■■ハイパーセキュア太田社長執筆の記事がセキュリティExpert誌に掲載されました

HG_DRM_1.gif

HG_DRM_2.gif

 

ハイパーセキュア代表取締役社長執筆の広告記事
「企業におけるDRM導入の効果」が2009年9月10日発行の
セキュリティExpert誌P42~P45に掲載されました。


表題:適切なファイル管理でセキュリティを確保
    企業におけるDRM導入の効果

 

文●ハイパーセキュア 太田 雅之
株式会社ハイパーセキュア代表取締役。
2001年より8年間、DRM製品の開発に携わり、技術部長、技術担当取締役を経て現職に至る。

多くの企業にとって、情報漏えいは大きなリスクとなっていますが、顧客名簿の流出など
といった事件は後を立ちません。こうした情報漏えいへの対策として、注目を集めているのが
「DRM 」と呼ばれている技術です。ここでは、このDRM について詳しく解説していきます。


DRMとは
DRM(Digital Rights Management)とは、文書や動画、音声などの電子ファイル/デジタルコ
ンテンツの著作権を保護するため、その利用やコピーを制御・制限・管理する技術です。
  
                                               >>> 以下省略

 

※詳細についてご興味ある方は
営業までお問い合わせいただけますよう、お願いいたします。


前のトピックスへ   ホームに戻る   次のトピックスへ
お問い合わせ・資料請求はこちら