電子文書のハイパーギア
会社案内:こんな価値をつくっています

電子文書のハイパーギア
採用情報 | プライバシー | サイトマップ
お問い合せ
 
お問い合わせ・資料請求はこちら

会社概要 業種別に製品を探す
製造 流通・サービス 建築・不動産 金融 製薬・医療 官公庁・文教 全企業

作業別に製品を探す
技術文書管理セキュリティ
図面管理
保険申込書
社内規定集

技術情報&用語集

HYPER SECURE

TOP会社概要:会社案内>こんな価値をつくっています

会社案内

こんな価値をつくっています。 新しい“技術”だけではなく、 新しい価値をつくります

透明テキスト付PDF
1

スキャナや複合機からの電子化では定番技術。 大量の紙文書から検索できるPDFです。 高精度の日本語OCRをバッチで実行し、表示は画像で、検索はOCRによるテキストで、一つのファイルで実現します。 日本語PDFでは、ハイパーギアが最初に実現しました。

高圧縮カラーPDF
2

複合機の普及で高速のカラースキャンがとても容易になりました。 でも、文字が読める解像度でスキャンすると、1ページ2〜3メガバイトに。 これを文字と画像に分離し、最適の方法で圧縮することで、10分の1程度のサイズのPDFにしました。 メールでも送れます。 発表時は、複合機メーカーも見学に来られました。 [特許取得]
大量紙文書を
QRコードで

3

分類したい属性やファイル名などを携帯電話でおなじみのQRコードで印刷し、シールとして貼ることなどで大量の文書を自動的に分類したり、リネームすることができます。 普通の1次元バーコードに比べ、1千字以上の情報を入れられ、ページのどこにでも配置ができ、誤認識も検出できるなど、多くの利点があります。
開発不要の
WEB情報漏えい対策

4

今利用中のパッケージや自社開発の文書管理セキュリティが充分でない。しかし開発する予算はない。
そんな時に、IISやApacheなどのWebサーバーに設定するだけで、PDF持出禁止や画面の印刷禁止ができる、ファイルプロテクト/画面プロテクトシリーズがあります。

DRAM暗号化
5

企業の一番のリスクはミスによる情報漏えいです。 機密文書や顧客リストを社外に送ってしまった! しかし、全ての文書にパスワードをつける訳にはいきません。 DRM暗号化により、PDFに変換しなくてもワードやエクセルファイルのままで、社外では一切読めない、社内ではいつものワードで、パスワード入力も不要で使えます。
※DRM暗号化とは? (Digital  Right  Management)ファイル、データ、デバイスの操作、機能の制限や暗号化も併用。 ファイルやユーザ単位でファイル、データ、デバイスの操作制限を行うことによる情報管理統制が目的。

ダウンロード禁止
PDF

6

電子化の最大のデメリットは、繰り返しコピーでき、情報漏えいしたら二度と取り戻すことができないことです。 PDFに埋め込むJavaScriptで、指定サーバからダウンロードやコピーをしたら開けなくなるPDFを作りました。 認証サーバも不要なので、いまや文書管理や技術情報システムのセキュリティ強化の定番になりました。
WEBシステムを
簡単暗号化

7

イントラネットなど、社内システムでもWEBベースのものが広く使われるようになると、課題はセキュリティです。 ブラウザでは何でも印刷でき、コピー&ペーストができてしまいます。 画面キャプチャの防止、印刷禁止を専用サーバを使わずにタグで簡単に実現するのが、ハイパーセキュアで開発したHGSEALED for Webです。



困っていることを教えてください。
次はあなたのために新価値をつくります。



会社案内TOP
こんな課題がありますこんな答えをつくりましたこんな製品がありますこんな哲学をもっています 

 

▲topに戻る

メールでのお問い合せ