キヤノンデジタル複合機でQRコード認識、不正使用防止PDFを生成

NewsRelease
                                     2006年12月21日
                                 株式会社ハイパーギア


   キヤノン製デジタル複合機でスキャンするだけで、
   QRコード認識で自動仕分け、不正使用防止PDFを生成


 ソフトウェア開発の株式会社ハイパーギア(埼玉県さいたま市 代表取締役
社長:本田克己)は、キヤノン株式会社製MEAP対応デジタル複合機上で動作し、
紙原稿をスキャンするだけで、PDF化し、かつ原稿中のQRコードの認識により、
ファイル名を自動設定や、フォルダーに自動仕分けができる
「HG/PscanQRcode」を発売します。またOCR認識による検索テキスト付きPDF、
暗号化PDF、指定期間のみの閲覧を許可する有効期限設定PDF、指定したウェブ
サーバ以外からダウンロードした場合には閲覧を禁止するダウンロード禁止
PDFなど、多くのPDF変換機能をもっています。真正性を保証する、電子署名、
タイムスタンプなどを付与できるバージョンも用意しています。

<QRコードによる自動仕分けとは>
 オフィスへのデジタル複合機の普及により、紙文書の電子化が進んできました。
しかし、実際に手間がかかるのは、スキャン後のファイル名付けや、フォルダー
への仕分けでした。これらの作業をあらかじめ、QRコード化したファイル名や、
仕分け先フォルダー名をラベルなどで貼り付け、紙原稿をスキャンするだけで、
自動仕分けします。QRコードは通常の1次元バーコードにくらべ、非常に
誤認識も少なく、最大日本語で1800文字程度まで使えます。

<不正防止PDFとは>

 電子ドキュメントのセキュリティが重要視されるなか、通常のPDFの暗号化
だけでは実現できない、不正利用防止PDFが望まれています。例えばPDFなど
電子文書は一度配布すると、取り戻すことができません。これらを制限するには、
従来は特殊な仕組みの高価なサーバシステムなどが必要でした。ハイパーギア
ではこれらの制限機能をPDFの文書ファイル自体に埋め込むことにより、
一度、PDFファイルとして作成してしまえば、通常のファイルサーバ、ウェブ
サーバだけでプラグインソフトなども使わずに不正防止の可能なPDFファイル
の作成を可能にしました。

<HG/PscanQRcodeの特長>
1.キヤノン製デジタル複合機上のMEAP組込Java環境で動作
 コピー機のパネル操作だけでスキャン文書のQRコードによる自動仕分けや
不正防止PDF作成機能、PDF暗号化機能などを利用することができます。

2.QRコードの認識機能
 QRコード認識機能により、QRコード付き原稿をスキャンするだけ、あるいは
ファックスとして受信するだけで、ファイル名やフォルダー名を自動的に
設定し、自動振分けができます。また、QRコードに文書名、キーワード、
作成者などの文書属性データを入れることにより、文書管理システムへの
自動登録も可能です。

3.有効期限付きPDFの作成
指定した期間のみ閲覧を許可したPDFが作成できます。

4.ダウンロード禁止PDFの作成
 指定したファイルサーバ、ウェブサーバから表示したときのみ、閲覧を許可
するPDFを作成できます。ダウンロードをすればファイルとしてはコピーを
とれますが、指定されたURLやフォルダーにない場合には閲覧できません。
したがって自社のサーバのURLを指定することにより、不要になった場合は、
自社サーバのファイルを削除するだけで公開を停止し、不正利用を
防止できます。

● 動作環境
   キヤノン製デジタル複合機
      Color imageRUNNER iRC5180/4580/3880シリーズ
      imageRUNNER iRC6870/5570シリーズ
      imageRUNNER iRC3170/2570シリーズ
      imageRUNNER iR4570/3570/2870/2270シリーズ
   
   PC側サーバ
   CPU:Pentium4 2GHz 以上推奨
   RAM:512MB 以上推奨  USB ポート:1ポート占有します
   O/S:Windows 2000/XP/Server2003
    
● 価格 
   基本パッケージ 207,900円(税抜198,000円)
   上記価格には初年度のサポート費用も含まれます。
   QRコード生成ツールも付属します。
    
   追加Jar (デジタル複合機1台追加ごとに必要)
     63,000円(税抜き 60,000円)

   タイムスタンプ、電子署名、アプリPDF変換機能追加アップデート
     364,350円(税抜き 347,000円 HG/PscanServPlus 相当)

● 出荷開始時期
   2007年1月上旬

● 販売目標
   初年度  200本

● 参考
 MEAPとはMultifunctional Embedded Application Platformの略で、ネットワーク複合機に
搭載するアプリケーション・プラットフォームです

● カタログ
 カタログをご希望の方は、お手数ですが下記メールアドレスまでご連絡下さい。

<お問合せ>
・株式会社 ハイパーギア 担当:武田・水上
  住所: 〒330-0851 埼玉県さいたま市大宮区櫛引町1-72-2
  TEL: 048-654-2141 FAX:048-654-2142
  Mail:info@hypergear.com
  URL:http://www.hypergear.com

前のトピックスへ   ホームに戻る   次のトピックスへ
お問い合わせ・資料請求はこちら