブジェクトが正しく表示されない
  [2011/09/12] 中国語フォント指定の日本語半角カナを含むWord文書を変換した際に文字が2重に印字される
  [2011/08/26] Office2007環境てマクロ付文書をマクロを無効にして変換してもエラーとなる
  [2011/07/21] 「Tahoma」のフォントで記述されたマイナス表記の「▲」が文字化けする
  [2011/07/05] 画像を含むアプリケーションデータをモノクロ・グレースケールへ変換した場合
            にエラーとなる
  [2011/07/05] Server2000環境で、Office文書を変換した際、文字の印字位置がずれる場合がある
  [2011/06/17] Office文書変換で「画像処理エラー(画像データがありません)」のエラーが発生する
  [2011/06/08] タイムアウトエラー処理後にスプールデータが残留した場合に、該当データを正しく
            変換できない(Ver5.3.5d)
  [2011/05/23] 「修正箇所の表示」の警告が表示されるWORD文書を変換した際に"SPLデータが
            2GBを超えた"エラーとなる
  [2011/03/24] Office文書変換時、画面解像度によっては文字の印字位置がズレる
  [2011/02/09] 一太郎文書やrtf文書が、サービス起動の際に変換エラーとなる
  [2011/01/31] 仮想プリンタへの印刷による変換の際に、作業フォルダに一時ファイルが残留する
  [2011/01/20] グラフ内に網掛けを含むXDWデータを変換した際、網掛け部分が表示されない
  [2011/01/31] Office文書変換時、タイミングにより不定期に変換エラーが発生する
  [2011/01/12] Server2008R2(64bit)環境のOffice文書変換で警告ダイアログ表示されエラーとなる
  [2010/12/09] Server2008 R2(x64)環境でCドライブ直下に、HGVPRINT.LOG変換の都度出力される
  [2010/12/03] 複数シートのExcelデータにて出力のタイミングにより全てのシートが出力されない
  [2010/12/01] Windows Vista,Windows Server2008、Windows 7上でサービス起動してEXCEL文書を
            「ブック全体」で変換してもアクティブシートが変換される
  [2010/09/29] Word内の文字列の印字位置が、90度回転かつ中央揃えの場合、ズレが発生する
  [2010/08/18] 「その他の形式」として登録したデータがタイムアウトした場合に何度も繰り返し
            変換が実行される
  [2010/08/04] 設定したタイムアウト時間でタイムアウトエラーとならず10分後にタイムアウトする
            (5.3.1s)
  [2010/07/02] 画像として出力する設定でOffice文書のアプリ起動ができずエラーが発生する
  [2010/06/11] WORD文書内に貼り付けたVisioデータで網掛けが消えてしまう
  [2010/06/11] 保護ページのあるWORDデータの変換でエラーとなる
  [2010/06/03] 一太郎文書の変換で、WordやExcelが貼り付けられたシートが変換されない
  [2010/05/06] アプリPDFを「OCR有効かつ再構成しない」条件で変換した場合にサイズが増加する
            (5.3.1k)
  [2010/06/03] OCRBフォントを含むアプリPDFをフォント埋込み設定した場合に、タイムアウトエラー
            となる場合がある
  [2010/05/10] Wordに張付けられたVisioデータ内で文字化け、欠落する場合がある
  [2010/04/22] 64bit動作環境で監視中にメモリ使用量が増加しログインできなくなる
  [2010/04/07] 背景ページが1つだけ存在するVisioデータの変換でエラーとなる
  [2010/04/07] 半角カナを含むファイル名の変換でエラーとなる
  [2010/03/26] EXCELデータで元データにない矩形がPDFに出力される場合がある
  [2010/03/26] 折れ線グラフを貼り付けたWrodデータを600dpiで変換した場合にエラーとなる
  [2010/02/23] Visioデータに依存してPDF変換後に容量が大きくなる
  [2010/01/13] 折れ線グラフを含むExcelを高解像度で変換した場合に、タイムアウトエラーとなる
  [2010/01/07] 文字列が右揃えや中央揃えの指定が行われていた場合に、位置ズレが発生する
  [2009/11/26] タイムアウトするデータを変換後に、起動したアプリケーションを終了できない
  [2009/11/10] Word内の数式エディタで作成したπの文字が文字化けする
  [2009/10/13] Office2003環境で、PPT変換を連続して320件変換するとタイムアウトエラーとなる
  [2009/10/12] PSファイルを、拡張子登録にて変換した場合に印刷方向が縦固定となる
  [2009/07/24] Acrobat9がインストールされた環境で、AdobePDFでアプリケーション変換する
            指定をしたの場合に、AdobePDFのオプションが変更できなくなる
  [2009/07/17] タイムアウトエラー後に、対象ファイルを削除できない場合がある(5.1.6f)
  [2009/07/17] アプリケーション変換時エラー発生後、連続的に変換エラーが発生する(5.1.6f)
  [2009/07/07] 印刷スプールデータが2GBを超えた場合のエラーがわからない
  [2009/06/17] EXCELデータにASCIIコード以外の1Byte文字が含まれていた場合に文字化けする
  [2009/05/29] Visioのフィールドにファイル名を出力する設定をした場合、正しく出力されない
            場合がある
  [2009/05/28] EXCELデータの変換において、一部分が欠ける
  [2009/05/28] Office文書の変換で、線、グラフィックなど色が元データ異なる場合がある
  [2009/03/30] 商標登録マーク(○にR)など、Shift-JISコードに無い文字が化けてしまう
  [2009/02/06] CAD図面を貼り付けたWORD文書を変換すると不要な画像が表示される
  [2009/01/16] EXCELの選択シートを変換する時、印刷解像度が異なるシートが変換されない
  [2009/01/21] ファイル名に(%)を含む場合、変換エラーとなる
  [2009/01/21] Wordの文書中にExcelを貼付けたデータがサービスモードでエラーとなる
  [2008/12/19] Office2000環境において、一部データで不要なデータが出力されてしまう
  [2008/11/18] パワーポイント2007で一部の描画オブジェクトが欠落する 
  [2008/10/15] Visio2003、Visio2007で、文字が画像として出力される
  [2008/10/07] WORD文書をPDF変換した際に拡張メタデータ内の文字がズレる
  [2008/09/10] WORD文書のPDF変換で、特定のデータでは文字位置がズレる
  [2008/08/14] EXCELデータの変換後、画面のマウス操作ができなくなる
  [2008/08/22] EXCELのセルの書式設定にて"\"を表示した場合に文字化けする
  [2008/07/18] EXCELデータの連続変換で、"0"ByteのEMFが出力されエラーとなる
 
 
  ≪画像データ変換 関連≫
  [2013/05/29] 傾き補正の設定で変換すると、一部画像データでモアレが発生する
  [2013/04/05] クリアライトPDFで、印刷時のみ表示するウォーターマークが表示されない
  [2013/03/08] Acrobatで回転したPDFに、印刷時のみ出力するウォーターマークを設定すると、位置が左上にずれる
  [2012/07/12] 縦解像度が横解像度より小さいカラー画像PDFが縦に潰れて変換される
  [2012/06/28] LZW圧縮形式で、かつ32Bitカラー形式の画像データを変換した際、画像が乱れる
  [2012/04/20] PscanServ4.xでPDFデータを変換した際に画像処理エラーとなる
  [2011/10/21] PDF内の画像がJBIG2形式で圧縮されている一部のPDFをTIFFへ変換時、ページが白黒反転する
  [2011/10/20] 傾き補正の設定をOFFにしても、傾き補正の処理が実施される
  [2011/12/14] 一部のアプリPDFをレイヤ形式のOCR設定にて変換時、文字の色が変わってしまう
  [2011/09/12] モトローラ形式のTIFFの変換に時間がかかる
  [2011/07/26] OCR認識による分割とOCRによる自動正立を併用すると正立できない
  [2011/02/04] セキュリティの付与と併せて276分割を超える分割処理を行うとエラーとなる
  [2010/11/22] YCbCr形式のJPEG圧縮TIFFをPDF変換した際に、画像が乱れる
  [2010/10/13] TIFF画像のPDF変換で画像処理エラーとなる場合がある
  [2010/05/26] 回転情報を含む高圧縮PDFが、OCR処理されない
  [2009/06/21] 水平、垂直の解像度が異なるTIFF画像の場合、縦に伸びた状態で変換される
  [2009/01/21] PDFに画像のウォーターマークを付加する場合、画像が指定サイズと異なる
  [2008/07/15] リコー製MFPより出力されるクリアライトPDFが正しく変換できない
 
 
  ≪PDFデータの再変換 関連≫
  [2012/09/26] 添付ファイルオプションによるファイル添付で、同じファイルが2つ添付される
  [2012/08/07] 弊社製品で作成したPDF以外のOCR付きPDFを変換した場合、閲覧時にエラーとなる
  [2012/07/27] 変換元ファイルを移動する設定でQR振分けを行った際、ディレクトリ名の文字列が
            取得できないエラーとなる
  [2012/07/30] 分割するページを指定する分割方法で変換した際に分割できない
  [2011/07/06] "EFI Cyclone"で作成したPDFを変換する際に一部のページが真っ黒になる
  [2011/06/08] 文字列長"0"の情報を含むPDFを、AES暗号化変換したPDFをAcrobat7~Acrobat9で
            正しく表示できない
  [2011/05/31] "Aspose.PDF.Kit for .NET"にて作成されたPDFに配布制限を付与した場合に変換
            に失敗する
  [2011/04/08] PDFファイルを結合した際、結合後のPDFをAcrobatで再保存できない場合がある
  [2011/03/30] ページサイズ情報が取得出来ないPDFの変換時に解析エラーで「PDF変換処理
            エラー」となる
  [2010/12/22] PDF内のカラー画像の縦横の解像度が異なる場合に、正しいサイズを取得できない
  [2010/09/16] ウォーターマークの設定で、テキスト形式にて文字列がデフォルトに戻る
  [2010/09/13] 一時INIファイルを変換時に生成して処理後に削除されず残る場合がある
  [2010/09/09] タグ付きPDFをウェブ最適化「有効」の設定で変換した場合にサイズが大きくなる
  [2010/10/18] PDF書式が正しくないPDFがAES128bitセキュリティ設定で不正なPDFとなる
  [2010/09/29] 結合処理でプリンタへ印刷してPDF変換した場合に、ファイル名がOUT_BINDとなる
            (5.3.3f)
  [2010/08/25] アプリケーションPDFにOCR処理した場合に、画像処理エラーとなる
  [2010/07/07] アプリケーションPDFをOCR処理且つ再構成しない設定で変換した場合に変換エラー
            となる
  [2010/06/11] bizhub200から出力されたPDFが全てエラーで変換できない
  [2010/06/11] しおり情報をAcrobatで変更したPDFを、変換すると変更前のしおりが設定される
  [2010/05/06] CSVでしおり設定した場合、複数ファイルの連続変換でファイル単位にズレる(5.3.1k)
  [2010/06/02] 多量のしおりを含むPDFを結合した際に、結合エラーとなる
  [2009/08/06] ウォーターマークの白抜き文字が点線で出力される場合がある
  [2009/09/04] PDFデータにおいてタイムスタンプが設定できない場合がある
  [2009/05/28] 1GBを超えるような大容量PDFで正しく最適化処理が行えない場合がある
  [2009/03/30] PDF内部の情報に、存在しないオブジェクトを参照する設定がある場合、ファイル
            分割でエラーとなる
  [2009/03/30] ウォーターマーク画像の高さのミリメートル単位指定がポイント単位となっている
  [2009/02/06] 無効なリンクが含まれるPDFをファイル結合した場合にエラーとなる
  [2008/11/17] ページサイズカウントオプション機能で、出力結果が出力されない
  [2008/10/07] スタンプ付けしたPDFを結合変換した際、PDF表示できない
  [2008/09/09] PDFファイルを結合変換した際、結合後のPDFをAcrobatで開けない
  [2008/08/01] 文書構造が圧縮されたPDFについて、有効期限/URL固定のカバーがかからない
 
 
  ≪OCR/バーコード認識処理 関連≫
  [2013/07/22] QRの先頭/末尾が*の場合、認識した結果をQRに出力した際に、先頭/末尾の*が欠落する
  [2012/03/13] 複雑で不規則な画像パターンを含むデータで処理が進まない
  [2011/10/17] QR分割の設定で、エリア指定をした場合にリネーム・フォルダ振り分けが出来ない
  [2011/01/24] アプリPDFの画像化+OCR認識時に先頭ページしかOCR処理されない(5.3.3L)
  [2010/11/22] 枠線に囲まれた文字が、画像領域と判定されOCR処理されない
  [2010/06/01] 特定のカラースペースを含むPDFをOCR処理したPDFが開けない場合がある
  [2010/03/02] QR自動正立とQR認識エリアを同時指定した場合、指定場所以外のQRも認識する(5.2.1f)
  [2010/01/18] 自動正立と併せてOCRの設定を行うと特定のデータでOCR処理されない
  [2009/12/30] エリアOCR認識と画像自動正立を同時指定した場合に、認識結果が出力されない
  [2009/12/20] カラー画像のバーコードエリア認識で、2値化する閾値が指定できない
  [2009/10/08] OCR認識結果をXLS出力した場合に、XLSを開くとエラーとなる場合がある
  [2009/09/09] 罫線を含む画像のOCR認識結果をXLSに出力した場合、罫線が出力されない
  [2009/09/07] OCR認識において「英語認識モード+罫線除去」の条件でOCR処理されない
  [2009/07/10] QRコードの黒い部分に白ノイズ(虫食い)が多い場合に、QR認識できない
  [2009/03/06] 日英混在モードで、縦書きOCRの認識ができない
  [2008/09/01] QRコード認識/分割処理において、認識エラーが頻発する
 
 
  ≪出力ファイル名/振分け 関連≫
  [2013/08/12] 出力先設定で「ファイル名をサブフォルダ名に使用」した場合、分割結果が連番に付与されない
  [2013/07/22] 変換対象外ファイルを指定のフォルダに指定する際、「出力先と同じディレクトリ構成とする」を設定すると、指定フォルダ直下に出力される
  [2013/07/10] 監視フォルダ下、サブフォルダ内の隠しフォルダに変換大小ファイルを投入した場合、不正に変換されてしまう
  [2013/05/31] QR認識により文字列を取得できなかった場合、出力先サブフォルダを指定する機能が正しく動作しない
  [2013/04/30] QR認識結果をCSVとして扱いn番目の項目を利用する設定が、設定を閉じると1番目に戻ってしまう
  [2012/10/22] hgctrlファイルを使用した結合処理が、正常に動作しない
  [2011/07/26] 複数のJOBで異なる分割方法が設定されている環境で、分割方法の設定が不正に変更されてしまう
  [2011/07/26] QR認識結果をファイル名にする指定で、全ページを認識し処理が遅くなる
  [2011/06/09] QR認識結果により出力先を振分ける際、サブフォルダのみ作成されサブフォルダ
            に出力されない(Ver5.3.7a)
  [2011/01/31] ファイル数の制限値を超えるなどファイル保存できない場合でもエラーに
            ならない(5.3.5a)
  [2010/12/17] QRコード認識結果を出力先フォルダ名、出力先ファイル名に指定で分割処理した
            場合に名称が正しくない(5.3.1x)
  [2011/12/17] 変換時の一時ファイルが残留した場合に、一時ファイル数の上限値を超えた場合に
            変換結果が出力されない(5.3.1v)
  [2010/12/13] PDF文書属性情報をCSVに出力する場合、「タイトル」が指定されていないとCSV
            ファイルが出力されない
  [2010/08/02] 「ファイル分割で認識した文字列」を画面で設定中に設定がデフォルト値に戻る
  [2010/01/08] コントロールファイル(hgctrl)の変換で、その後の変換が全て対象外として処理
            される(5.2.1c)
  [2010/01/08] コントロールファイル(hgctrl)の変換で、"."を含むファイル名の場合に、"."以降
            の名称がファイル名にならない(5.2.1c)
  [2009/09/01] QR認識結果でフォルダ振分する時、既存フォルダ検索するように指定しても出力先
            直下に出力される(5.1.11d)
  [2009/01/08] QR認識結果でフォルダ振分する時、既存フォルダ検索するように指定しても出力先
  [2008/12/16] ファイルの結合指定時、出力ファイル名の指定が有効にならない
 
