★★無料セミナー【すぐに始められる、既存Webシステムの情報漏えい対策】[終了]

20130129hg-semi.jpg

   

★★★ 多数のご来場、たいへんありがとうございました★★


株式会社ハイパーギアは、6月7日無料セミナーを開催いたします。




【すぐに始められる、既存Webシステムの情報漏えい対策】


既存のWebシステムに変更・追加開発をすることなく
図面や仕様書など機密文書の漏えい対策を実現します。


公開対象のTIFFやPDFファイルを
公開時に、動的にセキュアPDFに変換できる
-----------------------------------
『ファイルプロテクトfor IIS』

    
Webシステムで、ブラウザ経由で漏えいするのを防止する
画面キャプチャー防止、コピー&ペースト等防止できる
------------------------------------------
『画面プロテクト for IIS』




★ すでに導入済みのWebシステムで、情報管理、公開、共有を
実現されている方に、すぐに、お役に立つ情報です!! ★


近年、大手企業に限らず、多くの日本企業のグローバル化がすすんでいます。
これに伴い、図面や仕様書などの技術情報、営業機密を電子化して、Web利用による文書管理システムや情報共有システムで管理、運用するケースが増えています。
コスト削減、納期短縮、品質の向上などの目的ですが、電子化に伴いセキュリティ面の確保など多くの課題もあります。

例えば、ログイン管理は行っていても、一度ログインしてしまえば、閲覧しているファイルを流用したり、複製したりする2次漏えいに対する防止策はできません。

しかし、ファイルの持出禁止など高度な情報漏えい対策は、市販パッケージや、自社開発のシステムでは、ほとんど行われていないのが現状です。


■ハイパーギアからの、解決提案

「ファイルプロテクト for IIS」は
マイクロソフト社のWebサーバーであるIISに組み込まれ、TIFFやPDFファイルをダウンロードする時にリアルタイムで、持出禁止などの高度なセキィリティPDFに変換し、流用や2次漏えいを防止します。
対象ファイルの事前変換が不要で、またフィルターソフトウェアなので、文書管理システムや、情報共有システムを一切変更せずに利用できます。

また、WEBシステムで情報を公開する場合、ブラウザ経由でキャプチャを取られたり、クライアントPCに保存されたりして、情報が漏えいするリスクがあります。
これらの対策として、ブラウザの機能を制限することが必要ですが、ブラウザ上での画面キャプチャーの防止、印刷禁止などが行える「画面プロテクト for IIS」を利用すれば、システムごとに個別開発することなく、パッケージだけで対策出来ます。

今回のセミナーでは、これらの新製品のデモンストレーションと導入パターンを詳しくご紹介いたします。ぜひ、この機会にご参加ください。



【開催概要】

 ■主   催: 株式会社ハイパーギア

 ■開催日時: 2013年6月7日(金) 15:00~17:00(14:30~受付)

 ■開催場所: 東京都新宿区市谷左内町21番地 市谷山上ビル 3F
          株式会社ハイパーギア 東京オフィス セミナールーム

▼アクセスマップ▼
tokyo-map.jpg
↑↑ クリックすると拡大します ↑↑
   

 ■定  員: 先着限定16名
         (定員になり次第、受け付けを締め切らせて頂きます)

 ■参加費 : 無料
 
 ■お申込 : こちらのフォームからお申込みください


 ■アジェンダ :
           15:00~15:30 すぐにはじめられる、既存Webシステムの情報漏えい対策
           15:30~16:00 「ファイルプロテクト for IIS」デモンストレーション
           16:00~16:20 「画面プロテクト for IIS」デモンストレーション
           16:20~16:40 複合機とQRコードを使った、最新電子化ソリューション
           16:40~17:00 Q&A

 ※アジェンダ内容は変更となることがございます。



★★★ セミナーにご参加いただきましたお客様全員に粗品をプレゼントいたします ★★★




■お問い合わせ
 Mail:info@hypergear.com
 Tel :03-5225-7531

前のトピックスへ   ホームに戻る   次のトピックスへ