バージョンアップと障害対応パッチ情報です。各対応内容をご確認頂き、適用をお願い致します。

「HGDDS」2017/08/02

Ver3.0.8 インストールメディア
HGDDSをお使いのお客様に、更新ソフトウェアの提供を行います。
対象となる製品バージョン

HGDDS Ver1.0.0 以降
※保守ご契約のお客様

本バージョンアップ版に含まれる変更内容

<Ver3.0.8 機能追加/障害対応>

 1. .NET I/Fオプションを追加(オプション機能)
 2. セットアップ手順書を別冊化(マニュアル更新)

過去の機能追加/障害対応

<Ver3.0.7 機能追加/障害対応>

 1. WindowsServer2016対応

<Ver3.0.3 機能追加/障害対応>

 1. 有効期限の時分秒の単位まで指定する昨日を追加

<Ver3.0.0 機能追加/障害対応>

 1. テキスト透かし設定機能(オプション機能)を追加
   2. 透過イメージ付与機能(オプション機能)を追加
 3. ヘッダ・フッタ付与機能を追加
 4. Web表示用の最適化機能を追加
 5. 開くページ指定機能を追加
 6. PDFページ抽出機能(オプション機能)を追加
 7. PDFファイル結合機能(オプション機能)を追加
 8. カスタムプロパティ付与機能を追加
 9. PDFバージョン指定機能を追加

【注意・制限事項】

本バージョンアップは、HGDDS を対象としております。
カスタマイズ版で導入いただいたお客様の適用可否につきましては
お手数ですが、
別途弊社サポートまでご相談ください。

製品入手と適用方法
入手方法
メディアで送付 下記内容を弊社お問合わせ窓口までメールにてご連絡下さい。
  • 製品シリアル番号:1030,1031,1032,1034
  • 貴社名
  • 部署名
  • ご担当者名
  • ご住所
  • お電話番号

メールを送信する → メールを送信する

   
適用方法
※以下、アップデート手順です。
STEP
check-p-sインストールメディアファイルの確認
バージョンアップ用CD「Ver3.0.8」をご用意ください。
STEP

check-p-s稼働中のサービスまたはアプリケーションの停止

HGDDSを組み込んで使用しているサービスまたは、アプリケーションの停止を行ってください。

STEP
check-p-sご使用バージョンのモジュールのバックアップ

  現在、ご使用中のHGDDSのモジュールを全て
  任意のフォルダにコピーしてください。

STEP
check-p-sバージョンアップのモジュールの適用

  下記手順にて、モジュールのインストールを実施してください。

・Windowsの場合

1) JARファイルを、現在HGDDSのモジュールがロードされている場所(<JRE_HOME>/lib/ext, <TOMCAT_HOME>/lib等)に上書きコピーします。


2) CDの Exeフォルダ配下のexeファイルを下記フォルダに上書きコピーします。
OSが32bit版の場合 C:/Windows/System32
OSが64bit版の場合
JRE32bit版の場合 C:/Windows/SysWOW64
JRE64bit版の場合 C:/Windows/System32


3)CDの Dllsフォルダ配下のdllファイルを下記フォルダに上書きコピーします。
JREが32bit版の場合 C:/Windows/System32
JREが64bit版の場合 C:/Windows/SysWOW64

・LINUXの場合

1) JARファイルを、現在HGDDSのモジュールがロードされている場所(<JRE_HOME>¥lib/ext, <TOMCAT_HOME>/lib等)に上書きコピーします。

STEP
check-p-sバージョンアップ完了後のPC再起動
PCを再起動して下さい。
STEP
check-p-sバージョンアップ後の動作確認
バージョンアップ後、アプリケーションの動作確認を行って下さい。
動作確認で正常動作を確認できましたら、手順3.で取得したバックアップのモジュールを削除して下さい。

●本修正パッチに関する技術的なお問合せの窓口

株式会社ハイパーギア カスタマサポート担当
TEL : 048-654-2143 (平日 10:00~12:00、13:00~17:00 )
E-mail : support@hypergear.com

※ユーザ登録の内容(住所、担当者等)が変更になった場合、ユーザ登録の変更依頼をお願い致します。

> 修正内容一覧はこちらへ詳しくはこちらへ