 
  ≪セキュリティ設定 関連≫
  [2013/04/02] タイムスタンプ設定時、PAdES変換でエラーとなる
  [2011/10/31] ファイル名のパスの長さが約200Byteを越えた際に、環境によりPDFTimeStampTypeA.exeがアプリケーションエラーとなる
  [2011/01/12] 有効期限付きPDFが越年で閲覧できなくなる
  [2008/12/22] PDFのAES128Bit暗号化方式モジュールの対応
  [2008/08/14] 有効期限のカバーが表示されず、白紙で表示される
 
 
  ≪監視、変換条件設定・データ移行 関連≫
  [2013/08/02] 変換対象形式選択時、「その他の形式」に拡張子を全て登録した後、ジョブを開きなおすと予期せぬエラーが発生する
  [2013/07/26] 分割の設定で「認識結果に□を含むページで分割する」設定を行った後、「QRを検知した場合は常に分割する」設定に変更すると、正しく分割されない
  [2013/05/17] ジョブ編集中に「よく使うテンプレート」の項目を選択すると強制終了してしまう  
  [2013/04/11] 誤認識辞書設定後、設定した項目を選択せずに編集ボタンを押すとエラーになる
  [2013/03/21] ジョブの複製、削除ができない
  [2012/10/22] hgctrlファイルを使用した結合処理が、正常に動作しない
  [2012/10/26] QRコード付与の処理が、同じ時間に複数ファイル同時に実行された場合、一部のデータが出力されない(オートプリンタ)
  [2012/10/26] PDF変換後の印刷処理が、複数ファイル同時に実行された場合、一部のデータが印刷されない(オートプリンタ)
  [2012/10/19] 隠しフォルダ内のデータを、不正に変換処理してしまう
  [2012/08/22 ] 旧バージョンの設定を移行した際、エラーにより該当の設定を開けず設定変更できない
  [2012/08/10] メール設定の設定情報が正しく保存されない
  [2012/07/20] 製品の起動・終了後に、Windowsの自己修復インストーラが起動する
  [2011/10/11] ネットワーク上にログ出力した場合、ログ出力先に一時ファイルが作成される
  [2012/04/10] サービス起動による変換が、アプリケーション起動に比べ遅い
  [2011/10/11] 監視間隔を 63秒~65秒 に設定した際にサービスが予期せず終了してしまう
  [2011/09/01] 指定の時間に変換を実施する機能で、正しい日時に実施されない
  [2011/02/10] ver4.xからver5.xへの設定移行の際、意図せずセキュリティ付与の設定がされる
  [2011/02/10] ver4.xからver5.xへの設定移行の際、印刷タイムアウトの設定が移行できない
  [2010/04/12] 誤認識辞書の設定で、訂正前の文字と訂正後の文字が入れ替わってしまう
  [2009/12/15] 動作環境により、起動時に『HGPscanServ Plus Ver5』の画面が表示される
  [2009/10/06] 一時的にネットワーク遮断した際、接続復帰後もリアルタイム監視できない
  [2009/10/14] バーコード分割エリア設定後、QR/OCR分割時のエリア設定値が反映されない
  [2009/09/14] URL固定のページカバー設定で、PDFセキュリティの互換性5.0以前のカバーが
            指定できない
  [2009/08/20] タイムスタンプサーバ設定でポート番号の設定ができない
  [2009/08/20] ノンブル出力位置で上・下・中の「中央」の位置が、正しく設定できない
  [2009/07/09] Adobe AIRにメモリ使用量が増加する不具合があり、起動時メモリを消費する
  [2009/07/08] アプリデータ変換の際、指定した解像度設定が有効にならない
  [2009/07/03] 動作環境によりファイル削除エラーが 連続的に発生する(5.1.6d)
  [2009/02/19] アプリケーション変換で、AdobePDFを選択した場合でもHG仮想プリンタで変換
            される(5.1.5d)
  [2009/02/13] OCR認識文字を"数字"に設定し、再度、設定画面を開くと"全ての文字種別"が
            チェックされる
  [2009/01/12] 変換開始時刻の設定がされている場合、リアルタイム監視が開始されない場合
            がある
  [2008/12/03] ファイル名に"="を含んでいると、変換が繰り返し実行される
  [2008/12/01] 旧バージョンからver5.xへの設定移行時に、処理中のまま動作しなくなる
  [2008/11/14] OCRエリア認識結果とファイル名をCSVに出力した場合に、余計に(")が付与
            される(5.0.6b)
  [2008/10/24] OCR認識エリア設定で、複数エリアの設定ができない(5.0.6a)
 
  ≪ツール・ライブラリ 関連≫
  [2012/10/10] 読み込むCSVファイルで必須項目がブランク時にフリーズする(QRコード生成ツール)
  [2009/02/09] VisualC(V7)ランタイムモジュール
  [2009/02/03] 情報取得ルーツで、起動時のアカウント相違チェックで大文字と小文字判定が不正

2013年12月11日 16:33

HGPscanServ Plus 5.4.8a アップデート情報

■更新ソフトウェアご提供のお知らせ  (Ver5.4.8aアップデータ)
HGPscanServ シリーズ製品をお使いのお客様に、更新ソフトウェア
(HGPscanServ Plus 5.4.8a インストールメディア/ダウンロード)
の提供を行います。
===========================================================
■対象となる製品バージョン
 - HGPscanServ Plus/Plusシステム連携オプション Ver5.1.0 以降
※保守ご契約のお客様、又はご購入頂いてより一年未満のお客様

  ご購入後、一年未満は無償保守期間です。
  一年経過し、保守にご加入されていないお客様は、保守に
  ご加入頂く事により(有償)、バージョンアップ可能となり
  ます(無償)。

■本バージョンアップ版に含まれる変更内容
2013/11/01 Ver5.4.8a 機能追加/障害対応
1. MS-Office2013の変換 に対応しました。
2. WindowsServer2012 R2 に対応しました。

【注意・制限事項】
・本バージョンアップは、HGPscanServ Plus / Plusシステム連携
 オプション を対象としております。
 上記以外の製品は対象外です。

■製品入手と適用方法  
 [入手方法]
 1.メディアでの送付
   下記内容を弊社お問い合わせ窓口まで本メールの返信にて
   ご連絡下さい。

   ・製品シリアル番号:2420-
   ・貴社名 
   ・部署名    
   ・ご担当者名   
   ・ご住所     
   ・お電話番号  

 2.ダウンロード
    **************************************************
    【重要】
     「HGPscanServ Plus システム連携オプション」は、
     メディア提供のみになりますのでダウンロードして
     適用頂くことはできません。
    **************************************************
   下記URLよりダウンロードして下さい。

 >>> [PscanServPlus Ver5.4.8a] 

   上記ファイルはパスワードで保護されています。
   ご購入後1年未満、または保守契約ご加入頂いている方には
   解凍パスワードを発行しております。
   下記ページより必要事項ご記入の上、お申し込み下さい。

 >>> [パスワード発行ページ] 


 [適用方法]
※ 以下、Ver5.X以降からのアップデート手順です。
  Ver4.Xからの設定移行時は、インストーラに同梱しております、
  「移行ガイド」「インストールマニュアル」をご参照下さい。
1.インストールメディア、ダウンロードファイルの確認
  バージョンアップ用CD「Ver5.4.8a」をご用意頂くか、
  ダウンロードしたファイルを解凍して下さい。
2.稼働中の変換サービスおよびアプリケーションの停止
  HGPscanの変換サービスまたは、画面起動によるアプリ
  ケーションが起動されている場合、サービスの停止または、
  アプリケーションの終了を行って下さい。
  1)変換サービスが起動中の場合
    1.[スタート]メニュー → [コントロールパネル] →
     [管理ツール] → [サービス]を選択し、
     Windowsサービス画面を起動します。
    2.サービスの一覧(名称)より、“HG/PscanServ Service”
     をマウスで右ボタンクリックし、「停止」を選択して、
     サービスを停止します。
     ※サービス停止後、Windowsサービス画面を終了して下さい。
  2)HGPscanのアプリケーション画面が起動されている場合
    1.アプリケーションが”監視中”の場合、「監視停止」
     ボタンを押し監視を停止して下さい。
    2.「アプリケーション」メニューより「終了」を選択し、
      アプリケーションを終了します。
3.ご使用バージョン(Ver5.X)の変換設定情報のバックアップ
  現在、ご使用中のHGPscanの変換設定情報を任意のフォルダに
  コピーして下さい。
  (通常、プログラムのアンインストール後も変換設定情報は
   保持されますので、同一フォルダに再インストールした際は、
   同一の設定が引き継がれます。再インストール時にインスト
   ール先フォルダを変更された場合や、バージョンアップ作業
   が完了できず設定が引き継がれなかった場合には、ここで
   バックアップした変換設定情報より設定を元に戻す事ができ
   ます)
  1)インストールフォルダ(C:\Program files\PscanServ5)の直下
   にある以下のファイルおよびフォルダをコピーします。
   1. ファイルの拡張子が”.INI”, “.TXT”のファイル
   2. config-psv5-xmlフォルダ全て
   ※ C:\temp などバックアップ用のフォルダを任意に作成して
    保存します。
   【注意】バックアップするファイルは、小文字の拡張子”.ini”,
       “.txt”も対象として下さい。
4.ご使用バージョン(Ver5.X)のアンインストール
  ご使用頂いておりますバージョンのプログラムをアンインストー
  ルします。
  1) [スタート]メニュー → [コントロールパネル] → [プログラ
    ムの追加と削除] を選択し、“HGPscanServ Plus [Ver5.X]“
    をアンインストール(削除)して下さい。
5.アンインストール後のPC再起動
  PCを再起動して下さい。
6.再インストール
  1)バージョンアップCD
    バージョンアップ用CDをドライブにセットし、再インストール
    を行なって下さい。
    ※インストールマニュアルは、CDに同梱されています。
    【注意】4.のアンインストールを行なわず再インストールを実施
        した場合、インストール中にエラーが発生し、正しくイン
        ストールが行なわれません。
        その場合はインストールをキャンセルし、4.からやり直
        して下さい。
  2)ダウンロード
    解凍したインストーラより再インストールを行って下さい。
7.バージョンアップ完了後のPC再起動
  PCを再起動して下さい。
8.設定情報の確認
  HGPscanの画面でバージョンアップ前の設定が表示されるか確認
  して下さい。バージョンアップ前の設定が表示されない場合は、
  以下9.の手順を実施して下さい。
9.旧バージョンの変換設定情報のセットアップ
  インストール完了後、3.で任意のフォルダにバックアップしてお
  いた変換設定条件のファイルとフォルダをインストールフォルダに
  コピーして上書きし、PCを再起動して下さい。
10.設定情報の再確認
  HGPscanServPlusの画面でバージョンアップ前の設定が表示されるか
  確認して下さい。
  バージョンアップ前の設定が表示されない場合は、お手数ですが弊社
  サポートまでご連絡下さい。
11.バージョンアップ後の動作確認
  バージョンアップと変換条件の内容が正しく設定されている事を
  ご確認頂いた後、アプリケーションの動作確認を行って下さい。
  動作確認で正常動作を確認できましたら、手順3.で取得したバック
  アップデータを削除して下さい。

============================================================

■■本修正パッチに関する技術的なお問合せの窓口
  株式会社ハイパーギア カスタマサポート担当
  TEL : 048-654-2143 (平日 10:00~12:00、13:00~17:00 )
  E-mail : support@hypergear.com

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
  ユーザ登録の内容(住所、担当者等)が変更になった
  場合、ユーザ登録の変更依頼をお願い致します。
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

2013年12月10日 18:07

HGPscanServ Plus 5.4.8 アップデート情報

■更新ソフトウェアご提供のお知らせ  (Ver5.4.8アップデータ)
HGPscanServ シリーズ製品をお使いのお客様に、更新ソフトウェア
(HGPscanServ Plus 5.4.8 インストールメディア/ダウンロード)
の提供を行います。
===========================================================
■対象となる製品バージョン
 - HGPscanServ Plus/Plusシステム連携オプション Ver5.1.0 以降
※保守ご契約のお客様、又はご購入頂いてより一年未満のお客様

  ご購入後、一年未満は無償保守期間です。
  一年経過し、保守にご加入されていないお客様は、保守に
  ご加入頂く事により(有償)、バージョンアップ可能となり
  ます(無償)。

■本バージョンアップ版に含まれる変更内容
2013/09/13 Ver5.4.8 機能追加/障害対応
1. 分割の際、出力先設定で「ファイル名をサブフォルダ名に使用」した場合、
 分割結果に連番が付与されない不具合を修正しています。
2. 変換処理で例外エラーが発生すると、変換中のままとなり
 監視処理へ復帰しない不具合を修正しています。

