電子文書のハイパーギア
電子署名とは?

電子文書のハイパーギア
プライバシー | サイトマップ
お問い合せ
お問い合わせ・資料請求はこちら

業種別に製品を探す
製造 流通・サービス 建築・不動産 金融 製薬・医療 官公庁・文教 全企業

作業別に製品を探す
技術文書管理セキュリティ
図面管理
保険申込書
手術同意書・問診表
社内規定集

技術情報&用語集

HYPER SECURE

マイクロソフト認定パートナー
TOP製品一覧>電子署名とは?

電子署名?
電子署名
※平成27年度要件緩和にて電子署名は不要となりましたが、契約書等における訴訟対策を必用とする場合は、電子化文書に電子署名を付与することを勧めます。

~【参考】法務省 電子署名法に基づく特定認証業務の認定について~
電子署名された電子文書は、「電子署名及び認証業務に関する法律」(通称:電子署 名法)によって、押印された文書やサインされた文書と同等に通用可能なものとされています。また、認証業務のうち一定の基準を満たすものは、国の認定を受けることができる制度が導入されています。


電磁的記録に付与する、電子的な徴証であり、紙文書における印やサイン(署名)に相当する役割をはたすものです。
主に本人下記人や、偽造・かいざんの防止のために用いられます。

<電子署名を付与する意味>
スキャナで読み取った画像が、紙の記載事項や色調と同等であることを確認する必要があります。e-文書法では、この確認した人、もしくは直接監督する人の署名を付与する必要があります。
会社の署名や社長の署名ではスキャナ作業を直接監督したとは言えません。
かならず、目視確認を行い、その者か、直接監督する人の署名を付与する必要があります。


デジタル文書では。。

デジタル文書では、誰が送ってきたかを見極めるのは極めて困難です。


デジタル文書では。。


電子署名により。。

電子署名を利用することにより、だれが送ってきたのか検証が可能です。
  • 「だれ」 が作成した文書で
  • 「改ざん」 されていないことを証明します


電子署名により。。


※ご注意※
当社システムにてカバーできるのは、e-文書法における、電子化要件の技術的部分となります。
e-文書法に対応するには、納税者様自身が電子帳簿保存法、施行規則、取扱い通達、各省庁のQ&Aを正しく理解する事が必要となります。
さらに、システム関係書類の備付、事務処理規定の備付も必要です。
当社では、システム要件だけでなく、e-文書法検討のプレワーキングの参画から、所轄税務署への申請に向けたアドバイス支援も実施しております。
システム導入に関しては、e-文書法アドバイス支援をお受けになることが必要です。

▲topに戻る

メールでのお問い合せ