DRM暗号化システムの体験版をホームページで公開

NewsRelease
                                    2008年11月18日

報道関係者各位
                                株式会社ハイパーギア
                              株式会社ハイパーセキュア

             ハイパーギア/ハイパーセキュア
      DRM暗号化システムの体験版をホームページで公開

ソフトウェア開発の株式会社ハイパーギア(埼玉県さいたま市 代表取締役社長:
本田克己)は、子会社の株式会社ハイパーセキュア(東京都新宿区 代表取締役
太田雅之)と共同で開発したワードやエクセルなどのオフィスファイルをそのまま
DRM暗号化するシステム「HG/PscanSECURE」の体験版を自社のホームページで
公開しました。


通常、DRM暗号化システムでは、管理サーバが必要であり、利用するには、ネット
ワーク接続の制限により、サーバシステムのインストールをしない、ホーム
ページ上での公開が困難でした。

ハイパーギア/ハイパーセキュアでは、自社のDRM暗号化製品「HG/PscanSECURE」の
より高度なセキュリティ機能を持ち、利便性の高い機能を、多くの方に体験、
理解していただくため、クライアントプログラムのインストールのみで、
簡単にDRM暗号化の特徴、利便性を体験できるサービスを、自社のホームページで
公開しました。

<DRM暗号化とは(Digital Right Management)>
 通常のファイル暗号化とは異なり、ファイルを利用するときは復号化(平文化)
 されず、常時暗号化したまま利用が可能です。
 暗号化したままファイルを、Word、Excel、PowerPointなどで直接開いて、編集
 したり印刷したり、保存したりすることができます。

<DRM技術による利用制限が可能>
 DRM暗号化では、暗号化ファイルに利用制限の権限設定ができます。
 印刷禁止、編集保存禁止など、操作する機能を指定して、利用を制限することが
 できます。
 また、画面コピーをとる操作、PrintScreenキー禁止や、画面キャプチャ
 プログラム実行時にファイルを非表示にして画面コピーができません。
  
<公開体験ページURL>
http://www.hypersecure.jp/drm/index.html

<DRM暗号化製品 HG/PscanSECURE紹介ページ>
http://www.hypergear.com/pdf/pscansecure.html

<DRM暗号化の紹介ページ>http://www.hypergear.com/products/def.html

<お問合せ>
・株式会社 ハイパーギア 営業部 担当:武田・冨田
  住所: 〒162-0846 東京都新宿区市谷左内町21番地 市谷山上ビル 2F
  TEL : 03-5225-7531 / FAX : 03-5225-6512
  Mail:info@hypergear.com URL:http://www.hypergear.com

前のトピックスへ   ホームに戻る   次のトピックスへ
お問い合わせ・資料請求はこちら