2013/08/20 Ver5.4.6a 機能追加/障害対応
1. QRコード内の文字列にダブルクオーテーションが含まれていると、
 QR認識結果のCSVが正しく出力されない不具合を修正しています。
2. 誤認識辞書を設定後、設定した項目を選択せずに編集ボタンを押した際、
 致命的なエラーが発生する不具合を修正しています。
3. 「QR認識結果をCSVとして扱いn番目の項目を利用する」出力ファイル名設定が、
 設定を閉じると1番目に戻ってしまう不具合を修正しています。
4. 4MBのファイルをクライアントPCからファイル投入時、作業フォルダに
 ファイルが作成できない不具合を修正しています。
5. QR認識により文字列を取得できなかった場合「出力先サブフォルダ名を指定する」
 設定が効かない不具合を修正しています。
6. 「指定容量ごとに分割する」設定が ver5.3.1以降動作していない不具合を修正しています。
7. ファイル名に”( “を含んでいる場合、正常終了にも関わらず
 データが出力先に出力されない不具合を修正しています。
8. QRの末尾が*の場合、認識した結果をQRに出力した際に先頭/末尾の*が
 欠落する不具合を修正しています。
9. 複数のTIFFを結合してTIFF出力する際、ログが出力されない不具合を修正しています。
10. 「認識結果に□を含むページで分割」設定を行った後、
 「QRを検知した場合は常に分割」に変更した場合、分割が正しく行われない不具合を修正しています。
11. パスワード付WORD文書2ファイルの連続変換中に
 変換が停止する不具合を修正しています。
12. 一部のXDWを変換中、HGPDFBindCmd.exe がCPU100%となり
 処理に時間がかかる不具合を修正しています。
13. 破損したPDFを変換すると、変換が停止し継続できない不具合を修正しています。
14. オペレータで180度回転したPDFに、印刷時のみ出力するウォーターマークを設定した場合に
 位置が左上にずれる不具合を修正しています。
15. アマノタイムスタンプの印影設定時、セキュリティのパスワードに半角大文字を含む場合、
 変換エラーとなる不具合を修正しています。
16. Acrobat6.0 Paper Captureで保存された一部のクリアライトPDFで、印刷時のみ表示する
 ウォーターマークが表示されない不具合を修正しています。
17. 傾き補正の設定で変換した際、一部の画像データでモアレが発生する不具合を修正しています。
18. 監視フォルダ内のサブフォルダに投入した隠しファイルが
 正常終了時の移動先へ移動する不具合を修正しています。
19. XDW→PDF変換の際、文字の下線が正しく表示されない、枠線が2重になるなど、
 XDWのとおりに変換されない不具合を修正しています。
20. 変換後PDFを閲覧時、「このページにはエラーがあります。Acrobatは正しく表示できない」
 となるPDFが出力される不具合を修正しています。
21. その他の形式拡張子登録をすべて登録後、再度ジョブを開く際に
 予期せぬエラーで落ちる不具合を修正しています。

【注意・制限事項】
・本バージョンアップは、HGPscanServ Plus / Plusシステム連携
 オプション を対象としております。
 上記以外の製品は対象外です。

■製品入手と適用方法  
 [入手方法]
 1.メディアでの送付
   下記内容を弊社お問い合わせ窓口まで本メールの返信にて
   ご連絡下さい。

   ・製品シリアル番号:2420-
   ・貴社名 
   ・部署名    
   ・ご担当者名   
   ・ご住所     
   ・お電話番号  

 2.ダウンロード(システム連携はメディアでの送付となります。)
   下記URLよりダウンロードして下さい。

 >>> [PscanServPlus Ver5.4.8] 

   上記ファイルはパスワードで保護されています。
   ご購入後1年未満、または保守契約ご加入頂いている方には
   解凍パスワードを発行しております。
   下記ページより必要事項ご記入の上、お申し込み下さい。

 >>> [パスワード発行ページ] 


 [適用方法]
※ 以下、Ver5.X以降からのアップデート手順です。
  Ver4.Xからの設定移行時は、インストーラに同梱しております、
  「移行ガイド」「インストールマニュアル」をご参照下さい。
1.インストールメディア、ダウンロードファイルの確認
  バージョンアップ用CD「Ver5.4.8」をご用意頂くか、
  ダウンロードしたファイルを解凍して下さい。
2.稼働中の変換サービスおよびアプリケーションの停止
  HGPscanの変換サービスまたは、画面起動によるアプリ
  ケーションが起動されている場合、サービスの停止または、
  アプリケーションの終了を行って下さい。
  1)変換サービスが起動中の場合
    1.[スタート]メニュー → [コントロールパネル] →
     [管理ツール] → [サービス]を選択し、
     Windowsサービス画面を起動します。
    2.サービスの一覧(名称)より、“HG/PscanServ Service”
     をマウスで右ボタンクリックし、「停止」を選択して、
     サービスを停止します。
     ※サービス停止後、Windowsサービス画面を終了して下さい。
  2)HGPscanのアプリケーション画面が起動されている場合
    1.アプリケーションが”監視中”の場合、「監視停止」
     ボタンを押し監視を停止して下さい。
    2.「アプリケーション」メニューより「終了」を選択し、
      アプリケーションを終了します。
3.ご使用バージョン(Ver5.X)の変換設定情報のバックアップ
  現在、ご使用中のHGPscanの変換設定情報を任意のフォルダに
  コピーして下さい。
  (通常、プログラムのアンインストール後も変換設定情報は
   保持されますので、同一フォルダに再インストールした際は、
   同一の設定が引き継がれます。再インストール時にインスト
   ール先フォルダを変更された場合や、バージョンアップ作業
   が完了できず設定が引き継がれなかった場合には、ここで
   バックアップした変換設定情報より設定を元に戻す事ができ
   ます)
  1)インストールフォルダ(C:\Program files\PscanServ5)の直下
   にある以下のファイルおよびフォルダをコピーします。
   1. ファイルの拡張子が”.INI”, “.TXT”のファイル
   2. config-psv5-xmlフォルダ全て
   ※ C:\temp などバックアップ用のフォルダを任意に作成して
    保存します。
   【注意】バックアップするファイルは、小文字の拡張子”.ini”,
       “.txt”も対象として下さい。
4.ご使用バージョン(Ver5.X)のアンインストール
  ご使用頂いておりますバージョンのプログラムをアンインストー
  ルします。
  1) [スタート]メニュー → [コントロールパネル] → [プログラ
    ムの追加と削除] を選択し、“HGPscanServ Plus [Ver5.X]“
    をアンインストール(削除)して下さい。
5.アンインストール後のPC再起動
  PCを再起動して下さい。
6.再インストール
  1)バージョンアップCD
    バージョンアップ用CDをドライブにセットし、再インストール
    を行なって下さい。
    ※インストールマニュアルは、CDに同梱されています。
    【注意】4.のアンインストールを行なわず再インストールを実施
        した場合、インストール中にエラーが発生し、正しくイン
        ストールが行なわれません。
        その場合はインストールをキャンセルし、4.からやり直
        して下さい。
  2)ダウンロード
    解凍したインストーラより再インストールを行って下さい。
7.バージョンアップ完了後のPC再起動
  PCを再起動して下さい。
8.設定情報の確認
  HGPscanの画面でバージョンアップ前の設定が表示されるか確認
  して下さい。バージョンアップ前の設定が表示されない場合は、
  以下9.の手順を実施して下さい。
9.旧バージョンの変換設定情報のセットアップ
  インストール完了後、3.で任意のフォルダにバックアップしてお
  いた変換設定条件のファイルとフォルダをインストールフォルダに
  コピーして上書きし、PCを再起動して下さい。
10.設定情報の再確認
  HGPscanServPlusの画面でバージョンアップ前の設定が表示されるか
  確認して下さい。
  バージョンアップ前の設定が表示されない場合は、お手数ですが弊社
  サポートまでご連絡下さい。
11.バージョンアップ後の動作確認
  バージョンアップと変換条件の内容が正しく設定されている事を
  ご確認頂いた後、アプリケーションの動作確認を行って下さい。
  動作確認で正常動作を確認できましたら、手順3.で取得したバック
  アップデータを削除して下さい。

============================================================

■■本修正パッチに関する技術的なお問合せの窓口
  株式会社ハイパーギア カスタマサポート担当
  TEL : 048-654-2143 (平日 10:00~12:00、13:00~17:00 )
  E-mail : support@hypergear.com

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
  ユーザ登録の内容(住所、担当者等)が変更になった
  場合、ユーザ登録の変更依頼をお願い致します。
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

2013年09月24日 17:18

コメント (0)

HGPscanServ Plus 5.4.6 アップデート情報

■更新ソフトウェアご提供のお知らせ  (Ver5.4.6アップデータ)
HGPscanServ シリーズ製品をお使いのお客様に、更新ソフトウェア
(HGPscanServ Plus 5.4.6 インストールメディア/ダウンロード)
の提供を行います。
===========================================================
■対象となる製品バージョン
 - HGPscanServ Plus/Plusシステム連携オプション Ver5.1.0 以降
※保守ご契約のお客様、又はご購入頂いてより一年未満のお客様

  ご購入後、一年未満は無償保守期間です。
  一年経過し、保守にご加入されていないお客様は、保守に
  ご加入頂く事により(有償)、バージョンアップ可能となり
  ます(無償)。

■本バージョンアップ版に含まれる変更内容
2013/01/18 Ver5.4.6 機能追加/障害対応
1. AES256bit暗号化に対応しました。
  制限事項:
  ・UNICODEパスワードには対応していません。
  ・Acrobat9のAES256bit暗号化(PDF1.7Ext3)は脆弱性の問題があり
   PDF1.7Ext8にバージョンアップされているため、
   AES256bit暗号化はPDF1.7Ext8のみ、PDF1.7Ext3では暗号化しません。
2. Windows Server 2012に対応しました。
3. Eドライブにインストール時、外部プラグインOffice高速変換が
  出来ない不具合を修正しています。
4. サポート外のタイムスタンプサービスを選択できないように
  しました。

2012/12/13 Ver5.4.4 機能追加/障害対応
1. 監視ディレクトリの正常終了時/変換エラー時/変換対象外
  ファイルの「移動する」設定に、「サブフォルダも削除する」
  機能を追加しています。
2. PAdES (PDF長期署名) 機能に対応しました。
  (別途ライセンスが必要です)
3. 隠しフォルダのファイルが変換されてしまう不具合を修正しています。
4. hgctrlファイルを使用した変換で、サブフォルダ移動・削除が
  設定通り動作しない不具合を修正しています。
5. 出力先設定の出力フォルダ名が『\』で終わっている時、変換する
  と致命的なエラーになる不具合を修正しています。
  (外部プラグイン)
6. ログファイルのオプションでCSV形式を選択した場合の書式が
  おかしい不具合を修正しています。(外部プラグイン)
7. 同一タイムスタンプ局の複数の異なるライセンスを、ジョブ単位
   に設定できない不具合を修正しています。


【注意・制限事項】
・本バージョンアップは、HGPscanServ Plus / Plusシステム連携
 オプション を対象としております。
 上記以外の製品は対象外です。

■製品入手と適用方法  
 [入手方法]
 1.メディアでの送付
   下記内容を弊社お問い合わせ窓口まで本メールの返信にて
   ご連絡下さい。

   ・製品シリアル番号:2420-
   ・貴社名 
   ・部署名    
   ・ご担当者名   
   ・ご住所     
   ・お電話番号  

 2.ダウンロード(システム連携はメディアでの送付となります。)
   下記URLよりダウンロードして下さい。

 >>> [PscanServPlus Ver5.4.6] 


   上記ファイルはパスワードで保護されています。
   ご購入後1年未満、または保守契約ご加入頂いている方には
   解凍パスワードを発行しております。
   下記ページより必要事項ご記入の上、お申し込み下さい。

 >>> [パスワード発行ページ] 


 [適用方法]
※ 以下、Ver5.X以降からのアップデート手順です。
  Ver4.Xからの設定移行時は、インストーラに同梱しております、
  「移行ガイド」「インストールマニュアル」をご参照下さい。
1.インストールメディア、ダウンロードファイルの確認
  バージョンアップ用CD「Ver5.4.6」をご用意頂くか、
  ダウンロードしたファイルを解凍して下さい。
2.稼働中の変換サービスおよびアプリケーションの停止
  HGPscanの変換サービスまたは、画面起動によるアプリ
  ケーションが起動されている場合、サービスの停止または、
  アプリケーションの終了を行って下さい。
  1)変換サービスが起動中の場合
    1.[スタート]メニュー → [コントロールパネル] →
     [管理ツール] → [サービス]を選択し、
     Windowsサービス画面を起動します。
    2.サービスの一覧(名称)より、“HG/PscanServ Service”
     をマウスで右ボタンクリックし、「停止」を選択して、
     サービスを停止します。
     ※サービス停止後、Windowsサービス画面を終了して下さい。
  2)HGPscanのアプリケーション画面が起動されている場合
    1.アプリケーションが”監視中”の場合、「監視停止」
     ボタンを押し監視を停止して下さい。
    2.「アプリケーション」メニューより「終了」を選択し、
      アプリケーションを終了します。
3.ご使用バージョン(Ver5.X)の変換設定情報のバックアップ
  現在、ご使用中のHGPscanの変換設定情報を任意のフォルダに
  コピーして下さい。
  (通常、プログラムのアンインストール後も変換設定情報は
   保持されますので、同一フォルダに再インストールした際は、
   同一の設定が引き継がれます。再インストール時にインスト
   ール先フォルダを変更された場合や、バージョンアップ作業
   が完了できず設定が引き継がれなかった場合には、ここで
   バックアップした変換設定情報より設定を元に戻す事ができ
   ます)
  1)インストールフォルダ(C:\Program files\PscanServ5)の直下
   にある以下のファイルおよびフォルダをコピーします。
   1. ファイルの拡張子が”.INI”, “.TXT”のファイル
   2. config-psv5-xmlフォルダ全て
   ※ C:\temp などバックアップ用のフォルダを任意に作成して
    保存します。
   【注意】バックアップするファイルは、小文字の拡張子”.ini”,
       “.txt”も対象として下さい。
4.ご使用バージョン(Ver5.X)のアンインストール
  ご使用頂いておりますバージョンのプログラムをアンインストー
  ルします。
  1) [スタート]メニュー → [コントロールパネル] → [プログラ
    ムの追加と削除] を選択し、“HGPscanServ Plus [Ver5.X]“
    をアンインストール(削除)して下さい。
5.アンインストール後のPC再起動
  PCを再起動して下さい。
6.再インストール
  1)バージョンアップCD
    バージョンアップ用CDをドライブにセットし、再インストール
    を行なって下さい。
    ※インストールマニュアルは、CDに同梱されています。
    【注意】4.のアンインストールを行なわず再インストールを実施
        した場合、インストール中にエラーが発生し、正しくイン
        ストールが行なわれません。
        その場合はインストールをキャンセルし、4.からやり直
        して下さい。
  2)ダウンロード
    解凍したインストーラより再インストールを行って下さい。
7.バージョンアップ完了後のPC再起動
  PCを再起動して下さい。
8.設定情報の確認
  HGPscanの画面でバージョンアップ前の設定が表示されるか確認
  して下さい。バージョンアップ前の設定が表示されない場合は、
  以下9.の手順を実施して下さい。
9.旧バージョンの変換設定情報のセットアップ
  インストール完了後、3.で任意のフォルダにバックアップしてお
  いた変換設定条件のファイルとフォルダをインストールフォルダに
  コピーして上書きし、PCを再起動して下さい。
10.設定情報の再確認
  HGPscanServPlusの画面でバージョンアップ前の設定が表示されるか
  確認して下さい。
  バージョンアップ前の設定が表示されない場合は、お手数ですが弊社
  サポートまでご連絡下さい。
11.バージョンアップ後の動作確認
  バージョンアップと変換条件の内容が正しく設定されている事を
  ご確認頂いた後、アプリケーションの動作確認を行って下さい。
  動作確認で正常動作を確認できましたら、手順3.で取得したバック
  アップデータを削除して下さい。

============================================================

■■本修正パッチに関する技術的なお問合せの窓口
  株式会社ハイパーギア カスタマサポート担当
  TEL : 048-654-2143 (平日 10:00~12:00、13:00~17:00 )
  E-mail : support@hypergear.com

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
  ユーザ登録の内容(住所、担当者等)が変更になった
  場合、ユーザ登録の変更依頼をお願い致します。
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

