★★【無料セミナー】INPITタイムスタンプ保管サービスを活用!知財管理 対策セミナー

semi-20160907.jpg

2017年12月19日(火)無料セミナーを行います。
知財マネジメントにおいては、技術情報の公開・権利化、秘匿化を組み合わせる
いわゆる「オープン&クローズ戦略」への関心が高まってきており、  タイムスタンプを活用し
知財の秘匿化政策とる企業が増えてきています。

2017年3月27日より、INPIT(独立行政法人 工業所有権情報・研修館)による
「タイムスタンプ保管サービス」が開始され、知財関連の電子文書に付与した
タイムスタンプの情報(タイムスタンプトークン)を同サービスに登録し、
預入証明書を取得することができるようになりました。

これにより、タイムスタンプトークンの長期保管ができ、特定資料の作成日時の
立証負担を軽減する効果が期待できます。

本セミナーでは、なぜ知財文書管理が必要なのかを説明します。
また、タイムスタンプ  の活用方法や、タイムスタンプ付与する手法、
「タイムスタンプ保管サービス」に対応し、  知財関連電子文書と預入証明書を一元管理する、
「WWDS知財アーカイブ」(2017年5月リリース)  をご紹介いたします。

定員は15名です。満席となり次第、受付を終了させて頂きます。
参加ご希望の方は、お早めに下記よりお申し込みください。


●セミナー概要

主催 株式会社ハイパーギア
開催日時 2017年12月19日(火) 14:00~17:00(13:30~受付)
開催場所 東京都新宿区市谷左内町21番地 市谷山上ビル 3F
株式会社ハイパーギア 東京オフィス セミナールーム
[地図はこちら!]
定員 先着限定 15名
(定員になり次第、受付を締め切らせて頂きます)
参加費 無料
お申込み 下記リンクをクリックし、フォームよりお申し込みください。

  2017年12月19日(火)セミナー申し込みへ

アジェンダ

14:00~15:00 知的財産権確保におけるタイムスタンプの活用方法
         INPITタイムスタンプサービス紹介
15:00~15:10 休憩
15:10~16:30 タイムスタンプを効率よく付与し、延長が可能な
         「HGPscanServPlus」の紹介
          INPIT預入証明書を一元管理できる、
         「WWDS知財アーカイブ」のご紹介
         タイムスタンプ活用事例
16:30~17:00 Q&A

※アジェンダ内容は変更となることがあります。





★★★ 多数のご来場、お待ちしております ★★★


セミナー問い合わせ

前のトピックスへ   ホームに戻る   次のトピックスへ
お問い合わせ・資料請求はこちら