プラネットファーマソリューションズと製薬業界向け電子文書で提携

NewsRelease
                                                 2008年6月25日
報道関係者各位
                                             株式会社ハイパーギア
                                 プラネットファーマソリューションズ株式会社


                ハイパーギア、プラネットファーマソリューションズと
                   製薬業界の電子文書ソリューションで提携

 電子文書ソフトウェア開発の株式会社ハイパーギア(埼玉県さいたま市 資本金8350万円
代表取締役社長:本田克己)は、製薬電子文書コンサルティングのプラネットファーマソリューションズ
株式会社(東京都豊島区 資本金100万円 代表取締役:深澤秀通)と製薬業界の電子文書作成、
運用支援の分野で提携し、協同で製品開発、ソリューション、コンサルティング提供を行うことに
合意しました。その第一弾として、7月2日より東京ビックサイトで開かれる、「インターフェックス
ジャパン 医薬品研究開発・製造技術展」に共同出展し、新製品を展示します。

 薬事申請など、製薬業界の電子文書ニーズは薬の安全性確保に伴って急速に巨大化し、ひとつの
医薬品が発売されるまでには、大量の正確な電子文書の作成が必要とされます。
また、医薬品が発売された後も、医薬品の製造には厳格な管理が必要であり、常に最新の電子文書の
利用が必要になります。多くのデジタル複合機ベンダーを通じて、オフィスの文書の電子化ソフト・
セキュリティソフトを提供してきたハイパーギアと、薬事申請時の電子文書作成のコンサルティング
およびシステム開発会社として、多くの製薬会社の文書作成システムの開発および文書作成支援を
行ってきたプラネットファーマソリューションズが提携することにより、この製薬業界での電子文書作成、
運用管理に新しいソリューションを提供します。

 従来から、文書管理システムや、ECM(Enterprise Contents Management)など、電子文書作成には
多くのシステムが使われてきましたが、利用者が最新版の文書を利用している保証などの真正性の
担保などはなかなか確保できませんでした。そこで今回の提携ではハイパーギアの電子文書、
セキュリティ技術を使って最新文書を利用している統制を、eCTD(*1)など製薬業界の基準にあった
システムとしてプラネットファーマソリューションズのノウハウ、技術で適合させ、ソリューションを開発
します。


●展示会
「第21回 インターフェックス ジャパン」
~医薬品/化粧品/洗剤)研究開発・製造技術国際展~
 (製薬ITソリューションEXPO(PharmaIT2008)~部門)

詳しくはこちらをご覧ください

*1 eCTDとは、薬事申請における申請文書の電子化規約のことです。

<お問合せ>
・株式会社 ハイパーギア 営業部 担当:永易
  住所: 〒162-0846 東京都新宿区市谷左内町21番地 市谷山上ビル 2F
  TEL:03-5225-7531 / FAX : 03-5225-6512
  Mail:info@hypergear.com URL:http://www.hypergear.com
<報道関係のお問い合わせ先>
  担当:マーケティング 金(キム)
  TEL: 048-654-2141   
  Mail: kr.kim@hypergear.com
・プラネットファーマソリューションズ株式会社
  住所: 〒170-0004 東京都豊島区北大塚1-17-6-302
  TEL: 03-6909-6200 / FAX : 03-6909-6199
  Mail: info@pp-solutions.jp URL :http://www.pp-solutions.jp

前のトピックスへ   ホームに戻る   次のトピックスへ
お問い合わせ・資料請求はこちら