2013年01月31日 10:04

HGPscanServ Plus 5.4.2b アップデート情報

■更新ソフトウェアご提供のお知らせ  (Ver5.4.2bアップデータ)
HGPscanServ シリーズ製品をお使いのお客様に、更新ソフトウェア
(HGPscanServ Plus 5.4.2b インストールメディア/ダウンロード)
の提供を行います。
===========================================================
■対象となる製品バージョン
 - HGPscanServ Plus 5.1.0 以降
※保守ご契約のお客様、又はご購入頂いてより一年未満のお客様

   ご購入後、一年未満は無償保守期間です。
   一年経過し、保守にご加入されていないお客様は、保守に
   ご加入頂く事により(有償)、バージョンアップ可能となり
   ます(無償)。

■本バージョンアップ版に含まれる変更内容
2012/08/28 Ver5.4.2b 機能追加/障害対応
1. 透かし(ウォーターマーク)の拡張機能を追加しました。
  (有償オプション)
2. 証明書によるセキュリティのPDF暗号化機能を追加しました。
   (有償オプション)
3. 有効期限設定の入力可能な範囲について追記しています。
4. フォントが埋め込まれているPDFのOCR変換において、サイズが
  増える注意を追記しています。
5. 配布制限PDFファイルのテキスト漏洩対策機能を追加しています。
6. 配布制限PDFが白紙で表示されてしまうビューワ(JavaScriptが
  機能しない等)において、先頭ページのみ指定画像でカバーされ
  る機能を追加しています。
7. 操作画面をFLASHからVB.NETに変更しています。
8. 従来のJRE専用インストーラによる再配布をファイル単位での
  再配布に変更しています。
9. PDF/A(1b)の変換に対応しています。
10.Ver5.3まで制限のあった、AES128bit暗号化とWeb最適化の組み
  合わせについて、制限なしで設定できるように対応しています。
11.QRコード認識機能に、ファイルパスとして読み取る機能を追加
  し、仕分け保存ができるように対応しています。
12.監視中のジョブ設定の変更を可能にしています。
13.巡回型監視で監視間隔を65秒とした場合、サービスが65秒後に
  終了してしまう不具合を解消しています。
14.特定のアプリPDFをレイヤー形式のOCR設定で変換すると、文字
  の色が「OCRの認識結果の表示色」となってしまう不具合を解消
   しています。
15.OCR付きPDFにセキュリティを付与した際、OCRが外れてしまう不
  具合を解消しています。
16.QR分割で、エリア指定をすると、リネーム、フォルダ振り分け
  が出来ない不具合を解消しています。
17.傾き補正の設定をOFFにしても傾き補正が実施されてしまう不具
  合を解消しています。
18.エプソン社製のスキャナでスキャンしたPDFからTIFF変換を行う
  とエラーになる不具合を解消しています。
19.JBIG2形式の画像PDFからTIFF変換するとページが白黒反転する
  場合がある不具合を解消しています。
20.AdobeReaderXの環境で、システム時刻を巻き戻して有効期限つ
   きPDFファイルを開ける不具合を解消しています。
21.1000ページ以上のファイル分割時、書き込みに失敗しましたの
  エラーになる不具合を解消しています。
22.特定のファイル(※)で「情報ファイルの読み込みに失敗しまし
  た」のエラーになる不具合を解消しています。
  (※Kids配列の配列終端にコメント行を含むファイル)
23.ログの出力で「最新の指定行数のみの保存する」の最大行数設
  定が反映されない不具合を解消しています。
24.JPEG2000形式を含むPDFのOCR認識ができない不具合を解消して
  います。
25.情報量の多いPDFをダウンロード禁止設定で変換すると、変換に
  著しく時間がかかる不具合を解消しています。
26.しおり付与+結合の設定で変換した際に、エラーの詳細がログ
  に出ない不具合を解消しています。
27.メイリオフォントで記述された"鹿"という文字が、変換後PDF
  においてAcrobatの検索でヒットしない不具合を解消しています。
28.カラーTIFFをOCR+高圧縮+分割の設定で変換した場合、出力
  PDFがOCR処理されていない不具合を解消しています。
29.QR認識高精度モードにてQR認識結果をファイル名にする場合
  の変換処理に時間がかかってしまう不具合を解消しています。
30.分割の設定で、元ファイル名が数字のみの場合に一部のページが
  出力されない不具合を解消しています。
31.画像処理による傾き補正とOCRによる自動正立を併せて設定した
  場合、自動正立がきかない不具合を解消しています。
32.ページ単位分割+QR認識によるファイル名の同時指定で、先頭
  ページだけがQR認識される不具合を解消しています。
33.キヤノン複合機でスキャンしたPDFで、OCR処理できないページ
  が発生する不具合を解消しています。
34.サービス実行時に実行状況メッセージを不正に送信していた
  ため、環境によりサービス起動での変換が遅くなってしまう不
  具合を解消しています。
35.複数のJOBで異なる分割方法が設定されている場合、ファイル
  分割の設定値が前回表示したものが残り不正に設定が変わって
  しまう不具合を解消しています。

【注意・制限事項】
・本バージョンアップは、HGPscanServ Plus を対象としております。
 Plus以外の製品(システム連携、PscanPro, PscanCAD等)は対象外です。

■製品入手と適用方法  
 [入手方法]
 1.メディアでの送付
   下記内容を弊社お問い合わせ窓口まで本メールの返信にて
   ご連絡下さい。

   ・製品シリアル番号:2420-
   ・貴社名 
   ・部署名    
   ・ご担当者名   
   ・ご住所     
   ・お電話番号  

 2.ダウンロード(システム連携はメディアでの送付となります。)
   下記URLよりダウンロードして下さい。

 >>> [PscanServPlus Ver5.4.2b] 


   上記ファイルはパスワードで保護されています。
   ご購入後1年未満、または保守契約ご加入頂いている方には
   解凍パスワードを発行しております。
   下記ページより必要事項ご記入の上、お申し込み下さい。

 >>> [パスワード発行ページ] 


 [適用方法]
1.インストールメディア、ダウンロードファイルの確認
  バージョンアップ用CD「HGPscanServ Plus Ver5.4.2b」をご用意頂くか
  ダウンロードしたファイルを解凍して下さい。
2.稼働中の変換サービスおよびアプリケーションの停止
  HGPscanServ Plusの変換サービスまたは、画面起動によるアプリ
  ケーションが起動されている場合、サービスの停止または、アプ
  リケーションの終了を行って下さい。
  1)変換サービスが起動中の場合
    1.[スタート]メニュー → [コントロールパネル] →
     [管理ツール] → [サービス]を選択し、
     Windowsサービス画面を起動します。
    2.サービスの一覧(名称)より、“HG/PscanServ Service”
     をマウスで右ボタンクリックし、「停止」を選択して、
     サービスを停止します。
     ※サービス停止後、Windowsサービス画面を終了して下さい。
  2)HGPscanServPlusのアプリケーション画面が起動されている場合
    1.アプリケーションが”監視中”の場合、「監視停止」
     ボタンを押し監視を停止して下さい。
    2.「アプリケーション」メニューより「終了」を選択し、
      アプリケーションを終了します。
3.ご使用バージョン(Ver5.X)の変換設定情報のバックアップ
  現在、ご使用中のHGPscanServ Plusの変換設定情報を任意の
  フォルダにコピーして下さい。
  (通常、プログラムのアンインストール後も変換設定情報は
   保持されますので、同一フォルダに再インストールした際は、
   同一の設定が引き継がれます。再インストール時にインスト
   ール先フォルダを変更された場合や、バージョンアップ作業
   が完了できず設定が引き継がれなかった場合には、ここで
   バックアップした変換設定情報より設定を元に戻す事ができ
   ます)
  1)インストールフォルダ(C:\Program files\PscanServ5など)の
   直下にある以下のファイルおよびフォルダをコピーします。
   1. ファイルの拡張子が”.INI”, “.TXT”のファイル
   2. config-psv5-xmlフォルダ全て
   ※ C:\temp などバックアップ用のフォルダを任意に作成して
    保存します。
   【注意】バックアップするファイルは、小文字の拡張子”.ini”,
       “.txt”も対象として下さい。
4.ご使用バージョン(Ver5.X)のアンインストール
  ご使用頂いておりますバージョンのプログラムをアンインストー
  ルします。
  1) [スタート]メニュー → [コントロールパネル] → [プログラ
    ムの追加と削除] を選択し、“HGPscanServ Plus [Ver5.X]“
    をアンインストール(削除)して下さい。
5.アンインストール後のPC再起動
  PCを再起動して下さい。
6.再インストール
  1)バージョンアップCD
    バージョンアップ用CDをドライブにセットし、再インストール
    を行なって下さい。
    ※インストールマニュアルは、CDに同梱されています。
    【注意】4.のアンインストールを行なわず再インストールを実施
        した場合、インストール中にエラーが発生し、正しくイン
        ストールが行なわれません。
        その場合はインストールをキャンセルし、4.からやり直
        して下さい。
  2)ダウンロード
    解凍したインストーラより再インストールを行って下さい。
7.バージョンアップ完了後のPC再起動
  PCを再起動して下さい。
8.設定情報の確認
  HGPscanServPlusの画面でバージョンアップ前の設定が表示される
  か確認して下さい。
  バージョンアップ前の設定が表示されない場合は、以下9.の手順
  を実施して下さい。
9.旧バージョンの変換設定情報のセットアップ
  インストール完了後、3.で任意のフォルダにバックアップしてお
  いた変換設定条件のファイルとフォルダをインストールフォルダに
  コピーして上書きし、PCを再起動して下さい。
10.設定情報の再確認
  HGPscanServPlusの画面でバージョンアップ前の設定が表示されるか
  確認して下さい。
  バージョンアップ前の設定が表示されない場合は、お手数ですが弊社
  サポートまでご連絡下さい。
11.バージョンアップ後の動作確認
  バージョンアップと変換条件の内容が正しく設定されている事を
  ご確認頂いた後、アプリケーションの動作確認を行って下さい。
  動作確認で正常動作を確認できましたら、手順3.で取得したバック
  アップデータを削除して下さい。

===========================================================

■■本アップデートに関する技術的なお問合せの窓口
  株式会社ハイパーギア カスタマサポート担当: 安斉・倉持
  TEL : 048-654-2141 (平日 10:00~12:00、13:00~17:00 )
  E-mail : support@hypergear.com

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
  ユーザ登録の内容(住所、担当者等)が変更になった
  場合、ユーザ登録の変更依頼をお願い致します。
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

2012年08月29日 16:43

コメント (0)

HGPscanServ Plus 5.3.8 / 5.3.8a アップデート情報

■更新ソフトウェアご提供のお知らせ
HGPscanServ シリーズ製品をお使いのお客様に、Ver5.3.8リリース
以降のアップデート(統合)パッチのご案内をいたします。
※本アップデートパッチには、上記の障害対応も含まれています。
===========================================================
■対象となる製品バージョン
 - HGPscanServ Plus 5.3.8 / 5.3.8a

■サービス起動によるデータ変換において、アプリ(画面)起動に
 よる変換より処理が遅い障害の対応について

 ご利用頂いておりますHGPscanServ Plusにおきまして、
 Windowsサービスからデータ変換をした場合、アプリ(画面)起動
 によるデータ変換に比べ処理が遅くなる障害がある事を確認致し
 ました。
 以下にその原因と対応内容をご連絡させて頂きます。
【障害内容】
  サービス起動によるデータ変換が、アプリ(画面)起動に
  よる変換より処理が遅い

【発生原因】
  アプリ(画面)起動によるデータ変換時は、"実行状況"を画面に
  メッセージを表示します。
  このメッセージ表示処理をWindowsサービス起動おいても行って
  いたため、表示先の画面アプリが起動されていない事が原因で、
  メッセージ出力がタイムアウトする時間がかかり処理の遅延が
  発生していました。
  ※"実行状況"として表示されるメッセージ出力数分のタイムア
   ウト時間(約0.5~1秒)の遅延が発生していました。

【対応内容】
  Windowsサービス起動時には必要の無いメッセージ出力は
  実施しないよう修正しました。 

【対象バージョン】
  HGPscanServ Plus 5.3.8 / 5.3.8a

■本アップデートパッチに含まれる変更内容
1. 巡回型監視で監視間隔を65秒とした場合、サービスが65秒後に
  終了してしまう不具合を解消しています。
2. 特定のアプリPDFをレイヤー形式のOCR設定で変換すると、文字
  の色が「OCRの認識結果の表示色」となってしまう不具合を
  解消しています。
3. 中国語フォント指定の日本語半角カナを含むWord文書を変換
  した際に、文字が2重に印字される不具合を解消しています。
4. 一太郎文書の変換で、反転表示の部分が欠落する不具合を解消
  しています。
5. QR分割で、エリア指定をすると、リネーム、フォルダ振り分け
  が出来ない不具合を解消しています。
6. 傾き補正の設定をOFFにしても傾き補正が実施されてしまう
  不具合を解消しています。
7. エプソン社製のスキャナでスキャンしたPDFからTIFF変換を行う
  とエラーになる不具合を解消しています。
8. JBIG2形式の画像PDFからTIFF変換するとページが白黒反転する
  場合がある不具合を解消しています。
9. 特定のファイル(※)で「情報ファイルの読み込みに失敗しました」
  のエラーになる不具合を解消しています。
  (※Kids配列の配列終端にコメント行を含むファイル)
10.サービス起動によるPPTの連続変換で不定期にタイムアウトエラー
  が発生する不具合を解消しています。
11.JPEG2000形式を含むPDFのOCR認識ができない不具合を解消しています。
12.情報量の多いPDFをダウンロード禁止設定で変換すると、変換に
  著しく時間がかかる不具合を解消しています。
13.ExcelからPDF変換時に「±」の記号が「ア」に文字化けする
  不具合を解消しています。
14.しおり付与+結合の設定で変換した際に、エラーの詳細がログ
  に出ない不具合を解消しています。
15.Wordに貼り付けられたVisio内の矩形が細く変換される場合が
  ある不具合を解消しています。
16.EXCELで3頁以降に2頁と同じ描画要素があり用紙方向が変わった
  場合、正しい位置に描画されない不具合を解消しています。
17.三四郎のデータを変換時、描画する要素が用紙外に多数存在する
  場合「画像変換に失敗しました」となる不具合を解消しています。
18.メイリオフォントで記述された"鹿"という文字が、変換後PDFに
  おいてAcrobatの検索でヒットしない不具合を解消しています。
19.Wordで作成した"しおり付PDF"を結合した際、しおりが変換結果
  に反映されない不具合を解消しています。
20.カラーTIFFをOCR+高圧縮+分割の設定で変換した場合、出力PDF
  がOCR処理されていない不具合を解消しています。
21.QR認識高精度モードにてQR認識結果をファイル名にする場合の
  変換処理に時間がかかってしまう不具合を解消しています。
22.Office2003で、マクロセキュリティを「無効」にしてもマクロ
  が実行されてしまう不具合を解消しています。
23.分割の設定で、元ファイル名が数字のみの場合に一部のページ
  が出力されない不具合を解消しています。
24.自動連番に12桁を指定した際、開始番号が32,767までしか入力
  できない不具合を解消しています。
25.ファイル名のパスの長さが約200Byteを越えた際に、環境により
  PDFTimeStampTypeA.exeがアプリケーションエラーとなる不具合
  を解消しています。
26.ページ一覧情報を表すPDF内部構造が特殊なデータをスタンプ
  付与の設定で変換した際にエラーとなる不具合を解消しています。
27.OpenTypeフォントを埋め込み設定で変換した際にタイムアウト
  エラーとなる不具合を解消しています。
28.QR認識結果をファイル名とし、ファイル名を基にサブフォルダ
  を作成した場合、同名ファイルが設定に関わらず上書きされる
  不具合を解消しています。
29.ファイル分割指定とQR認識指定との組合わせの場合QR、認識が
  先頭ページ以外行われない不具合を解消しています。
30.ボックス図形を多用したPowerPoint2003のデータを変換すると
  変換エラーとなる不具合を解消しています。
31.複数のJOBで異なる分割方法が設定されている環境で、分割方法
  の設定が不正に変更されてしまう不具合を解消しています。
32.Windowsサービスからの起動によるデータ変換がアプリ(画面)
  起動による変換に比べて処理が遅い不具合を解消しています。

