電子文書のハイパーギア

電子文書のハイパーギア

国税・医療要件における、タイムスタンプ一括検証「e-文書法対応一括検証ツール」

資料を取り寄せる  

e-文書法対応一括検証ツールが選ばれる6つの特徴

1実績
実績 国税関連書類、医療分野での同意書等紙カルテの電子化など、e-文書法での実績があります。


4画像検証も実施
画像検証も実施 画像データの階調や解像度、署名の順番など画像関係の検証ができます。

2e-文書法対応の機能網羅
e-文書法対応の機能網羅 タイムスタンプだけでなく、電子署名(PAdES)方式の検証も可能です。




5システムへの読み込み可能
システムへの読み込み可能 コマンド対応、システムに組み込むことが可能です。また、検証結果は、CSVデータとして出力できるため、会計システムや医療文書管理システムに組み込むことが簡単にできます。

3PAdES対応
PAdES対応 国際資格PAdES対応長期署名方式に対応しています。
アマノ3161方式にも対応しています。

6サーバーライセンス
サーバーライセンス サーバライセンスです。
利用者数、ドキュメントライブラリの数により費用増はありません。


資料を取り寄せる  
▲topに戻る

タイムスタンプ・電子署名だけでは不十分です

一括検証がないと、申請は不可
タイムスタンプの 検証に関しては、日付や管理番号で 対象書類の範囲を指定し、それらを 一括で検証できるような仕組みを用意しておくことが求められています。 一括検証がないと、申請は不可
タイムスタンプの 有無、スキャン仕様(解像度や階調) など、1件ごとの検証ではなく、 一括での検証を可能とすることが要件となります。
タイムスタンプも延長が必要
平成27年度税制改正により、平成29年4月1日以後に開始する欠損金額の生ずる事業年度においては、帳簿書類の保険期間が10年間に延長されています。 タイムスタンプも延長が必要
また、医療機関、知財関係においても10年以上の真正性が求められる場合があります。


資料を取り寄せる  
▲topに戻る

e-文書法対応 一括検証ツールの導入事例
製造業

 証憑電子化におけるe-文書法対応

要望・課題

  • 証憑(交通費請求、小口精算)を電子化し証憑を破棄したい
  • e-文書法申請を行いたい
  • 各証憑にタイムスタンプ、電子署名を付与して保管したい

e-文書法対応 一括検証ツールなら
  • 電子署名、タイムスタンプ、画像などの一括検証ができる
  • システムに組込みができる
  • 申請時必須の一括検証を低コストで実現できる
case



資料を取り寄せる  
▲topに戻る

e-文書法はすべての業種に適応されています

対象になるのは、取引先から受領した契約書や見積書、注文書、請求書といった財務・税務関係書類、
カルテや処方せんなどの医療関係書類、定款や株主総会・取締役会の議事録の会社関係書類など。


資料を取り寄せる  
▲topに戻る






まずはお気軽にお問合せください 資料請求
Copyright(C) HyperGEAR.Inc All Rights Reserved.
メールでのお問い合せ 資料請求