知財関連電子文書にタイムスタンプ自動付与、一元管理し、
INPITタイムスタンプ保管サービスに対応した「WWDS知財アーカイブ」7月1日販売開始

2017年06月15日   
株式会社ハイパーギア   

報道関係者各位
プレスリリース


知財関連電子文書にタイムスタンプ自動付与、一元管理し、

INPITタイムスタンプ保管サービスに対応した

「WWDS知財アーカイブ」 7月1日販売開始



株式会社ハイパーギア(本社:埼玉県さいたま市、代表取締役社長:本田 克己)は、
社内のファイルサーバに追加導入するだけで、知財関連電子文書にタイムスタンプを
自動付与し一元管理が行える、「WWDS知財アーカイブ」を7月1日に発売します。

WWDS知財アーカイブ概要図,知財ソリューション、知的財産ソリューション
システムイメージ図
WWDS知財アーカイブ
 http://www.hypergear.com/pdf/WWDS-chizai.html


■背景
企業活動のグローバル化が進み、特許出願・取得だけでなく、営業秘密の漏えい・不正二次利用の防止対策も含めた、包括的な知財戦略が必要となる時代になり、知的財産に関係する電子文書の保存、管理の重要性が増しています。
企業にとって特許出願は、特許権が取得できれば、絶対的な排他的独占権を取得でき、競争者の特許侵害に対して差止・損害賠償ができ非常にメリットがあります。しかし、特許出願には、出願から成立までに費用がかかり、特許権を取得できない場合もあります。特許権が取得できなくても、1年半後には情報が公開されてしまうので、同業者に特許権取得前に模倣、利用されてしまうリスクもあります。
自社のノウハウや独自技術を特許申請せず「先使用権」を活用して権利化するためには、タイムスタンプを利用し電子文書をいつ作成・保有していたかの証明が重要です。


■「WWDS知財アーカイブ」の特長
電子文書にタイムスタンプ付与するだけのツールだけでは、対象電子文書を一元管理し検索閲覧するための文書管理システムや、タイムスタンプの有効期限を管理し延長処理する方法を別途用意する必要があります。また、INPITタイムスタンプ保管サービスを利用する場合、タイムスタンプトークンの預け入れ情報や預入証明書PDFを、元文書と関連付けて保管する運用も考えなければなりません。
「WWDS知財アーカイブ」は、このような知財関連電子文書の管理課題を解決するための機能を提供します。

1.自動実行による文書ファイルへのタイムスタンプ付与
 ・文書名、などの条件を指定して、該当電子文書のみタイムスタンプを付与することができます。
 ・タイムスタンプはPDF長期署名仕様(PAdES)に対応し10年間毎のタイムスタンプ再付与により
  有効期間を延長することができます。
 ・タイムスタンプ有効期限を確認し、タイムスタンプを再付与することができます。

2.INPITタイムスタンプ保管サービス登録情報を元ファイルに関連付けて保管
 ・タイムスタンプ付与PDFから、INPITタイムスタンプ保管サービス登録するタイムスタンプトークン
  を抽出することができます。
 ・INPITタイムスタンプ保管サービスからダウンロードした、タイムスタンプトークンの管理番号、
  発行日時、有効期限、預入日時・期限、預入証明書PDF、預入証明書最終発行日を、
  元文書に関連付けて保管することができます。

3.ファイルサーバの文書ファイルをWEBブラウザで検索、閲覧
 ・文書管理専用の設定なしで、WEBブラウザからファイルサーバ上のフォルダ、ファイルを閲覧できます。
 ・Active Directoryでフォルダに設定しているアクセス権限を継承し、閲覧権限を管理できます。
 ・ユーザの業務ルールに適したカスタム属性を登録することで文書ファイルを管理でき、属性値の
  条件を指定して検索ができます。

 ※1 INPITタイムスタンプ保管サービス
 独立行政法人 工業所有権情報・研修館(INPIT)が提供する知財関連のファイルに付与した
 タイムスタンプのトークンファイルを長期保管、預入証明書を発行するサービス。

 https://faq.inpit.go.jp/tradesecret/ts/ts_service.html

■システム概要
 ・システムイメージ図
  http://www.hypergear.com/mt/main/archives/20170614_relese_chizai_1.jpg

 ・文書管理画面
  http://www.hypergear.com/mt/main/archives/20170614_relese_chizai_2.jpg


製品詳細はこちらをご覧ください。
  http://www.hypergear.com/pdf/WWDS-chizai.html


本ニュースリリースに対して、アマノビジネスソリューションズ株式会社様より、
以下のエンドースメントコメントをいただいております。

 アマノビジネスソリューションズ株式会社(以下「ABS」)は株式会社ハイパーギア様の
 「WWDS知財アーカイブ」の販売開始を歓迎します。

 ABSが提供するアマノタイムスタンプサービス3161は電子データがいつから
 存在していたか(存在証明)、タイムスタンプ付与後にデータに改変がなかったか
 (非改ざん証明)を第三者的に証明するサービスです。

 タイムスタンプは、知財市場における先使用権の立証、営業秘密保護における
 証拠力確保の手段の1つとして注目を浴びており、特許庁所管の
 INPIT(独立行政法人 工業所有権情報・研修館)によるタイムスタンプ保管サービスも
 開始されるなど、益々ニーズが高まっています。

 WWDS知財アーカイブではこのタイムスタンプ機能はもちろんのこと、文書を適切に
 管理するための機能も数多く搭載されており、知財管理に有益なソリューションと
 なることを確信しております。

 今後もABSは株式会社ハイパーギア様との協業体制をより一層強化し、
 日本の知財を守るべく、お客様のニーズに沿った最適なソリューションの
 構築、提案に尽力してまいります。


■展示会出展
 2017年6月21日から23日まで、東京ビックサイトで開催される
 「設計・製造ソリューション展」に、出展、デモいたします。
 ・出展情報:  http://www.hypergear.com/mt/main/archives/2017/06/28_2.html

■動作環境
 [サーバ]
  Microsoft(R) Windows Server(R) 2008 / 2008 R2 / 2012 / 2012 R2 /2016
  (いずれも日本語版のみ)
  ※WEBサーバとして、IIS7.0/7.5/8.0/8.5を使用します。
 [クライアント]
  PC:Windows 7,8.1,10(日本語版のみ)
   Internet Explorer(R) 10,11, Microsoft Edge(R), Google Chrome, Firefox(R)

■出荷開始日
 2017年7月1日

■価格
 2,500,000円(税別) 同時接続100ユーザ、100万ファイルまで

<「WWDS知財アーカイブ」のお問合せ先>
 URL:   http://www.hypergear.com/inquiry/index.html
 TEL: 03-5225-7531

■企業概要
 法人名  : 株式会社ハイパーギア
 本社所在地: 埼玉県さいたま市大宮区櫛引町1丁目72-2
 代表者  : 代表取締役社長 本田 克己
 URL    : http://www.hypergear.com

Microsoft、Windows、Windows Server、IIS、Internet Explorer、Edgeは、
米国 Microsoft Corporation の米国及びその他の国における商標または登録商標です。

前のトピックスへ   ホームに戻る   次のトピックスへ
お問い合わせ・資料請求はこちら