【注意・制限事項】
・本バージョンアップは、HGPscanServ Plus を対象としております。
 Plus以外の製品(PscanPro, PscanCAD等)は対象外です。

■製品入手と適用方法  
 [入手方法]
 弊社サポートページよりダウンロード頂けます。

 HGPscanServ Plus Ver5.3.8ag (~2012/03 統合パッチ サイズ:約4.6MB)
 >>> [PscanServPlus Ver5.3.8ag]

 上記ファイルはパスワードで保護されています。
 ご購入後1年未満、または保守契約ご加入頂いている方には
 解凍パスワードを発行しております。
 下記ページより必要事項ご記入の上、お申し込み下さい。

 >>> [パスワード発行ページ] 

[適用方法]
1.ご利用のバージョン用のアップデータをダウンロードし、ファイルを
  解凍して下さい。
2.稼働中の変換サービスおよびアプリケーションの停止
  HGPscanServ Plusの変換サービスまたは、画面起動によるアプリ
  ケーションが起動されている場合、サービスの停止または、アプ
  リケーションの終了を行って下さい。
  1)変換サービスが起動中の場合
    1.[スタート]メニュー → [コントロールパネル] →
     [管理ツール] → [サービス]を選択し、
     Windowsサービス画面を起動します。
    2.サービスの一覧(名称)より、“HG/PscanServ Service”
     “HG/VPrintorMoniterService”をマウスで右ボタンクリックし、
     「停止」を選択して、サービスを停止します。
     ※サービス停止後、Windowsサービス画面を終了して下さい。
  2)HGPscanServPlusのアプリケーション画面が起動されている場合
    1.アプリケーションが”監視中”の場合、「監視停止」
     ボタンを押し監視を停止して下さい。
    2.「アプリケーション」メニューより「終了」を選択し、
      アプリケーションを終了します。
  3)C:\Program Files\PscanServ5\設定ファイル\
   内部サーバーの停止.BAT をダブルクリックで実行してください。
3.ご使用バージョン(Ver5.3)のバックアップ
  PscanServ Plusのインストールフォルダを念の為、バックアップ
  コピーして下さい。
  インストールフォルダデフォルト(C:\Program files\PscanServ5)
4.1.で解凍したファイルを、インストールフォルダに既存のファイル
  を上書きする形でコピーしてください。
  フォルダはフォルダごと上書きコピーします。
5.PCを再起動して下さい。
6.パッチ適用後の動作確認
  アプリケーションの動作確認をお願い致します。
  正常動作をご確認できましたら、手順3.で作成したバックアップ
  データを削除して下さい。

============================================================

■■本アップデートに関する技術的なお問合せの窓口
  株式会社ハイパーギア カスタマサポート担当
  TEL : 048-654-2143 (平日 10:00~12:00、13:00~17:00 )
  E-mail : support@hypergear.com

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
  ユーザ登録の内容(住所、担当者等)が変更になった
  場合、ユーザ登録の変更依頼をお願い致します。
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

2012年04月12日 10:58

HGPscanServ Plus 5.3.8 アップデート情報

■更新ソフトウェアご提供のお知らせ  (Ver5.3.8アップデータ)
HGPscanServ シリーズ製品をお使いのお客様に、更新ソフトウェア
(HGPscanServ Plus 5.3.8 インストールメディア/ダウンロード)
の提供を行います。
===========================================================
■対象となる製品バージョン
 - HGPscanServ Plus 5.1.0 以降
※保守ご契約のお客様、又はご購入頂いてより一年未満のお客様

   ご購入後、一年未満は無償保守期間です。
   一年経過し、保守にご加入されていないお客様は、保守に
   ご加入頂く事により(有償)、バージョンアップ可能となり
   ます(無償)。

■本バージョンアップ版に含まれる変更内容
2011/08/08 Ver5.3.8 機能追加/障害対応
1. Server2008 R2 および Windows 7 のSP1に対応しました。
2. インストール時に使用許諾書の表示を追加しています。
3. リモートデスクトップ経由での動作について、制約付きで対応
  しています。
4. IPV6のネットワーク環境について制約付きで対応しています。
5. 保守契約ID入力ダイアログに、保守案内サイトへのリンクを
  追加しています。
6. サービス稼働中に画面からPscanServが起動出来ないよう、
  多重起動チェックを追加しています。
7. 変換開始日時を指定する設定の実行間隔の表記を、わかりやすい
  ように変更しています。
8. YCbCr形式のJPEG圧縮TIFFを変換した際に、変換後のPDFの画像が
  乱れてしまう不具合を修正しています。
9. 特定のEXCEL(シート毎に解像度が異なるデータなど複数の印刷
  ジョブが発生するデータ)を連続的に変換すると不定期にエラーが
  発生する不具合を修正しています。
10. 文書情報の「サブタイトル」「作成者」「キーワード」「作成日」
  「更新日」をCSVに出力する場合、「文書情報(タイトル)」の
  出力が設定されていないと該当の情報がCSVに出力されない不具合
  を修正しています。
11. 変換終了後も一時ファイルが該当のフォルダ内に残留し、一時ファ
  イルの数が上限値を超えた場合に出力先にデータが出力されない
  不具合を修正しています。
12. PDF内のカラー画像の、縦横の解像度が異なる場合に、取得画像の
  サイズ調整が正しくできない不具合を修正しています。
13. サービス起動でWebDAVフォルダの変換ができない不具合を修正して
  います。
14. 「いきなりPDF」で生成され破損属性があるPDFに、セキュリティ
  付与し変換したファイルがエラーにより開けない不具合を修正して
  います。
15. Illustrator 8.0で作成した文字列長"0"の情報を含むPDFをAES暗号化
  変換したファイルが表示エラーとなる不具合を修正しています。
16. 特定のWordデータを変換した際に、SPLデータが2GB を超えた旨の
  エラーが出てしまう不具合を修正しています。
17. Aspose.PDF.Kit for .NETにて作成されたPDFで、ダウンロード禁止
  のセキュリティが動作しない不具合を修正しています。
18. QR認識結果により出力先を振り分ける際に、ディレクトリの作成は
  されるが該当のフォルダ内に出力されない不具合を修正しています。
19. 変換エラーが発生した際、続いて変換されたデータの内容が元文書
  と異なる不具合を修正しています。
20. サービス起動で変換のタイミングにより「STATUS=1[画像処理エラー
  (画像データがありません)」のエラーとなる不具合を修正しています。
21. マクロを含むOffice系文書が、マクロを無効にしても変換エラーと
  なる不具合を修正しています。
22. QR認識高精度モードにてQR認識結果をファイル名にする場合、
  認識処理を全ページ行っている為、変換に時間がかかってしまう
  不具合を修正しています。

2011/05/13 Ver5.3.7 機能追加/障害対応
1. 特定の手順で作成されたPDFにタイムスタンプを設定した場合、
  エラーが発生しPDFが開けなくなる不具合を修正しています。
2. 特定のカラーTIFFを変換すると、変換後のPDFに細かな線が]
  大量に表示される不具合を修正しています。
3. 特定のデータで、ページ内の一部がOCR処理されない不具合を
  修正しています。
4. 作成日、更新日を指定し CSVに出力する際、指定日の設定の
  チェックをOFFにしても指定した日付が出力される不具合を修正
  しています。
5. 特定の画像PDFを変換すると、縦につぶれたようなPDFが出力
  される不具合を修正しています。
6. QR分割+QR認識の文字列(区切り文字指定)設定で変換すると、
  分割後データが一部元ファイル名のまま出力されてしまう不具合
  を修正しています。
7. Server2008R2にてPPTデータを連続して変換した場合、不定期に
  エラーが発生する不具合を修正しています。
8. 有効期限を設定したPDFが、年を跨ぐと閲覧できなくなる不具合
  を修正しています。
9. アプリPDFの画像化+OCR認識時に先頭ページしかOCR処理されない
  不具合を修正しています。
10. ファイルコピーエラーのWARNINGが出力され、設定した出力先に
  データが出ないがステータスは正常終了となる不具合を修正して
  います。
11. OCR傾き補正とQR自動正立の設定を同時に行った際、傾き補正が
  実行されない不具合を修正しています。
12. 特定のXDWファイルを変換した際に、グラフの網掛けが消えて
  しまう不具合を修正しています。
13. 仮想プリンタへの印刷による変換を実行すると、インストール
  フォルダ内のhgctrlフォルダにファイルが残留する不具合を修正
  しています。
14. 276分割を超える分割処理をセキュリティ付与の設定と併せて行った
  場合、分割エラーとなってしまう不具合を修正しています。
15. ver4.x から ver5.xへの設定移行で、意図せずセキュリティが
  設定されてしまう不具合を修正しています。
16. ver4.xからver5.xへ設定を移行した際に、設定したタイムアウト値
  が移行されない不具合を修正しています。
17. サービス起動で一太郎など拡張子に関連付けられたアプリのデータ
  を変換すると「画像処理エラー」となってしまう不具合を修正して
  います。
18. ファイル名をサブフォルダ名として使用し、同名ファイル変換時
  連番を付与する設定で同名ファイルが上書きされてしまう不具合を
  修正しています。
19. タイムスタンプ設定で、あるタイミングで指定URLに接続できなく
  なる不具合を修正しています。
20. 特定のExcel文書変換時、印字位置のずれが発生しセルの枠から
  はみ出してしまう不具合を修正しています。
21. 特定のPDFファイルがページサイズ情報の解析エラーとなり変換
  できない不具合を修正しています。
22. フォームフィールドを含むPDFを結合したPDFにおいて、Acrobatでの
  再保存に失敗する可能性がある不具合を修正しています。
23. 大量のファイル変換時においてExcelデータの変換でタイミングに
  より全てのシートが正しく出力されない不具合を修正しています。

【注意・制限事項】
・本バージョンアップは、HGPscanServ Plus を対象としております。
 Plus以外の製品(PscanPro, PscanCAD等)は対象外です。

■製品入手と適用方法  
 [入手方法]
 1.メディアでの送付
   下記内容を弊社お問い合わせ窓口まで本メールの返信にて
   ご連絡下さい。

   ・製品シリアル番号:2420-
   ・貴社名 
   ・部署名    
   ・ご担当者名   
   ・ご住所     
   ・お電話番号  

 2.ダウンロード(システム連携はメディアでの送付となります。)
   下記URLよりダウンロードして下さい。

 >>> [PscanServPlus Ver5.3.8] 


   上記ファイルはパスワードで保護されています。
   ご購入後1年未満、または保守契約ご加入頂いている方には
   解凍パスワードを発行しております。
   下記ページより必要事項ご記入の上、お申し込み下さい。

 >>> [パスワード発行ページ] 

 [適用方法]
1.インストールメディア、ダウンロードファイルの確認
  バージョンアップ用CD「HGPscanServ Plus Ver5.3.8」をご用意頂くか
  ダウンロードしたファイルを解凍して下さい。
2.稼働中の変換サービスおよびアプリケーションの停止
  HGPscanServ Plusの変換サービスまたは、画面起動によるアプリ
  ケーションが起動されている場合、サービスの停止または、アプ
  リケーションの終了を行って下さい。
  1)変換サービスが起動中の場合
    1.[スタート]メニュー → [コントロールパネル] →
     [管理ツール] → [サービス]を選択し、
     Windowsサービス画面を起動します。
    2.サービスの一覧(名称)より、“HG/PscanServ Service”
     をマウスで右ボタンクリックし、「停止」を選択して、
     サービスを停止します。
     ※サービス停止後、Windowsサービス画面を終了して下さい。
  2)HGPscanServPlusのアプリケーション画面が起動されている場合
    1.アプリケーションが”監視中”の場合、「監視停止」
     ボタンを押し監視を停止して下さい。
    2.「アプリケーション」メニューより「終了」を選択し、
      アプリケーションを終了します。
3.ご使用バージョン(Ver5.X)の変換設定情報のバックアップ
  現在、ご使用中のHGPscanServ Plusの変換設定情報を任意の
  フォルダにコピーして下さい。
  (通常、プログラムのアンインストール後も変換設定情報は
   保持されますので、同一フォルダに再インストールした際は、
   同一の設定が引き継がれます。再インストール時にインスト
   ール先フォルダを変更された場合や、バージョンアップ作業
   が完了できず設定が引き継がれなかった場合には、ここで
   バックアップした変換設定情報より設定を元に戻す事ができ
   ます)
  1)インストールフォルダ(C:\Program files\PscanServ5など)の
   直下にある以下のファイルおよびフォルダをコピーします。
   1. ファイルの拡張子が”.INI”, “.TXT”のファイル
   2. config-psv5-xmlフォルダ全て
   ※ C:\temp などバックアップ用のフォルダを任意に作成して
    保存します。
   【注意】バックアップするファイルは、小文字の拡張子”.ini”,
       “.txt”も対象として下さい。
4.ご使用バージョン(Ver5.X)のアンインストール
  ご使用頂いておりますバージョンのプログラムをアンインストー
  ルします。
  1) [スタート]メニュー → [コントロールパネル] → [プログラ
    ムの追加と削除] を選択し、“HGPscanServ Plus [Ver5.X]“
    をアンインストール(削除)して下さい。
5.アンインストール後のPC再起動
  PCを再起動して下さい。
6.再インストール
  1)バージョンアップCD
    バージョンアップ用CDをドライブにセットし、再インストール
    を行なって下さい。
    ※インストールマニュアルは、CDに同梱されています。
    【注意】4.のアンインストールを行なわず再インストールを実施
        した場合、インストール中にエラーが発生し、正しくイン
        ストールが行なわれません。
        その場合はインストールをキャンセルし、4.からやり直
        して下さい。
  2)ダウンロード
    解凍したインストーラより再インストールを行って下さい。
7.バージョンアップ完了後のPC再起動
  PCを再起動して下さい。
8.設定情報の確認
  HGPscanServPlusの画面でバージョンアップ前の設定が表示される
  か確認して下さい。
  バージョンアップ前の設定が表示されない場合は、以下9.の手順
  を実施して下さい。
9.旧バージョンの変換設定情報のセットアップ
  インストール完了後、3.で任意のフォルダにバックアップしてお
  いた変換設定条件のファイルとフォルダをインストールフォルダに
  コピーして上書きし、PCを再起動して下さい。
10.設定情報の再確認
  HGPscanServPlusの画面でバージョンアップ前の設定が表示されるか
  確認して下さい。
  バージョンアップ前の設定が表示されない場合は、お手数ですが弊社
  サポートまでご連絡下さい。
11.バージョンアップ後の動作確認
  バージョンアップと変換条件の内容が正しく設定されている事を
  ご確認頂いた後、アプリケーションの動作確認を行って下さい。
  動作確認で正常動作を確認できましたら、手順3.で取得したバック
  アップデータを削除して下さい。

