電子文書のハイパーギア
製薬・医療向け製品 CASE1:電子化まで

電子文書のハイパーギア
プライバシー | サイトマップ
お問い合せ
お問い合わせ・資料請求はこちら

業種別に製品を探す
製造 流通・サービス 建築・不動産 金融 製薬・医療 官公庁・文教 全企業

作業別に製品を探す
技術文書管理セキュリティ
図面管理
保険申込書
手術同意書・問診表
社内規定集

技術情報&用語集

HYPER SECURE

マイクロソフト認定パートナー
TOP>製薬・医療向け製品 CASE1:電子化まで

技術文書管理セキュリティ向け製品

電子化まで電子署名・タイムスタンプまで一括検証まで
電子化まで「HGPscanServPlus」                         CASE 1

電子化までフロー



<厚生労働省ガイドライン> ※医療情報システムの安全管理に関するガイドライン(平成21年3月:第4版)
ハイパーギアでは、厚生労働省のガイドラインに則った電子化を推奨しております。
⇒ http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/0000026088.html

こんなことが解決できます
  • QR、バーコードによる正確な電子化がしたい
  • スキャナから複合機まで、マルチベンダーの対応ができるようにしたい
  • Officeと連携した、QR付与ツールを提供してほしい

    <ご注意>
    ※診療記録等紙の保存は継続して行う必要があります。
    ※医療に関する業務等に差しさえない精度でスキャンする必要があります。
「HGPscanServPlus」の特徴・メリット
QRコード、バーコード認識ができる!
リネーム、フォルダ振り分け、CSV出力などができます。

自動処理ができる!
スキャンするだけで自動処理ができるようになります。

電子カルテ、文書管理連携ができる!
出力されたPDF、CSVを利用し、電子カルテに格納したり、各種文書管理システムの連携実績があります。

すぐに運用できる!
スキャンしたデータはフォルダに格納するだけ、導入教育は不要!シンプルなパッケージソフトウェアで電子化が即実現できます。

「HGPscanServPlus」のここがポイント!
クライアントライセンスフリー!



    WEBシステム利用者数が多数でも、クライアントライセンスはフリー
    高額な設備投資は不要です。

自動電子化可能!


    電子化の時、一番こまるリネームとフォルダ振り分けを、
    QRコード、バーコード、エリアOCRなどを使用し、自動電子化ができます。
この商品を導入された企業さまはこのように活用されています!
  • 同意書、紹介状の電子化として
  • カルテシステムへの同意書、紹介状などの取り込みとして
お客様が導入された商品はこちら
HGPscanServPlus
こんなことができます
  • 全文検索が可能なサーチャブルPDFの作成が可能
  • QRコード認識によるリネームやフォルダ振り分けが可能
  • 印刷禁止や編集禁止の暗号化とダウンロード禁止の配布制限セキュリティが可能

詳しく見る



▲topに戻る

メールでのお問い合せ