HG/PscanPro for ApeosWare Flow Service4.0発表!

NewsRelease                       2006年3月20日
報道関係者各位
                         株式会社ハイパーギア

    QRコードにより、デジタル複合機でスキャンするだけで、
  ファイル名の自動登録やFAXの自動仕分けをおこなうソフトウエア

 ソフトウェア開発の株式会社ハイパーギア(埼玉県さいたま市 代表取締役
社長:本田克己)は、QRコードを用いて、富士ゼロックス株式会社製ドキュ
メント処理・配信ソフトウエア「ApeosWare Flow Service」のプラグインとし
て動作し、デジタル複合機でQRコードが貼り付けられた紙原稿をスキャンす
るだけで、認識したQRコード情報からファイル名の自動登録をしたり、QRコ
ード付きの原稿をFAX受信するだけで、フォルダーの自動仕分け、文書管理シ
ステムへの自動登録を可能にするPDF変換ソフトウエア「HG/PscanPro for
ApeosWare FlowService 4.0」を発売いたします。

<デジタル複合機のリネーム、登録問題を解決>
 デジタル複合機の普及により、オフィスのコピー機でスキャンするだけで、
簡単に高速に紙文書の電子化ができるようになりました。しかしデジタル複合
機ではスキャンしてPDFなどへは高速で変換できますが、ファイル名は
0001.pdfのような連番か、20060320.pdfのような日付あるいは時刻でしかつ
かないので、電子化された後で意味あるファイル名へのリネーム作業、文書登
録などの作業のほうが、はるかに時間がかかり、間違いも多い、電子化の大き
な課題でした。本ソフトウエアでは、QRコード化されたファイル名や文書タイ
トルなどの重要な情報を認識により正確に復元し、ファイル名の自動設定や、
自動仕分け、文書管理システムなどへの自動登録が行えるようにします。

<ペーパーレスFAXの自動振分け>
 受信したFAXを紙に印刷せず、電子文書として利用する、デジタル複合機の
ペーパーレスFAXは業務合理化に有効ですが、FAXの振分けは発信元電話番号
でおこなうなどの方法しかなく、多くの場合は人手で振分けしていました。
本ソフトウエアにより、同じ電話番号からの受信FAXでも、あらかじめQRコー
ドをはっておくことで、必要な部署、フォルダーへ自動振分けできます。

<QRコードにより、高精度化、大容量化を実現>
 従来、このような文書自動登録は1次元バーコードや、マークシートなどの
専用登録シートによっておこなわれていました。これらにくらべ、QRコード
は漢字でも1800字程度入れられるため、日本語のファイル名をはじめ、重要
な属性データを多く入れておくことができます。また、誤り訂正機能をもつた
め、汚れや傾きなどがあっても、認識でき、コードの印刷面積も小さいため、
既存の書類の空きスペースに貼付ることができ、専用シートが不要です。


詳しいプレスリリースはこちら (PDF 142KB)

PDFカタログはこちら (PDF 417KB)


● 動作環境
   CPU:Pentium4 2GHz 以上推奨
   RAM:512MB 以上推奨  USB ポート:1ポート占有します
   O/S:Windows 2000/XP/Server2003
   富士ゼロックス社製「ApeosWare Flow Service」が動作していること
    
● 価格          260,400 円(税抜248,000 円)
    上記価格には初年度のサポート費用も含まれます。
    
● 関連ソフトウエア
本ソフトウエアと同じQRコード機能をもち、富士ゼロックス製以外の
デジタル複合機からも利用可能で、電子署名、タイムスタンプ機能など
をもつ、HG/PscanServPlus4.0も2006年3月13日より発売しています。

<お問合せ>
・株式会社 ハイパーギア 担当:武田・本田
  住所: 〒330-0851 埼玉県さいたま市大宮区櫛引町1-72-2
  TEL: 048-654-2141 FAX:048-654-2142
  Mail:info@hypergear.com
  URL:http://www.hypergear.com

前のトピックスへ   ホームに戻る   次のトピックスへ
お問い合わせ・資料請求はこちら