★★無料セミナー【3回で250名以上のお申込み】電子化から電子証憑化の時代へセミナーをより深く[終了]


★★★ 満員御礼!多数のご来場、たいへんありがとうございました★★


株式会社ハイパーギアは、4月24日無料セミナーを開催いたします。

2月8日、22日また3月15日満員につき、内容をバージョンアップして追加開催を決定致しました!
ご都合で参加できなかった方や、もっと詳しく知りたい方は、ぜひご参加ください。



■■ドキュメントの電子化から電子証憑化の時代へ■■
     ~企業の知的財産を守るため~

自社のノウハウや独自技術は権利化したいが、公開はしたくないという経営者や技術者の方、
あるいは、そのようなお客さまへのご提案を考えている方へ、本セミナーで、より具体的に、「電子証憑化」のご提案をします。
医療機関でのe文書法対応の事例も、あわせてご紹介!

さまざまな分野で電子化が促進されていますが、近年、特に注目されているのが知的財産分野です。
知的財産情報を電子化し、保護するためには

1)そのノウハウや技術情報が、いつ、誰によって創作されたか
2)それを示すドキュメントが改ざんされていないか

を、客観的に証明する必要があります。

Wordで作成した「研究ノート」や「技術報告書」を文書管理システムに電子保存しておくだけでは、これらの要件を満たすことができません。紙書類をスキャナで電子化し保存している場合でも同じです。

また、自社の特許発明を権利化するために、特許出願という手段がありますが出願には膨大な時間とコストがかかり、特許権を取得できない場合があります。
そして、もっとも重要なリスクは、出願した内容は、出願日から1年半で自動的に公開されてしまう、という事です。
このため、ノウハウや独自技術は権利化したいが、公開はしたくないという経営者や技術者のために、特許出願せずに、
知的財産を守る方法として「先使用権」があります。

先願主義の例外として、特許法で認められている「先使用権」の活用のために電子証憑化が非常に重要です。


■ハイパーギアからの、解決提案━━━━━━━

ハイパーギアが開発したe文書法要件で管理する「HG/WWDS証憑管理システム」なら
タイムスタンプや電子署名などのシステム構築すること無く、文書の電子証憑化と
その管理、運用が、すぐに開始できます。

また、すでに文書管理システムを導入済みのお客さまや、文書管理システムと合わせて
ご紹介をお考えの方には、電子証憑化システムのみを、ご提供することも可能です。
 




 
【開催概要】

 ■主  催: 株式会社ハイパーギア

 ■開催日時: 2012年4月24日(火) 14:00~16:30(13:30~受付)

 ■開催場所: 東京都新宿区市谷左内町21番地 市谷山上ビル 3F
          株式会社ハイパーギア 東京オフィス セミナールーム

▼アクセスマップ▼
tokyo-map.jpg
↑↑ クリックすると拡大します ↑↑
   

 ■定  員: 先着限定18名
         (定員になり次第、受け付けを締め切らせて頂きます)

 ■参加費 : 無料
 
 ■お申込 : こちらのフォームからお申込みください
 ■アジェンダ :
       14:00~15:00 電子文書から電子証憑の時代へ
       15:10~15:40 e文書法事例紹介
       15:40~16:15 WWDS電子証憑システム、WWDSメディカルデモ
       16:15~16:30 Q&A

        ※アジェンダ内容は変更となることがございます。  


     
★★★ セミナーにご参加いただきましたお客様全員に粗品をプレゼントいたします ★★★



■お問い合わせ

 本メールの内容については、また、アドレス変更、配信中止のご連絡は、
 下記メールアドレス宛にお願いします。

  セミナー担当
  TEL:048-654-2141
  E-mail:seminar@hypergear.com

前のトピックスへ   ホームに戻る   次のトピックスへ
お問い合わせ・資料請求はこちら