===========================================================

■■本アップデートに関する技術的なお問合せの窓口
  株式会社ハイパーギア カスタマサポート担当: 安斉・倉持
  TEL : 048-654-2141 (平日 10:00~12:00、13:00~17:00 )
  E-mail : support@hypergear.com

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
  ユーザ登録の内容(住所、担当者等)が変更になった
  場合、ユーザ登録の変更依頼をお願い致します。
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

2011年08月18日 13:07

PscanServPlus 5.3.5 アップデート情報

■更新ソフトウェアご提供のお知らせ  (Ver5.3.5アップデータ)
HGPscanServ シリーズ製品をお使いのお客様に、更新ソフトウェア
(HGPscanServ Plus 5.3.5 インストールメディア/ダウンロード)
の提供を行います。
===========================================================
■対象となる製品バージョン
 - HGPscanServ Plus 5.1.0 以降
※保守ご契約のお客様、又はご購入頂いてより一年未満のお客様

   ご購入後、一年未満は無償保守期間です。
   一年経過し、保守にご加入されていないお客様は、保守に
   ご加入頂く事により(有償)、バージョンアップ可能となり
   ます(無償)。

■本バージョンアップ版に含まれる変更内容
2010/11/29 Ver5.3.5 機能追加/障害対応
1. 直接入力したウォーターマークの設定値が、画面を開きなおす
  とデフォルト値に戻ってしまう問題を修正しました。
2. テンポラリフォルダに大量のテンポラリファイルが作成されて
  しまう問題を修正しました。
3. サービス起動の変換において、Excelファイルのブック全体を
  指定しているのに、アクティブシートで変換されてしまう問題
  を修正しました。
4. アプリPDF(用紙サイズに比べ画像サイズが小さい)で、かつ、
  用紙サイズのピクセル数が8の倍数でない場合のOCR処理におい
  て、画像処理エラーとなってしまう問題を修正しました。
5. 拡張子登録でパスワード付きXDWを変換した際、エラーとなった
  ファイルが監視フォルダ内に残り、該当のファイルを何度も変換
  し続ける問題を修正しました。
6. Excelを開いた際に、シートをカウントして値を表示している
  関数の部分が、”#N/A” となり、正しくPDF変換されない問題
  を修正しました。
7. QR認識結果で出力先を振り分ける際、QRが正しく認識できなかっ
  た場合、出力先直下に不正な名称のサブフォルダが作成されてし
  まう問題を修正しました。
8. 特定の手順で設定の変更を行うと、ファイル名設定がデフォルト
  に戻ってしまう問題を修正しました。
9. 「文書情報なし」かつ「しおり有り」のPDFを変換すると「しおり
  が不正」のエラーとなってしまう問題を修正しました。
10.パスワードつきのデータの場合、設定したタイムアウト値でタイム
  アウトされない問題を修正しました。
11.1000P以上のExcelファイルの分割において、書き込みに失敗しま
  したのエラーとなってしまう問題を修正しました。
12.監視状態にして、アプリケーションから仮想プリンタを選択し、
  ジョブを選んでPDF変換する方法で、結合設定されているジョブを
  選択した場合に「OUT_BIND.pdf」のファイル名で出力されてしまう
  問題を修正しました。
13.Server2008 R2(x64)の環境において、Cドライブ直下に「HGVPRINT.
  LOG」が生成され、変換の都度、容量が増えていく問題を修正
  しました。
14.モトローラ系TIFFファイルのPDF変換ができない問題を修正し
  ました。
15.TIFFファイルのバーコード分割において、正常に分割されない
  問題を修正しました。
16.分割+QR認識結果でフォルダ作成時、文字列を取得出来ない
  場合のエラー処理で、指定フォルダへ保存する設定が有効と
  ならず、QR認識結果で作成されたフォルダに保存されてしま
  う問題を修正しました。
17.一部の規格外PDFをAES128bit セキュリティ設定で変換した
  際、変換後PDFがエラーにより正常に開けない問題を修正し
  ました。
18.CAD等の図面データをエクセルに貼りつけた特殊なデータに
  おいて、表示されていなかった図がPDF変換後に表示される
  場合がある問題を修正しました。
19.QRコード分割においてログファイルをCSV形式で出力する設定
  を行った場合、ログファイルに変換結果が出力されない問題
  を修正しました。
20.変換後、元データを指定フォルダに移動する設定で、サブフォ
  ルダが監視フォルダに残ってしまう問題を修正しました。
(Ver5.3.0~Ver5.3.1bでの現象)
21.各ページの共通情報を多数含んでいるPDFファイルを、PDF最適
  化の条件で変換すると、ファイルサイズが大きくなる問題を
  修正しました。
22.Excelに貼り付けた図表の文字属性が"90度回転+中央揃え"の
  場合、出力位置がずれ重なってしまう問題を修正しました。
23.ページ毎にヘッダー文字列の文字色が異なるWord文書を変換
  すると、ヘッダー文字が2重に印字されてしまう問題を修正
  しました。

2010/11/09 Ver5.3.3h 機能追加/障害対応
1. Vista OS以降の環境において、サービス起動によるMS-Office
  文書の変換で、無効 ( 仕様による制限) としていた機能を、
  有効となるように改善しています。
  ・ MS-Word 文書 「変換履歴を表示する」
  ・ MS-Excel 文書 「変換対象シート」
  ・ MS-PowerPoint 文書 「用紙サイズに合わせる」
  サービス自動起動+ログオフ状態でも変換可能となるように改善
  しています。
2. 64bitOSのマシンにおいて、変換の都度、Cドライブに「HGVPRINT.
  LOG」が生成され、容量が増えてしまう問題を修正しました。
3. 64bitOSのマシンにおいて、旧バージョンをアンインストール後、
  インストールすると仮想プリンタドライバインストールでエラー
  となってしまう問題を修正しました。

【注意・制限事項】
・本バージョンアップは、HGPscanServ Plus を対象としております。
 Plus以外の製品(PscanPro, PscanCAD等)は対象外です。

■製品入手と適用方法  
 [入手方法]
 1.メディアでの送付
   下記内容を弊社お問い合わせ窓口まで本メールの返信にて
   ご連絡下さい。

   ・製品シリアル番号:2420-
   ・貴社名 
   ・部署名    
   ・ご担当者名   
   ・ご住所     
   ・お電話番号  

 2.ダウンロード(システム連携はメディアでの送付となります。)
   下記よりダウンロードして下さい。(サイズ:約466MB)

 >>> [PscanServPlus Ver5.3.5] 


   上記ファイルはパスワードで保護されています。
   ご購入後1年未満、または保守契約ご加入頂いている方には
   解凍パスワードを発行しております。
   下記ページより必要事項ご記入の上、お申し込み下さい。
   ※ モジュール名は、PscanServPlus Ver5.3.5 です。

 >>> [パスワード発行ページ] 


 [適用方法]
1.インストールメディア、ダウンロードファイルの確認
  バージョンアップ用CD「HGPscanServ Plus Ver5.3.5」をご用意頂くか
  ダウンロードしたファイルを解凍して下さい。
2.稼働中の変換サービスおよびアプリケーションの停止
  HGPscanServ Plusの変換サービスまたは、画面起動によるアプリ
  ケーションが起動されている場合、サービスの停止または、アプ
  リケーションの終了を行って下さい。
  1)変換サービスが起動中の場合
    1.[スタート]メニュー → [コントロールパネル] →
     [管理ツール] → [サービス]を選択し、
     Windowsサービス画面を起動します。
    2.サービスの一覧(名称)より、“HG/PscanServ Service”
     をマウスで右ボタンクリックし、「停止」を選択して、
     サービスを停止します。
     ※サービス停止後、Windowsサービス画面を終了して下さい。
  2)HGPscanServPlusのアプリケーション画面が起動されている場合
    1.アプリケーションが”監視中”の場合、「監視停止」
     ボタンを押し監視を停止して下さい。
    2.「アプリケーション」メニューより「終了」を選択し、
      アプリケーションを終了します。
3.ご使用バージョン(Ver5.X)の変換設定情報のバックアップ
  現在、ご使用中のHGPscanServ Plusの変換設定情報を任意の
  フォルダにコピーして下さい。
  (通常、プログラムのアンインストール後も変換設定情報は
   保持されますので、同一フォルダに再インストールした際は、
   同一の設定が引き継がれます。再インストール時にインスト
   ール先フォルダを変更された場合や、バージョンアップ作業
   が完了できず設定が引き継がれなかった場合には、ここで
   バックアップした変換設定情報より設定を元に戻す事ができ
   ます)
  1)インストールフォルダ(C:\Program files\PscanServ5など)の
   直下にある以下のファイルおよびフォルダをコピーします。
   1. ファイルの拡張子が”.INI”, “.TXT”のファイル
   2. config-psv5-xmlフォルダ全て
   ※ C:\temp などバックアップ用のフォルダを任意に作成して
    保存します。
   【注意】バックアップするファイルは、小文字の拡張子”.ini”,
       “.txt”も対象として下さい。
4.ご使用バージョン(Ver5.X)のアンインストール
  ご使用頂いておりますバージョンのプログラムをアンインストー
  ルします。
  1) [スタート]メニュー → [コントロールパネル] → [プログラ
    ムの追加と削除] を選択し、“HGPscanServ Plus [Ver5.X]“
    をアンインストール(削除)して下さい。
5.アンインストール後のPC再起動
  PCを再起動して下さい。
6.再インストール
  1)バージョンアップCD
    バージョンアップ用CDをドライブにセットし、再インストール
    を行なって下さい。
    ※インストールマニュアルは、CDに同梱されています。
    【注意】4.のアンインストールを行なわず再インストールを実施
        した場合、インストール中にエラーが発生し、正しくイン
        ストールが行なわれません。
        その場合はインストールをキャンセルし、4.からやり直
        して下さい。
  2)ダウンロード
    解凍したインストーラより再インストールを行って下さい。
7.バージョンアップ完了後のPC再起動
  PCを再起動して下さい。
8.設定情報の確認
  HGPscanServPlusの画面でバージョンアップ前の設定が表示される
  か確認して下さい。
  バージョンアップ前の設定が表示されない場合は、以下9.の手順
  を実施して下さい。
9.旧バージョンの変換設定情報のセットアップ
  インストール完了後、3.で任意のフォルダにバックアップしてお
  いた変換設定条件のファイルとフォルダをインストールフォルダに
  コピーして上書きし、PCを再起動して下さい。
10.設定情報の再確認
  HGPscanServPlusの画面でバージョンアップ前の設定が表示されるか
  確認して下さい。
  バージョンアップ前の設定が表示されない場合は、お手数ですが弊社
  サポートまでご連絡下さい。
11.バージョンアップ後の動作確認
  バージョンアップと変換条件の内容が正しく設定されている事を
  ご確認頂いた後、アプリケーションの動作確認を行って下さい。
  動作確認で正常動作を確認できましたら、手順3.で取得したバック
  アップデータを削除して下さい。

===========================================================

■■本アップデートに関する技術的なお問合せの窓口
  株式会社ハイパーギア カスタマサポート担当: 安斉・倉持
  TEL : 048-654-2141 (平日 10:00~12:00、13:00~17:00 )
  E-mail : support@hypergear.com

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
  ユーザ登録の内容(住所、担当者等)が変更になった
  場合、ユーザ登録の変更依頼をお願い致します。
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

2011年04月21日 11:24

PscanServPlus 5.3.3 アップデート情報

■更新ソフトウェアご提供のお知らせ  (Ver5.3.3 アップデータ)
HGPscanServ シリーズ製品をお使いのお客様に、更新ソフトウェア
(HGPscanServ Plus 5.3.3 インストールメディア/ダウンロード)
の提供を行います。
===========================================================
■対象となる製品バージョン
 - HGPscanServ Plus 5.1.0 以降
※保守ご契約のお客様、又はご購入頂いてより一年未満のお客様

   ご購入後、一年未満は無償保守期間です。
   一年経過し、保守にご加入されていないお客様は、保守に
   ご加入頂く事により(有償)、バージョンアップ可能となり
   ます(無償)。

■本バージョンアップ版に含まれる変更内容
2010/07/15 Ver5.3.3 機能追加/障害対応
1. MS-Office2010の変換に対応しました。
2. DocuWorks 7.0/7.1に対応しました。
3. 出力ファイル名に付与できる日付形式に「YYYYMMDDhhmmss」を
  追加しました。
4. 外部アプリケーション連携処理について、変換エラー発生時も
  起動するように対応しました。
5. 入力PDFの「文書のプロパティ」(タイトル、作成者等)が、
  日本語文字列で、かつ、「\」を含む場合に、変換エラーとなる
  不具合を修正しました。
6. Wordデータでタイムアウト時、~$rd testdocx.docx といった
  一時ファイルが残る不具合を修正しました。
7. 一部のPDFで、結合処理後に表示できないページがある問題を解消
  しています。
8. QR分割によるリネームで、タイミングにより「.pdf」のファイル名
  で出力され、その後の処理が進まないことがある問題を解消してい
  ます。
9. AcrobatのXMPメタデータ詳細画面のMetaDataDateの日時が不正に
  なってしまう問題を解消しています。
10. PDF/Aを暗号化するとAcrobatで開けないPDFになってしまう不具合
  を修正しました。
11. Excelデータ変換で、変換後のデータに線が入ったりする問題を
  解消しています。
12. 130バイトを超えるファイル名のファイルの変換でエラーになる
  不具合を修正しました。
13. 用紙サイズを超える大きさのグラフ図の画像化に時間がかかる
  ファイルの変換が、タイムアウトエラーとなってしまう問題を解消
  しています。
14. 背景ページのみのVisio図面が「文書データの読み込みに失敗しま
  した」のエラーで変換できない問題を解消しています。
15. ファイル名に半角カナを含むファイルが、変換エラーになる不具合
  を修正しました。
16. TABコードを含むQRコードの認識に対応しました。
17. 文字位置指定を特殊な座標値で行っている特殊なデータにおいて、
  変換後に一部のページが横方向にのびてしまう問題を解消してい
  ます。
18. Word内に貼り付けられたVisioオブジェクト内の一部の文字が欠落
  する問題を解消しています。
19. Acrobatで再保存したOCR付きPDFをURL固定の設定で変換した場合、
  指定場所以外で開いた際にカバーがかからず白紙の状態で開いて
  しまう不具合を修正しました。
20. Acrobatで圧縮したPDFをTIFFに変換した場合に一部のページが白紙
  で出力されてしまう不具合を修正しました。
21. Acrobat9作成PDFをAcrobat6で再保存したPDF(オブジェクトスト
  リーム内のオブジェクトを増分更新したPDF)を、結合処理すると
  エラーとなってしまう問題を解消しています。
22. Acrobat9で画像レイヤを付与したPDFを結合すると、Acrobat表示時
  エラーが発生する問題を解消しています。
23. 特殊なカラースペースを使用したPDFを再構成する設定で変換した際、
  不正なPDFとなりAcrobatで表示エラーとなってしまう問題を解消して
  います。
24. Word内に貼り付けたVisioデータで、網掛けが消えてしまう場合が
  ある不具合を修正しました。
25. Wordで保護された文書の変換を行うと、変換エラーとなる問題を
  解消しています。
26. ドキュメントスキャナー(cannon imageFORMURA)で作成した270度
  回転の高圧縮画像PDFがOCR処理されない不具合を修正しました。
27. Server2008 R2にて連続的に監視・変換を行った場合に、アプリケー
  ションエラーが発生し ログインができなくなってしまう問題を解消
  しています。


