障害対応情報です。各対応内容をご確認頂き、適用をお願い致します。

「HGPscanシリーズ」2016/05/13

Ver5.6.5 リリース以降、次期バージョンまでの修正モジュールダウンロード
HGPscanシリーズ製品をお使いのお客様に、シリーズ共通の修正モジュール提供を行います。
対象となる製品バージョン
HGPscanServ Pro HGPscanServ Plus HGPscanServ Plus システム連携 HGPscanCAD HGPscanCAD Pro HGPscanCAD システム連携
セキュアPDFサーバー for eValue NS HGPscanPro for AWFM HGPscanPro for AWFM BASIC
HGPscanPro HGPscanPro BASIC HGPscanPro for imagio HGPscanPro for imagio BASIC
HGPscanPro for UNIVERGE  

Ver5.6.5以降が対象です。他のバージョンへの適用はサポートまでお問い合わせください。

Ver5.6.5 以降、次期バージョンまでの更新内容
■本アップデートパッチに含まれる変更内容
  1. □文字列を取得できなかった場合、エラーとする のチェックONが、設定保存後に再度開くとOFFに戻っている問題を修正しました。
  2. MS-Officeの機能でPDFに変換する設定で、hgctrlファイルを使うと仮想プリンタによる変換が行われる問題を修正しました。
  3. QRによるファイル分割をした場合、packbits圧縮となってしまう問題を修正しました。
  4. 外部プラグインによるOffice並列処理中に、変換が始まらなくなる場合がある問題を修正しました。
  5. マルチタスク処理に割り当てるプロセッサの数が2以上の場合にエリア指定したOCR認識結果がCSVに出力できない問題を修正しました。
  6. 誤認識辞書に i→7 の登録を行うと、一部のPDFのOCR認識結果で ( が ? となる問題を修正しました。
  7. JPEG圧縮のグレースケール(8bitグレー)TIFFをQR分割してJPEG圧縮TIFF出力した場合に、24bitに代わってしまう問題を修正しました。
  8. 結合とPDF属性設定の設定を有効にした場合「ファイル結合する場合は、カスタムプロパティを設定できません」の警告が出て設定できない問題を修正しました。
  9. 一部のPDFを変換した際に、DebugErrorのダイアログが出て変換処理が進まなくなる問題を修正しました。
  10. 画面の解像度が1024×768の場合にAWFM属性連携が設定できない問題を修正しました。
製品入手と適用方法
入手方法
ダウンロード 以下よりファイルをダウンロードして下さい。ダウンロードkey 上記ファイルはパスワードで保護されています。

ご購入後1年未満、または保守契約ご加入頂いている方には解凍パスワードを発行しております。 下記ページより必要事項ご記入の上、お申し込み下さい。

y-2パスワード発行ページ

適用方法
Pscanシリーズのモジュールは同じものを使用しておりますので、修正モジュールはシリーズ共通で適用頂けます。 インストールフォルダは各製品ごとに異なりますし、インストール時に選択もできますのでご確認ください。
STEP 1 check-p-sダウンロードファイルの確認
ダウンロードしたファイルを解凍して下さい。
STEP 2 check-p-s稼働中の変換サービスおよびアプリケーションの停止
HGPscanの変換サービスまたは、画面起動によるアプリケーションが起動されている場合、サービスの停止または、アプリケーションの終了を行って下さい。
  1. 変換サービスが起動中の場合 ① [スタート]メニュー → [コントロールパネル] → [管理ツール] → [サービス]を   選択し、Windowsサービス画面を起動します。 ② サービスの一覧(名称)より、“HG/PscanServ Service”をマウスで   右ボタンクリックし、「停止」を選択して、サービスを停止します。 ※サービス停止後、Windowsサービス画面を終了して下さい。
  2. HGPscanのアプリケーション画面が起動されている場合 ① アプリケーションが”監視中”の場合、「監視停止」ボタンを押し監視を   停止して下さい。 ② 「アプリケーション」メニューより「終了」を選択し、アプリケーションを   終了します。
STEP 3 check-p-sバックアップ
インストールフォルダのバックアップ(デフォルト C:\Program files\PscanServ5)をお願いします。 または、適用するモジュールと同名のファイルをバックアップコピーして下さい。
STEP 4 check-p-s修正モジュール適用
STEP1で解凍したファイルをインストールフォルダに既存のファイルを上書きする形でコピーしてください。
STEP 5 check-p-sPC再起動
モジュール適用後、PCを再起動して下さい。
STEP 6 check-p-s動作確認
アプリケーションの動作確認を行って下さい。 正常動作を確認できましたら、STEP3 で取得したバックアップデータを削除して下さい。

●本修正パッチに関する技術的なお問合せの窓

株式会社ハイパーギア カスタマサポート担当
TEL : 048-654-2143 (平日 10:00~12:00、13:00~17:00 )
E-mail : support@hypergear.com

※ユーザ登録の内容(住所、担当者等)が変更になった場合、ユーザ登録の変更依頼をお願い致します。

> 修正内容一覧はこちらへ詳しくはこちらへ