JavaとPDFによる情報公開システム「HG/DDS」を開発、納入

2002年3月1日


東洋オフィスメーション株式会社(販売元)
株式会社ハイパーギア(開発元)


JavaとPDFによる情報公開システムを開発、納入


 OCR&イメージング・ソリューション大手の東洋オフィスメーション(東京都港区、代表取締役:松井瞭博、証券コード:9970)とPDFによる電子文書ソリューションを開発するベンチャー企業、株式会社ハイパーギア(埼玉県蓮田市、代表取締役:本田克己)は、共同で銀行向けの情報公開システム「ダイナミック・ドキュメント・サーバ(DDS)」を開発し、大手信託銀行に納入したと発表しました。

 証券代行機関では、今後の株主総会の電子化、実施など商法の改正に伴い、従来はマイクロフィルムあるいはTIFFなどの専用画像フォーマットで蓄積してきた大量の議決権行使書イメージなど、電子化された文書の閲覧や公開業務用システムの開発が急務となっています。
電子文書の形式としてインターネットを中心に世界中でデファクト・スタンダードになりつつある、米国アドビシステムズ社が開発したPDF (Portable Document Format)は、電子文書の共通文書形式として各種資料の公開に利用されており、TIFFなどのイメージ情報の表示にも有効です。
しかしながら、PDFへの変換処理に時間がかかるため、事前に全ての文書をPDFに変換して管理する必要がありました。このため、共通文書形式として利用するためには、変換処理時間がかかるだけでなく、元の画像データとほぼ同量のストレージ容量が必要となり、システム全体がコスト高になるなどの課題がありました。

 ハイパーギアでは、4年前より独自にPDF変換に関するソフトウエア・コンポーネントを開発しており、この技術、ノウハウを有効活用して、100% JavaBean , JavaServlet による動的PDF変換モジュールを開発しました。このモジュールは、通常の文書画像を1ページあたり10から50ミリ秒という高速でウエブサーバ上で直接変換してPDFに出力できるため、あらかじめTIFF画像データをPDFに変換しておかなくても、要求時にリアルタイムでPDF変換できます。このため、PDFのためのストレージが不要となり、大幅にコストダウンが図れます。また、PDFは暗号化も可能なため、将来は文書を暗号化して公開するなど、高いセキュリティ機能の提供も可能となります。(暗号化機能は開発中)

 東洋オフィスメーションは、既に多くの証券代行機関において名義書換株券処理や配当金領収証の集計処理、そして株主総会前の主要業務である議決権行使書集計システムの提供などの大量高速イメージ処理の実績を有しており、株主総会の電子化のための基盤システム構築用ツールとして、ハイパーギア社のPDF技術に着目し、共同で証券代行機関を核とした金融機関向け情報公開システムを開発しました。

 今後、金融機関向けのシステム販売は東洋オフィスメーションが行う計画です。また、東洋オフィスメーションでは、得意とする地方公共団体のイメージング市場にも本システムを投入し、地方公共団体のイメージによる情報公開システムなど、幅広い分野での提携を計画しています。

                                                           以上

●本システムの特長
  1.電子文書のデファクトスタンダートPDFを使用クライアントソフトは、
    無償配布されているPDFビューワで可能
  2.業界標準である JavaBean , JavaServletの部品として提供CPU,OSを問わず、
    スケーラブルな運用が可能
  3.高速変換により、リアルタイム変換が可能

●今回発表したシステム
  DDS (DynamicDocumentServer) PDF変換Bean , JavaServlet

  <<動作環境>>
  Java2, Servlet2.2が動作する環境であれば、プロセッサ、OSを問いません。
  動作確認ずみの環境としては
  Windows NT4.0 / 2000 tomcat3.2.1
  Linux6.X tomcat3.2.1
  IBM RS6000 / WebSphere など

  <<価 格>>    オープン価格
  <<発売時期>>  2002年3月1日
  <<販売目標>>  年間100セット

●開発、販売体制
  本システムは、金融機関の情報化、合理化に大きなノウハウをもつ東洋オフィスメーションと
  PDF,JavaなどのIT技術をもつハイパーギアの両社の提携で、金融機関および地方自治体
  向けの販売は主として、東洋オフィスメーションが担当します。

●発表セミナなど
  本システムの詳細は、3月13日にハイパーギア主催でおこなわれる
  「PDFによる紙文書電子化セミナー」で発表する予定です。

  詳しくはhttp://www.hypergear.com またはhttp://www.doc-express.com で、
  申込み用紙をダウンロードの上、FAXでお申し込みください

・Adobe,Acrobat,Reader,AdobePDFは、Adobe System Incorporated(アドビシステム社)の商標です。
・Microsoft,Windowsは、米国Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標又は商標です。


  <<お問合せ先>>
  東洋オフィスメーション株式会社  担当:梅原(ソリューション事業本部事業推進部)
  TEL:03-3454-0811 FAX:03-3454-7764 URL:http://www.tom-inc.co.jp
  株式会社ハイパーギア  担当:北村、原田
  TEL:048-769-7241 FAX:048-769-7996 URL:http://www.hypergear.com


PDFはこちら

前のトピックスへ   ホームに戻る   次のトピックスへ
お問い合わせ・資料請求はこちら