ハイパーギア、TIFF/PDFをリアルタイムでセキュアPDF変換、PDFジェネレータ「HG/DDS v2」発売

                                                   2012年 1月17日
報道関係者各位
                                                株式会社ハイパーギア


ハイパーギア、TIFF/PDFをリアルタイムでセキュアPDFに変換できる
PDFジェネレーター「HG/DDS v2」を発売

~クラウド時代の、情報共有・公開を安全に実現~


株式会社ハイパーギア(本社:埼玉県さいたま市、代表取締役社長:本田克己)は、海外を含む取引先やグループ会社間で、図面や仕様書などドキュメントを公開、共有する際に、リアルタイムにセキュアなPDFに変換できるPDFジェネレーターをMicrosoft社のクラウドサービスAzureにも対応させた新バージョン「HG/DDS v2」を1月17日に販売開始します。

ddsv2.gif

リアルタイムPDFジェネレーター「HG/DDS v2」


 
<背景>
近年、大手企業に限らず、多くの日本企業が海外に進出しています。これに伴い、自社の海外拠点だけでなく、社外の業務委託先や協力会社との図面や仕様書などを安全に、迅速に公開、共有する電子公開システムが求められています。コスト削減、納期短縮、品質の向上などの目的ですが、電子化に伴いセキュリティ面の確保など多くの課題もあります。

例えば、下記のような課題があります。
 1.紙での図面や仕様書の提供は印刷や配送コストが膨らむ
 2.電子公開すると機密情報や知的財産を含むため、セキュリティ面が心配
 3.中国など海外には専用システムを設置したくない

従来、これらの課題を解決するための方法として、マスターデータと別に公開用のデータを予め作成し、公開用のデータにセキュリティを施して、特定のID、パスワードを持ったクライアントのみが閲覧できる様にするなどがありました。しかし、この方法では公開用データを作成する手間や、マスターデータと公開用データの二重管理、同期が必要になるなどの大きなコストがかかっていました。


<解決>
ハイパーギアが開発した、リアルタイムPDFジェネレーター「HG/DDS v2」では、A4/200dpiの100ページTIFFなら約1秒で、10MバイトのPDFなら約2秒でセキュアなPDFに変換することができ、公開用のデータを別途用意することなく、閲覧する都度変換により不正利用を防止したデータの公開や共有ができます。
V2からPDFからの高速セキュア変換が可能になりました。


<HG/DDS v2の特長>
  1.超高速、リアルタイムでTIFFまたはPDFからセキュアなPDFに動的変換
  2.マスターデータと公開用データの二重管理が不要、運用コストを大幅に軽減
  3.ダウンロード禁止、閲覧期限制限、印刷禁止等、高度なセキュリティ設定が可能
  4.Javaモジュールなので既存システムへの組込、カスタマイズなど対応が可能
  5.Microsoft社のAzure等、クラウドでの公開にも利用可能


■詳細はこちらを、ご確認ください
 http://www.hypergear.com/dds-pdf/HGDDS_hp.html


<動作環境>
 WindowsServer2003/WindowsServer2008 [32bit/日本語]
 Linux(PDF入力のみ)


<販売開始日>
 2012年1月17日


<価格>
 オープンプライス


<セミナー>
 2012年1月19日(木)に、弊社市ヶ谷オフィスのセミナールームで、「HG/DDS v2」新バージョンなどの電子文書公開ソリューションのデモンストレーション、導入事例をご紹介するセミナーを実施いたします。

■セミナータイトル
 「クラウド時代の、セキュアな情報共有・公開の新提案セミナー(仮)」
   セミナーの詳細はこちら
   http://www.hypergear.com/mt/main/archives/2012/01/post_77.html?semi0119

 

<HG/DDS v2のお問合せ先>
 株式会社 ハイパーギア 営業部 担当:冨田、水上、武田
 TEL: 03-5225-7531 / FAX : 03-5225-6512
 Mail:info@hypergear.com  URL:http://www.hypergear.com

<報道関係のお問い合わせ先>
 株式会社ハイパーギア  担当:マーケティング 金(キム)
 TEL : 048-654-2141     Mail: kr.kim@hypergear.com
 

※Azureは、米国 Microsoft Corporation の米国、日本およびその他の国における登録商標または商標です。その他記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。


前のトピックスへ   ホームに戻る   次のトピックスへ
お問い合わせ・資料請求はこちら