【注意・制限事項】
・本バージョンアップは、HGPscanServ Plus を対象としております。
 Plus以外の製品(PscanPro, PscanCAD等)は対象外です。

■製品入手と適用方法  
 [入手方法]
 1.メディアでの送付
   下記内容を弊社お問い合わせ窓口まで本メールの返信にて
   ご連絡下さい。

   ・製品シリアル番号:2420-
   ・貴社名 
   ・部署名    
   ・ご担当者名   
   ・ご住所     
   ・お電話番号  

 2.ダウンロード(システム連携はメディアでの送付となります。)
   下記よりダウンロードして下さい。(サイズ:約425MB)

 >>> [PscanServPlus Ver5.3.3] 


   上記ファイルはパスワードで保護されています。
   ご購入後1年未満、または保守契約ご加入頂いている方には
   解凍パスワードを発行しております。
   下記ページより必要事項ご記入の上、お申し込み下さい。
   ※ モジュール名は、PscanServPlus Ver5.3.3 です。

 >>> [パスワード発行ページ] 


 [適用方法]
1.インストールメディア、ダウンロードファイルの確認
  バージョンアップ用CD「HGPscanServ Plus Ver5.3.3」をご用意頂くか
  ダウンロードしたファイルを解凍して下さい。
2.稼働中の変換サービスおよびアプリケーションの停止
  HGPscanServ Plusの変換サービスまたは、画面起動によるアプリ
  ケーションが起動されている場合、サービスの停止または、アプ
  リケーションの終了を行って下さい。
  1)変換サービスが起動中の場合
    1.[スタート]メニュー → [コントロールパネル] →
     [管理ツール] → [サービス]を選択し、
     Windowsサービス画面を起動します。
    2.サービスの一覧(名称)より、“HG/PscanServ Service”
     をマウスで右ボタンクリックし、「停止」を選択して、
     サービスを停止します。
     ※サービス停止後、Windowsサービス画面を終了して下さい。
  2)HGPscanServPlusのアプリケーション画面が起動されている場合
    1.アプリケーションが”監視中”の場合、「監視停止」
     ボタンを押し監視を停止して下さい。
    2.「アプリケーション」メニューより「終了」を選択し、
      アプリケーションを終了します。
3.ご使用バージョン(Ver5.X)の変換設定情報のバックアップ
  現在、ご使用中のHGPscanServ Plusの変換設定情報を任意の
  フォルダにコピーして下さい。
  (通常、プログラムのアンインストール後も変換設定情報は
   保持されますので、同一フォルダに再インストールした際は、
   同一の設定が引き継がれます。再インストール時にインスト
   ール先フォルダを変更された場合や、バージョンアップ作業
   が完了できず設定が引き継がれなかった場合には、ここで
   バックアップした変換設定情報より設定を元に戻す事ができ
   ます)
  1)インストールフォルダ(C:\Program files\PscanServ5など)の
   直下にある以下のファイルおよびフォルダをコピーします。
   1. ファイルの拡張子が”.INI”, “.TXT”のファイル
   2. config-psv5-xmlフォルダ全て
   ※ C:\temp などバックアップ用のフォルダを任意に作成して
    保存します。
   【注意】バックアップするファイルは、小文字の拡張子”.ini”,
       “.txt”も対象として下さい。
4.ご使用バージョン(Ver5.X)のアンインストール
  ご使用頂いておりますバージョンのプログラムをアンインストー
  ルします。
  1) [スタート]メニュー → [コントロールパネル] → [プログラ
    ムの追加と削除] を選択し、“HGPscanServ Plus [Ver5.X]“
    をアンインストール(削除)して下さい。
5.アンインストール後のPC再起動
  PCを再起動して下さい。
6.再インストール
  1)バージョンアップCD
    バージョンアップ用CDをドライブにセットし、再インストール
    を行なって下さい。
    ※インストールマニュアルは、CDに同梱されています。
    【注意】4.のアンインストールを行なわず再インストールを実施
        した場合、インストール中にエラーが発生し、正しくイン
        ストールが行なわれません。
        その場合はインストールをキャンセルし、4.からやり直
        して下さい。
  2)ダウンロード
    解凍したインストーラより再インストールを行って下さい。
7.バージョンアップ完了後のPC再起動
  PCを再起動して下さい。
8.設定情報の確認
  HGPscanServPlusの画面でバージョンアップ前の設定が表示される
  か確認して下さい。
  バージョンアップ前の設定が表示されない場合は、以下9.の手順
  を実施して下さい。
9.旧バージョンの変換設定情報のセットアップ
  インストール完了後、3.で任意のフォルダにバックアップしてお
  いた変換設定条件のファイルとフォルダをインストールフォルダに
  コピーして上書きし、PCを再起動して下さい。
10.設定情報の再確認
  HGPscanServPlusの画面でバージョンアップ前の設定が表示されるか
  確認して下さい。
  バージョンアップ前の設定が表示されない場合は、お手数ですが弊社
  サポートまでご連絡下さい。
11.バージョンアップ後の動作確認
  バージョンアップと変換条件の内容が正しく設定されている事を
  ご確認頂いた後、アプリケーションの動作確認を行って下さい。
  動作確認で正常動作を確認できましたら、手順3.で取得したバック
  アップデータを削除して下さい。

===========================================================

■■本アップデートに関する技術的なお問合せの窓口
  株式会社ハイパーギア カスタマサポート担当: 安斉・倉持
  TEL : 048-654-2141 (平日 10:00~12:00、13:00~17:00 )
  E-mail : support@hypergear.com

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
  ユーザ登録の内容(住所、担当者等)が変更になった
  場合、ユーザ登録の変更依頼をお願い致します。
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

2010年08月12日 13:24

PscanServPlus 5.3.1 アップデート情報

■更新ソフトウェアご提供のお知らせ  (Ver5.3.1アップデータ)  
HGPscanServ シリーズ製品をお使いのお客様に、更新ソフトウェア
(HGPscanServ Plus 5.3.1 インストールメディア)の提供を行い
ます。
===========================================================
■対象となる製品バージョン
 - HGPscanServ Plus 5.1.0 以降
※保守ご契約のお客様、又はご購入頂いてより一年未満のお客様

   ご購入後、一年未満は無償保守期間です。
   一年経過し、保守にご加入されていないお客様は、保守に
   ご加入頂く事により(有償)、バージョンアップ可能となり
   ます(無償)。

■本バージョンアップ版に含まれる変更内容
2010/03/26 Ver5.3.1 機能追加/障害対応
1. 64bitOS ( Server 2008 R2のみ)に対応しました。
2. 画像処理技術を利用した自動傾き補正機能を追加しました。
3. ジョブ.INIを廃止しています。
4. PDFフォント辞書の値を修正しています。
5. 特定のPDFをJPEG2000とQR分割の設定で変換するとPDFが出力され
  ない不具合を解消しています。
6. hgctrlファイルを使用して変換した場合、ログの出力内容が正し
  くない不具合を解消しています。
7. 高圧縮PDF内の特定のQRが認識できない不具合を解消しています。
8. グラフ内の横棒がPDF変換すると消えてしまう不具合を解消して
  います。
9. 特定のファイルの変換で文字の間隔が詰まってしまう不具合を
  解消しています。
10. 出力先設定で複数出力指定するとテキストファイルが出力される
  不具合を解消しています。
11. サービスマネージャ画面の[×]ボタンでプロセスが終了するよう
  修正しています。
12. Excel内に貼り付けたオブジェクトの文字が重なってしまう問題
  があり、その問題を解消しています。
13. 特定のデータを600dpiの解像度で変換した場合、タイムアウト
  エラーになる問題があり、その問題を解消しています。
14. 1P分割時、複数ページにて出力される場合がある問題があり、
  その問題を解消しています。
15. hgctrlファイル内でにてファイル名を指定する際、「.」が入って
  いると「.」以降がファイル名にならない問題があり、その問題を
  解消しています。
16. hgctrlを連続で投入した際、途中のhgctrlの変換でエラーになると、
  その後の変換が全て対象外として処理される問題があり、その問題
  を解消しています。
17. 自動正立と併せてOCRの設定を行うと特定のデータで一部がOCR処理
  されない問題があり、その問題を解消しています。
18. サポートツールのジョブ情報取得機能をXML対応しています。
19. Windows2008 R2 [64bit] 動作環境におけるサービス起動による
  変換で、Windowsログオフ状態でMS-Office文書の変換が行えない
  問題があり、OSの設定方法による回避方法をインストールマニュアル
  に記載しています。
20. サービス起動による変換でHTMLファイルが変換できない問題を解消
  しています。
21. 破損したMS-Office文書の変換において、タイムアウト処理後に
  ファイルを削除できない場合があり、その問題を解消しています。
22. QRコード内に["](ダブルクォート)が含まれている場合、CSV出力
  などが正しく行なえない問題を解消しています。
23. 特定の2つのPDFをファイルを結合した場合、文字コード処理に起因
  して正しいPDFを作成できない問題を解消しています。
24. QR自動正立とQRコードのエリア認識を同時に指定した場合、QR自動
  正立の情報が優先して使用されていた問題を解消しています。
25. XDW変換のみを指定した場合、外部アプリ連携で指定したプログラム
  が起動しない問題を解消しています。
26. 特定のVisioデータで変換後のファイル容量が大きくなる問題を解消
  しています。
27. バーコード認識した場合、特定のチェックディジット付きバーコード
  の最終文字が欠落する問題を解消しています。
28. Cドライブ以外のドライブにインストールした場合、正常に
  インストールができない問題を解消しています。


【注意・制限事項】
・本バージョンアップは、HGPscanServ Plus を対象としております。
 Plus以外の製品(PscanPro, PscanCAD等)は対象外です。

■インストールメディア入手と適用方法  
 [入手方法]
 下記内容を弊社お問い合わせ窓口まで本メールの返信にて
 ご連絡下さい。

 ・製品シリアル番号:2420-
 ・貴社名     
 ・ご担当者名   
 ・ご住所     
 ・お電話番号  

 [適用方法]
1.インストールメディアの確認
  バージョンアップ用CD「HGPscanServ Plus Ver5.3.1」をご用意
  下さい。
2.稼働中の変換サービスおよびアプリケーションの停止
  HGPscanServ Plusの変換サービスまたは、画面起動によるアプリ
  ケーションが起動されている場合、サービスの停止または、アプ
  リケーションの終了を行って下さい。
  1)変換サービスが起動中の場合
    1.[スタート]メニュー → [コントロールパネル] →
     [管理ツール] → [サービス]を選択し、
     Windowsサービス画面を起動します。
    2.サービスの一覧(名称)より、“HG/PscanServ Service”
     をマウスで右ボタンクリックし、「停止」を選択して、
     サービスを停止します。
     ※サービス停止後、Windowsサービス画面を終了して下さい。
  2)HGPscanServPlusのアプリケーション画面が起動されている場合
    1.アプリケーションが”監視中”の場合、「監視停止」
     ボタンを押し監視を停止して下さい。
    2.「アプリケーション」メニューより「終了」を選択し、
      アプリケーションを終了します。
3.ご使用バージョン(Ver5.X)の変換設定情報のバックアップ
  現在、ご使用中のHGPscanServ Plusの変換設定情報を任意の
  フォルダにコピーして下さい。
  (通常、プログラムのアンインストール後も変換設定情報は
   保持されますので、同一フォルダに再インストールした際は、
   同一の設定が引き継がれます。再インストール時にインスト
   ール先フォルダを変更された場合や、バージョンアップ作業
   が完了できず設定が引き継がれなかった場合には、ここで
   バックアップした変換設定情報より設定を元に戻す事ができ
   ます)
  1)インストールフォルダ(C:\Program files\PscanServ5など)の
   直下にある以下のファイルおよびフォルダをコピーします。
   1. ファイルの拡張子が”.INI”, “.TXT”のファイル
   2. config-psv5-xmlフォルダ全て
   ※ C:\temp などバックアップ用のフォルダを任意に作成して
    保存します。
   【注意】バックアップするファイルは、小文字の拡張子”.ini”,
       “.txt”も対象として下さい。
4.ご使用バージョン(Ver5.X)のアンインストール
  ご使用頂いておりますバージョンのプログラムをアンインストー
  ルします。
  1) [スタート]メニュー → [コントロールパネル] → [プログラ
    ムの追加と削除] を選択し、“HGPscanServ Plus [Ver5.X]“
    をアンインストール(削除)して下さい。
5.アンインストール後のPC再起動
  PCを再起動して下さい。
6.バージョンアップCDによる再インストール
  バージョンアップ用CDをドライブにセットし、再インストールを
  行なって下さい。
  ※インストールマニュアルは、CDに同梱されています。
  【注意】4.のアンインストールを行なわず再インストールを実施
      した場合、インストール中にエラーが発生し、正しくイン
      ストールが行なわれません。
      その場合はインストールをキャンセルし、4.からやり直
      して下さい。
7.バージョンアップ完了後のPC再起動
  PCを再起動して下さい。
8.設定情報の確認
  HGPscanServPlusの画面でバージョンアップ前の設定が表示される
  か確認して下さい。
  バージョンアップ前の設定が表示されない場合は、以下9.の手順
  を実施して下さい。
9.旧バージョンの変換設定情報のセットアップ
  インストール完了後、3.で任意のフォルダにバックアップしてお
  いた変換設定条件のファイルとフォルダをインストールフォルダに
  コピーして上書きし、PCを再起動して下さい。
10.設定情報の再確認
  HGPscanServPlusの画面でバージョンアップ前の設定が表示されるか
  確認して下さい。
  バージョンアップ前の設定が表示されない場合は、お手数ですが弊社
  サポートまでご連絡下さい。
11.バージョンアップ後の動作確認
  バージョンアップと変換条件の内容が正しく設定されている事を
  ご確認頂いた後、アプリケーションの動作確認を行って下さい。
  動作確認で正常動作を確認できましたら、手順3.で取得したバック
  アップデータを削除して下さい。

===========================================================

■■本アップデートに関する技術的なお問合せの窓口
  株式会社ハイパーギア カスタマサポート担当: 安斉・倉持
  TEL : 048-654-2141 (平日 10:00~12:00、13:00~17:00 )
  E-mail : support@hypergear.com

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
  ユーザ登録の内容(住所、担当者等)が変更になった
  場合、ユーザ登録の変更依頼をお願い致します。
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

