シャープ製デジタル複合機操作でドキュメント業務効率化「HGPscanMFP for SharpOSA」販売

2009年8月6日                                   
                                                    報道関係者各位
 
                                                株式会社ハイパーギア
 


              ハイパーギアがシャープ製デジタル複合機の操作で
             オフィスのドキュメント業務の効率化を図るソフトウェア
                 『HGPscanMFP for SharpOSA』を開発
 



ソフトウェア開発の株式会社ハイパーギア(埼玉県さいたま市 代表取締役:本田克己)とシャープ
ドキュメントシステム株式会社(本社:千葉県千葉市、代表取締役社長:木梨 洋、以下「シャープ
ドキュメントシステム」)は、オフィスにおけるドキュメント業務の効率化を図るソフトウェアとして
「HGPscanMFP forSharpOSA」を共同で開発いたしました。

本ソフトウエアは、シャープ製デジタル複合機の機能拡張プラットフォームSharpOSA3.0で動作し、
複合機の表示パネルでの操作だけでファイルサーバ上のワード、エクセル、PDFファイルなどの印刷を
したり、複合機でスキャンした紙文書をOCR変換して、検索可能なPDFに変換できるものです。

今後、本ソフトウェアの販売およびユーザーサポートを、シャープドキュメントシステム株式会社が
今年8月より開始する予定です。ハイパーギアがシャープドキュメントシステムの協力のもと開発した
「HGPscanMFP for SharpOSA」を、シャープドキュメントシステムが、企業のスキャン/プリントの
効率化やコスト削減のニーズにむけ、提案していくものです。
 

<背景>
企業における紙文書の電子化ニーズは堅調に推移しておりますが、初期の設備投資やスキャン
業務に伴う人的作業負荷などが課題となっております。

その解決策として、デジタル複合機のスキャン機能を使って紙文書の電子化を効率的に行い、ネット
ワーク上にあるパソコンやサーバーに蓄積するなど、デジタル複合機の活用に注目が集まっています。

今回、当社はシャープ製デジタル複合機の機能拡張プラットフォームSharp OSA3.0に対応したソフト
ウェア「HGPscanMFP for SharpOSA」を開発いたしました。デジタル複合機の表示パネルの操作
だけで、紙文書の電子化に伴う複合機とパソコンとの双方向連携が可能です 

※「Sharp OSA(Open Systems Architecture)」について
  Sharp OSAは、MFPの持つAPIを公開し、そのAPIを用いて外部アプリケーションからMFPの機能を
  コントロールするプラットフォーム技術


<「HGPscanMFP for SharpOSA」の特長>

●複合機だけでファイルサーバ上のワードやエクセルファイルを印刷
 複合機の表示パネルで、ファイルサーバ上のワードやエクセル、パワーポイントなどのアプリケーション
 ファイルも直接印刷できます。いちいち自席のパソコンに戻ってアプリケーションを起動し、印刷指示を
 する必要がありません。印刷指示をした場所で出力を受けとるので、取り忘れや、他人が誤って印刷物
 を持っていってしまうなどの問題も大幅に減らせます。


●複合機のパネルでスキャン画像を確認、編集可能
 最近のデジタル複合機では、直接スキャンした電子文書をファイルサーバに送信できますが、スキャン
 した文書の方向が間違っていないか、かすれや精度に問題がないかの確認をするには、パソコン上で
 ファイルを表示して確認する必要がありました。 
 HGPscanMFP for SharpOSAでは、スキャンされた紙文書を複合機上のパネルで表示でき、スキャン
 した画像の方向の確認、拡大表示、回転やページ削除などの操作も行えます。スキャン後、自席に
 戻ってパソコンで確認するなどの手間が大幅に削減できます。


●高機能OCRによる透明テキストPDFの作成
 すでに2300システム以上の販売実績を持つマルチPDF変換サーバHGPscanServPlusシリーズと
 同じ高精度OCR エンジンを搭載し、検索可能な透明テキスト付PDFとして保存できます。


●ハイパーギア独自の配布制限付きPDF
 PDF標準のパスワード設定や印刷制限はもちろん、設定された期間しか閲覧ができない有効期限設定
 や、決められたWEBサイトや共有フォルダでしか開けないダウンロード禁止機能つきのPDFを生成でき、
 ファイルの持出禁止が実現できます。


●QRコード認識で、文書の自動仕分け
 QRコードラベルなどを原稿に付与するだけで、スキャン時にQRコードを読み取り、スキャン文書の
 フォルダへの仕分け、ファイル名のリネームなどを自動化できます。ファイルサーバだけでシステム化が
 でき、またFAXによる受発注業務のペーパレス化にも利用できます。
 
 

◆動作環境
<コントローラ>
 1システムに最低1セットのコントローラが必要です。  
 パソコンは以下のスペックのものを別途ご用意ください。
 1コントローラで最大5台のデジタル複合機を制御できます。
 
 CPU:Intel x86 (Pentium以降、またはその互換CPU) 2GHz以上
 RAM:1GB以上 (2GB以上推奨)
 HDD:1GB以上 (2GB以上推奨)、ワークエリアとして1GB以上推奨
 O/S: Windows Server2003/2008
  ・本コントローラは、Apache 2.2, PHP5.2, JRE6.0を使用します


◆価格
 HGPscanMFP for SharpOSA オープン価格 
 1コントローラライセンス、2MFPライセンス、
 1 QRコード生成ツールライセンスを含む


◆発売開始時期
 2009年 8月予定
 


★日刊工業新聞記事
 http://www.hypergear.com/mt/main/archives/2009/08/hgpscanpro_for_8.html
  
 

「HGPscanMFP for SharpOSA」への期待
(シャープドキュメントシステム株式会社 代表取締役社長:木梨 洋)

シャープ複合機のオープンプラットフォーム化を実現したSharp OSAは、
外部システムや幅広いアプリケーションソフトウエアとの連携で、お客様の
ニーズにあったオフィスソリューションを提供するためのプラットフォームです。
今回、ハイパーギア社のソフトウェアは複合機の表示パネルの操作だけで、
スキャン画像のプレビューができるだけでなく、OCR変換やサーバー上の
オフィスソフトの印刷まで可能にする、まさにオープンプラットフォームとしての
ソリューションの代表的な例です。
標準パッケージとして実現されたハイパーギア社のソフトウェアの活用を通じて、
より多くのお客様に簡単、手軽に業務改善のお役に立てていただけるものと
確信しております。この新しいOSA連携ソフトウエアが、様々な企業の業務
効率化に役立てていただけることを期待致します。
 
 

<製品仕様のお問合せ先>
・株式会社 ハイパーギア 営業部
  住所: 〒162-0846 東京都新宿区市谷左内町21番地 市谷山上ビル 2F
  TEL : 03-5225-7531 / FAX : 03-5225-6512
  Mail:info@hypergear.com URL:http://www.hypergear.com
 

<製品の販売に関するお問い合わせ先>
・シャープドキュメントシステム株式会社 ソリューションサポートセンター
  住所:〒162-8408 東京都新宿区市谷八幡町8番地
  TEL :03-3260-9538 / FAX:03-3260-9413
 

<報道関係のお問い合わせ先>
株式会社ハイパーギア
担当:マーケティング 金(キム)
TEL : 048-654-2141
Mail: kr.kim@hypergear.com  


前のトピックスへ   ホームに戻る   次のトピックスへ
お問い合わせ・資料請求はこちら