ハイパーギア ECOM 長期署名保存フォーマット相互運用実証試験で適合

電子文書の真正性が重要になるなか、日本版SOX法などでは、
通常の電子署名、タイムスタンプの有効期限を越える保存を
する場合のいわゆる「長期署名保存」あるいは「署名延長」
と呼ばれる技術が非常に重要になってきます。
ハイパーギアでは本年はじめより、「ハイパー電子金庫」の
名称で、この署名延長を標準技術であるRFC3126に準じた形で
開発、提供してきました。この度、その技術を発展させるため、
ECOM(次世代電子商取引推進協議会)の相互運用実証試験に参加し、
他の9社とともに合格の判定を得ました。
http://www.ecom.jp/report/report.html
本技術は「ハイパー電子金庫」だけでなく、2006年2月に
バージョンアップを予定しているHG/PscanServProに
標準装備する予定です。
このことにより、電子文書の長期の真正性を当社の
ソフトウエア上で安心して実現できるようになります。
詳しくは、2006年はじめに予定している当社セミナーで
発表いたします。

前のトピックスへ   ホームに戻る   次のトピックスへ
お問い合わせ・資料請求はこちら