2010年04月26日 14:41

PscanServPlus 5.2.1 アップデート情報

■更新ソフトウェアご提供のお知らせ  (Ver5.2.1アップデータ)
HGPscanServ シリーズ製品をお使いのお客様に、更新ソフトウェア
(HGPscanServ Plus 5.2.1 インストールメディア)の提供を行い
ます。
===========================================================
■対象となる製品バージョン
 - HGPscanServ Plus 5.1.0 以降
※保守ご契約のお客様、又はご購入頂いてより一年未満のお客様

   ご購入後、一年未満は無償保守期間です。
   一年経過し、保守にご加入されていないお客様は、保守に
   ご加入頂く事により(有償)、バージョンアップ可能となり
   ます(無償)。

■本バージョンアップ版に含まれる変更内容
2009/11/10 Ver5.2.1 機能追加/障害対応
1. Windows7に対応しました
2. アプリケーションデータのカラー設定で、モノクロ指定が有効
にならない問題を解消しています
3. OCR処理で「既存OCR文字を透明化する」指定が有効にならない
問題を解消しています
4. PDFファイルからしおりを抽出しCSV出力することができない
問題を解消しています
5. 両面印刷の設定が有効にならない問題を解消しています。
6. BMPファイル出力の変換で、一度BMP出力失敗すると、以降、
全てのBMP出力が失敗する問題を解消しています
7. 画像PDFの「再構成する/しない」についての説明を、画面上に
表示しています
8. ノンブル(ページ)のマスク機能のカラーを指定できるように
しています
9. バーコード分割で認識結果を出力ファイル名に設定し、出力
フォルダ設定で変換後ファイル名からサブフォルダを作成する
設定した場合に、元ファイル名で作成されてしまう問題を解消
しています
10. 出力先フォルダ(既存)に認識結果で振り分ける指定をしても、
出力先直下に出力されてしまう問題を解消しています。
11. Office2003環境でPPTファイルを300件以上連続変換すると、
タイムアウトエラーになってしまう問題を解消しています
12. 特定のPDFでウォーターマーク文字が点線になる問題を解消し
ています
13. ノンブルの設定で、基準位置が下中央の場合に正しい位置につ
かない問題を解消しています
14. タイムスタンプサーバ設定でポート番号の設定が出来ない問題
を解消しています
15. コントロールファイル(hgctrl)での結合で、ファイル名指定が
効かない問題を解消しています
16. OCR認識結果をXLSで出力した際、罫線が出てこない問題を解消
しています
17. hgctrl結合で、3ファイル指定時、最後のファイル内容3ページ分
が作成される問題を解消しています
18. ページをカバーで覆う設定時、PDFセキュリティの互換性5.0が
設定できない問題を解消しています
19. 特定のPSファイルの変換で、Acrobatで直接印刷した場合と向きが
異なる問題を解消しています
20. 特定のデータで、OCR認識結果をXLS出力したデータを開くとエラ
ー問題を解消しています
21. 仮想プリンタへの印刷から変換を行った後、監視による変換がエ
ラーになる問題を解消しています
22. 分割認識結果でフォルダ+ファイル名にする設定が有効になら
ない問題を解消しています
23. 特定のソフトウェア製品(OSK社 eValueNS)との同居環境の
自動判定機能が有効になっていない問題を修正しています。
(eValueNSをご利用でない環境では発生いたしません)

【注意・制限事項】
・本バージョンアップは、HGPscanServ Plus を対象としております。
 Plus以外の製品(PscanPro, PscanCAD等)は対象外です。

■インストールメディア入手と適用方法  
 [入手方法]
 下記内容を弊社お問い合わせ窓口までメールにてご連絡下さい。

 ・製品シリアル番号:2420-
 ・貴社名     
 ・ご担当者名   
 ・ご住所     
 ・お電話番号  

 [適用方法]
1.インストールメディアの確認
  バージョンアップ用CD「HGPscanServ Plus Ver5.2.1」をご用意
  下さい。
2.稼働中の変換サービスおよびアプリケーションの停止
  HGPscanServ Plusの変換サービスまたは、画面起動によるアプリ
  ケーションが起動されている場合、サービスの停止または、アプ
  リケーションの終了を行って下さい。
  1)変換サービスが起動中の場合
    1.[スタート]メニュー → [コントロールパネル] →
     [管理ツール] → [サービス]を選択し、
     Windowsサービス画面を起動します。
    2.サービスの一覧(名称)より、“HG/PscanServ Service”
     をマウスで右ボタンクリックし、「停止」を選択して、
     サービスを停止します。
     ※サービス停止後、Windowsサービス画面を終了して下さい。
  2)HGPscanServPlusのアプリケーション画面が起動されている場合
    1.アプリケーションが”監視中”の場合、「監視停止」
     ボタンを押し監視を停止して下さい。
    2.「アプリケーション」メニューより「終了」を選択し、
      アプリケーションを終了します。
3.ご使用バージョン(Ver5.1.X)の変換設定情報のバックアップ
  現在、ご使用中のHGPscanServ Plusの変換設定情報を任意の
  フォルダにコピーして下さい。
  (通常、プログラムのアンインストール後も変換設定情報は
   保持されますので、同一フォルダに再インストールした際は、
   同一の設定が引き継がれます。再インストール時にインスト
   ール先フォルダを変更された場合や、バージョンアップ作業
   が完了できず設定が引き継がれなかった場合には、ここで
   バックアップした変換設定情報より設定を元に戻す事ができ
   ます)
  1)インストールフォルダ(C:\Program files\PscanServ5など)の
   直下にある以下のファイルおよびフォルダをコピーします。
   1. ファイルの拡張子が”.INI”, “.TXT”のファイル
   2. config-psv5-xmlフォルダ全て
   ※ C:\temp などバックアップ用のフォルダを任意に作成して
    保存します。
   【注意】バックアップするファイルは、小文字の拡張子”.ini”,
       “.txt”も対象として下さい。
4.ご使用バージョン(Ver5.1.X)のアンインストール
  ご使用頂いておりますバージョンのプログラムをアンインストー
  ルします。
  1) [スタート]メニュー → [コントロールパネル] → [プログラ
    ムの追加と削除] を選択し、“HGPscanServ Plus [Ver5.X.X]“
    をアンインストール(削除)して下さい。
5.アンインストール後のPC再起動
  PCを再起動して下さい。
6.バージョンアップCDによる再インストール
  バージョンアップ用CDをドライブにセットし、再インストールを
  行なって下さい。
  ※インストールマニュアルは、CDに同梱されています。
  【注意】4.のアンインストールを行なわず再インストールを実施
      した場合、インストール中にエラーが発生し、正しくイン
      ストールが行なわれません。
      その場合はインストールをキャンセルし、4.からやり直
      して下さい。
7.バージョンアップ完了後のPC再起動
  PCを再起動して下さい。
8.設定情報の確認
  HGPscanServPlusの画面でバージョンアップ前の設定が表示される
  か確認して下さい。
  バージョンアップ前の設定が表示されない場合は、以下9.の手順
  を実施して下さい。
9.旧バージョンの変換設定情報のセットアップ
  インストール完了後、3.で任意のフォルダにバックアップしてお
  いた変換設定条件のファイルとフォルダをインストールフォルダに
  コピーして上書きし、PCを再起動して下さい。
10.設定情報の再確認
  HGPscanServPlusの画面でバージョンアップ前の設定が表示されるか
  確認して下さい。
  バージョンアップ前の設定が表示されない場合は、お手数ですが弊社
  サポートまでご連絡下さい。
11.バージョンアップ後の動作確認
  バージョンアップと変換条件の内容が正しく設定されている事を
  ご確認頂いた後、アプリケーションの動作確認を行って下さい。
  動作確認で正常動作を確認できましたら、手順3.で取得したバック
  アップデータを削除して下さい。

===========================================================

■■本アップデートに関する技術的なお問合せの窓口
  株式会社ハイパーギア カスタマサポート担当: 安斉・倉持
  TEL : 048-654-2141 (平日 10:00~12:00、13:00~17:00 )
  E-mail : support@hypergear.com

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
  ユーザ登録の内容(住所、担当者等)が変更になった
  場合、ユーザ登録の変更依頼をお願い致します。
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

2009年12月28日 10:35

PscanServPlus 5.1.11 アップデート情報

【Ver5.1.0 以降の変更内容】  (Ver5.1.11アップデータ)


2009/08/07 Ver5.1.11 機能追加/障害対応
1. CODE128規格のバーコード認識に対応しました。
2. 画像ファイル(TIFF/JPEG/画像PDF)にOCR等を付加した場合
  そのPDFをAcrobatまたはAdobe Readerで開き、スクロールバーで
  ページ操作をした場合にエラーダイアログが表示され、
  ページが白くなるなど表示が乱れる問題を解消しています。
 (本障害は5.1.10のみで発生するもので、他バージョンでは発生
 致しません。)
3. アマノタイムビジネス社によるタイムスタンプをPDFに付与する
  設定で、かつ電子署名しない場合、変換エラーになる問題を
解消しています。
4. 自動変換できないアプリケーションデータ(ダイアログへの応答
  など対話的な操作が必要)は変換処理がタイムアウトしますが、
  変換元データが解放されないために、変換処理がタイムアウト
  した後も当該ファイルの操作(削除等)ができない問題を解消
  しています。
5. Acrobat 9がインストールされた環境で、アプリケーションデータ
  のPDF変換ドライバにAdobe PDFプリンタが指定されている場合、
  Adobe PDFプリンタの設定(ジョブオプション)が変更できなく
  なる可能性があり、その問題を修正しました。
6. 本製品をインストールしたPCに制限ユーザでログインした際に
  エラーダイアログが表示される問題を修正しました。(本製品は
  制限ユーザではご利用いただけません。他用途のため制限ユーザ
  とPCを共用されている場合の現象です。)


2009/07/17 Ver5.1.10 機能追加/障害対応
1.ログファイル設定に、「変換に失敗したとき、エラーをイベントログに
 記録する」機能を追加しています。
2.本書に「7 起動確認」を追加しています。
 接続エラー時における対処方法を掲載しています。
3.Server2008にてサービスでのOffice文書の変換ができない問題
  を解消しています。
4特定のファイル名のDocuWorks変換が、エラーになる問題を解消
 しています。
5.出力ディレクトリ設定で、フォルダは作成されるが、データが保存
 されない問題を解消しています。
6. 特定の文字が画像として変換されてしまう問題を解決しています。
7.仮想プリンタへの印刷による変換で1000件の連続変換中に画像
 処理エラーが起きてしまう問題を解消しています。
8.変換中にサブプログラム(tiff2tiff, ocrtext5など)が複数個起動
 される問題を解消しています。
9.監視中にアプリケーションサーバ(PscanServAS)のメモリ使用量が
 増加する問題を解消しています。


2009/06/30 Ver5.1.9 機能追加/障害対応
1,コマンド連携の高速化のため、システム連携専用のコマンドを追加
 しました。
 [注意:本機能をご利用の場合、別途ライセンスが必要となります]
2.OCR認識で縦書き認識が認識されにくい問題を解消しています。
3.特定のPPTの変換で文字化けが発生する問題を解消しています
4.Excel変換時文字色が正しく出力されない場合がありその問題を
 解消しています。
5.QR分割で指定したフォルダに保存されない場合がありその問題を
 解消しています。
6.特定のExcelで3シートのデータを変換すると2ページになる場合が
 ありその問題を解消しています。
7.特定のWord変換時、下線が表示されない場合がありその問題を
 解消しています。
8.特定のデータの変換で「変換対象データがありません」のエラーに
 なる問題を解消しています。
9.特定のPDFにOCRがかからない問題を解消しています。
10.設定方法によりフォルダは作成されるが、データが出力されない
  場合がありその問題を解消しています。
11.最適化の設定で変換しても最適化とならない場合がありその問題
  を解消しています。
12.特定のデータのエクセル変換時に、データの一部が欠ける問題を
  解消しています。
13.Visioでヘッダーにファイル名を挿入するを設定しているがその
  ファイル名にならない問題を解消しています。
14.アプリケーション変換時、特定の文字が画像として変換される問題
  を解消しています。
15.A4横のFAXデータが、A4縦サイズに縦長になって変換される問題
  を解消しています

2009/02/23 Vev5.1.6 機能追加/障害対応
1.PDF暗号化方式としてAES128Bit暗号化を搭載しています。
2.オプション機能としてQRコード認識結果をCSVファイルに出力する
 機能を追加しています。
[注意:本機能をご利用の場合、別途ライセンスが必要となります]
3.オプション機能として外部から変換実行をコマンド起動できる機能
 を追加しています。
[注意:本機能をご利用の場合、別途ライセンスが必要となります]
4.特定のExcelファイルで全ページ出力されない問題を解消しています。
5.ウォータマークに指定した画像のサイズが用紙サイズにより変わる
 問題を解消しています。
6.ファイル名に特定の文字(%)を含む場合エラーとなる問題を解消して
 います。
7.複数のJOBの変換で、変換開始日時を指定したJOBがある場合、
 期待する順序で変換が行われない問題を解消しています。
8.Excel内の図を張りつけた特定のWordファイルの変換でエラーが発生
 する問題を解消しています。
9.特定のソフトウェア製品(OSK社製 eValueNS)との連携方式を修正
 しています。

【注意・制限事項】
・本アップデータは、PscanServ Plus Ver5.1.0 以降のインストール環境への
 アップデータ(差分)ファイルになりますので、Ver5.1.0より前のバージョンへ
 適用しても正常に動作が行えません。

【ダウンロード・セットアップ方法】
 こちらからダウンロードして下さい。 
 >>> [PscanServ Plus Ver 5.1.11 アップデータ] 
  
【セットアップ方法】
1.PscanServを終了します。
  画面(GUI)、又はサービスを終了して下さい。

  サービスをご利用の場合は、起動方法を「手動」に設定して下さい。
 (コントロールパネル>管理ツール>サービス>HG/PscanServService)

2.マシンを再起動して下さい。

3.仮想プリンタサービスHG/VPrinter Monitor Serviceを停止してください。
 (コントロールパネル>管理ツール>サービス>HG/VPrinterMonitor Service)

4.常駐プログラムの終了をして下さい。
  1) PscanServAS.exe
    コマンドプロンプトより、
    "C:\Program Files\PscanServ5\PscanServAS.exe" -shutdown
    と実行してください。(上記デフォルトですが、パスはインストールフォルダを指定してください)
  2)HGPrintController.exe
    コマンドプロンプトより、
    TaskKill /IM HGPrintController.exe
    を実行してください。

5.アップデータ適用
  ダウンロードしたファイルは、自己解凍形式です。
  1)任意の場所よりダブルクリックしてください。
  2)インストールフォルダを指定し、OKボタンを押してください。

6.マシンを再起動して下さい。
  サービスをご利用の場合は、1.で変更致しました起動方法を「自動」にし、
  サービスを開始して下さい。
  (コントロールパネル>管理ツール>サービス>HG/PscanServService)


==========================================================

2009/09/08
  Plus5.1.11 のパッチが作成されました。 下記リンクより、サポート情報を
  ご確認頂き、内容に応じまして、ご摘要下さい。
>>> [PscanServ サポート情報] 

2009年07月23日 10:24

Powerd by Movable Type3.121